FC2ブログ

北海道のラリー情報交換サイト「Rally Do!」ブログ

北海道地区のラリーの情報を幅広くお伝えするブログです。

とかち2010のエントリーリストが出ました

とかち2010エントリーリスト

とかち2010のエントリーリストが発表されました。

エントリーリスト


まだシリーズチャンピオンが決まっていないチャンピオンCクラスでは、山田健一と田中曹一郎の2人による一騎打ちとなっている。ただ、田中は優勝するしか望みは残されていないが、山田の9位以下を期待するのは望みが薄いと思われる。しかしゴールするまでは何があるか分からない。
東北と北海道の交流戦には、秋田県からベテランの石川俊明と工藤芳文の2台が初参加し、長野県からは猿谷洋文が、滋賀県からはマクリン大地がねんいちの北海道に遠征してくる。石川のコ・ドライバーには、元ダイハツチームのドライバーだった小野寺清之が乗るようだ。
この他に、昨年は最終SSのリタイアまでトップを走っていた関根正人や、今年初参戦の中村有一らの強豪も顔を揃えているが、中村にとっては思い出の林道が今年の舞台となっている。ただ、昨年のチャンピオン萩中俊介も参加を表明していたがエントリーリストからは名前が消えている。

シリーズチャンピオンは石塚慶子に決まっているチャンピオンBクラスには、往年の全日本チャンピオンドライバーの鎌田 豊が石塚をコ・ドラに乗せて出場してくる。この鎌田に、尼子祥一と今シーズン3勝を飾っているジムカーナの松倉拓郎が挑むことになった。グラベル林道のラリーは初参戦の松倉のタイムが見ものだ。

心配されたチャンピオンAクラスも今年3回目のクラス成立にこぎつけ、谷岡一幸、岡村 巧、西浦 力の3人でチャンピオン争いが展開される。

こちらもまだチャンピオンが決まっていない2WD1.5クラスは、群馬県から遠征してくる二瓶 崇を含んで過去最高の7台が揃った。チャンピオン候補に残っているのは、佐々木博未と佐藤茂樹、竹下紀子の3人(ポイント順)で、もちろん全員が優勝を狙ってくるだろうが、2勝しているが2戦を欠場している竹下は佐々木と佐藤の成績いかんにかかってくる。
また、今大会からこのクラスに参戦してくる南 篤典のヴィッツは急ピッチで製作されているようだ。

能戸智徳にチャンピオンが決まっているジュニアCクラスは、開幕戦以来の優勝を手にするべく9台のエントリーを集めた。このクラスには長野県から伊豆野康平と高篠孝介の2台が遠征してきている。高篠は3年前まで北海道で走っていた選手で、2007年のこの大会にもチャンピオンBクラスで参戦しているので、使用する林道を知っている数少ない経験者だ。
さらに、過去の経歴を知っている人が少なくなってしまったが、北海道のチャンピオンにもなっている若生敏章も名前を連ねている。

ジュニアBクラスは、武田 豪がエントリーしていないため栗田大介が戦わずしてチャンピオンが決定した。そうなると栗田vs紙谷祐輔の決着の戦いとなるのだが、今回デビューとなる上田 寛と佐々木良太の2人の存在も侮れない。林道での走りやペースノート走行は未知数だが、千歳のダートラ場での走りはとても新人とは思えない走りを見せている。ちょっと期待したい2人だ。

昨年のSS1でいきなりのベストタイムで周囲を脅かせた釧路の鈴木昭江だったが、今年はリストに名前が無いオープンクラス。2台と台数は減ってしまったが神奈川県から中山 徹が遠征してくる。



スポンサーサイト

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/10/05(火) 02:38:31|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hokkaidorally.blog91.fc2.com/tb.php/77-a8e2b281
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)