北海道のラリー情報交換サイト「Rally Do!」ブログ

北海道地区のラリーの情報を幅広くお伝えするブログです。

おっちゃんのメディアレポート [2016 ラリー北海道編]

おっちゃんのメディアレポート

HR8A7271.jpg


[2016 ラリー北海道編]


「林道は大丈夫なの」
そう聞かれることが多かった今年のラリー北海道。8月に襲った台風で十勝も甚大な被害が出ていたからなんだけど、オイラはオフシャルじゃないから詳しい情報は知らされてないからね。『チェーンソーで倒木を切りながらコースに行ってきた』ぐらいしか聞かされていなかったもの(笑。

IMG_4715.jpg
日勝峠はいつ開通するか分からないぐらい壊滅しているし、

IMG_4903.jpg
JRも鉄橋が流されてしまって根室本線が一部不通になっているし、ニュースを観てると心配になってしまうよね。写真は新得駅のすぐそばの現状で、凄いことになっていたよ。

IMG_4927.jpg
清水町の惨事。声も出なかったわ。
一日も早く復旧ができることを願っています。

IMG_4936.jpg
新得や清水を巡ったときに寄ったそば屋さん。この日の2日前まで断水で営業できなかったらしいよ。

災害の調査(?)だけじゃなくて、ちゃんとコースの確認もしていたよ。

IMG_4752.jpg
コースから眺めれる景色。水害があった足寄町に近い林道からだけど、被害があったなんて思えない景色だよね。

IMG_4755.jpg
これもコースから。

IMG_4770.jpg
コースサイドには牛くんも。

IMG_4731.jpg
林道にもラリー北海道ののぼりが。

IMG_4784.jpg
リエゾンからちょっとだけ離れるけど、こんな光景も十勝らしいよね。

IMG_4726.jpg
上利別の駅舎が無い。ガックシ。


オイラのラリーウイークは9月20日から始まってたさ。

HR8A6332.jpg
今年は中札内で行っている合同テストにお邪魔するために、いつもより1日早く帯広入り。コバライネンも楽しそうに走っていたわ。

HR8A6662.jpg
注目する選手や気になるマシンがあったけど、オイラがやっぱり応援していたのは、この人とこのクルマでした。


IMG_4987.jpg
車検風景。

HR8A6856.jpg
シェイクダウンでの1枚。

IMG_5023.jpg
プレイベントメディアコンファレンス。

QL8Y2754.jpg
ラリーショーから。

QL8Y2802.jpg
スタート前に選手が揃ってパチリ。ラリーを開催できることへの感謝を、各市町村と関係者各位に表していました。ラリー北海道15年の歴史で初めてかな。

HR8A6934.jpg
セレモニアルスタートでは自衛隊の生演奏も。国歌斉唱も自衛隊の人だったね。

HR8A7013.jpg
セレモニアルスタート。


HR8A7139_20160929134401865.jpg
競技ではSS1しか撮れなかった炭山裕矢/保井隆宏組のヴィッツ。シャッタースピードを遅くしていたので、隣のストロボが影響して幽体離脱状態に。

HR8A7161.jpg
日曜日にご苦労さん会をしていた居酒屋で『居たの?』って笑顔で突っ込んでしまった香川秀樹/船木一祥組。本当にこの1枚しかないわ。

HR8A7173.jpg
そして1枚しか撮っていないのが、北海道の大先輩の田中伸幸/中田昌美組。お身体は大丈夫ですか?


本格的に競技が始まる土曜日は朝4時半に起床。6時には帯広駅前のホテルに泊まっている同乗者を迎えに行くのが朝一番のオイラのお仕事なんです。オイラは中心部から離れている宿で、今回は6泊で2万2100円とリーズナブルなところなんですわ。もう数年前から利用しているんだけど、毎回1から説明してくれます。まぁ、年1じゃ覚えてはくれないよね。でも、優しい友達がもっと安くいところを紹介してくれたので、次はそこにしてみようかな。朝食も付いてるし、ベッドも広いようだし、浴槽もでかいみたいだから。

向かったのはSS4のクンネイワ。帯広から120km弱のところ。撮影ポイントへ抜け道を使うからこれで済むけど、オンコースで行ってたら30kmはプラスかな。これだけラリー北海道の林道で撮影しているオイラでも、派手にジャンプする橋には行ったことが無かったんだわ。で、後悔した。難し過ぎ。スピードが速すぎて、オイラの腕じゃ追えないさ。

HR8A7280_20160929141602ba4.jpg
その時に撮った1枚が、JN6で3位に入賞した鎌田卓麻/市野 諮組。いいのを選んでるから見せれるけど、恥ずかしくて全部は無理だね。


クンネイワから移動して陸別サーキットへ。移動距離は20数kmかな。リクベツ ロング2のAPRCには間に合わないけど、全日本のトップバッターには余裕です。余裕だったって言ったほうがいいかな。ちょっと寄り道をしたから時間が無くなってしまったさ。30分もしないでAPRCの3回目が来るので、陸別で2回目の全車撮り。場所は観戦ポイントDと同じ定番のメディアポイントD。クルマを停めてここが1番歩かなくて済むんだ。しばらく来てないと思っていたんだけど、2年前のラリー北海道でもここで撮ってたわ。地区戦でも陸別サーキットで撮っているから、ごっちゃになってんだわ。

QL8Y2856.jpg
SS6&7と続く陸別サーキットをトップタイムで走った関根正人/小坂典嵩組だったが、クンネイワの2回目で停まってしまったよ。残念。

HR8A7515_2016092913465871e.jpg
SS7ではAPRCで2位になったファビアン クレイム/フランク クリスチャン組を、移動せずに同じ場所から。観戦ポイントCへ移るってことも考えていたんだけど、身体が拒否していたわ。ポイントCのことを、オイラ達(といっても二人だけどね)は『便所コーナー』って呼んでるさ。だって、背景のいいところに簡易トイレがあるいいだもん。

QL8Y2938.jpg
このポーズで待つのが憧れです。


土曜日3回目の撮影は、パウセカムイのメディアポイントへ。陸別の銀河の森コテージからは20kmほど。時間は1時間ぐらいあるし、楽勝です。ここはギャラリーの観戦ポイントにもなっているよ。

HR8A7730.jpg
スタート側へ少し行ったところで撮ったミニJCWクロスオーバーの宮本康二/奥村久継組。久々に会うコドラの奥村くんとお話しできると思っていたら、サービステントへ行っても会えずじまい。また今度ね。

HR8A7816.jpg
メディアポイントから撮影した、いつもお世話になっているメカニックさんがサービスを担当していた堀田 信/河西晴雄組。JN6で4番手にいたけどSS14でストップ。迎えに行くとき搬送車でメディアロードの砂利道を走ったらしいよ。

HR8A7989.jpg
上の写真を撮って振り向くとこのカットが。ギャラリーはまったくの反対側から狙っていたと思うよ。今年の開幕戦からデビューしてきたアルト&番場 彬。コドラは加勢直毅が務め、参戦して初めて3位での表彰台。これからだね。
HR8A7175.jpg
SS1ではこんなのも撮ってたわ。


パウセカムイで全車を撮って、北愛国のサービスパークへ。SS1でナイトステージを撮っているのに、またカメラを持って土手をテクテクと。今度は違うポイントから。

HR8A8029.jpg
APRCの6位、高橋冬彦/中村光雄組。いつものことながらアーレスティのサービスには北大自動車のメンバーが。役に立ってた?


日曜日は朝3時起床。朝という時間じゃないよね。4時45分にお迎えに伺って(?)SS13のニューホンベツ・ポイントBへ。移動は92kmほどだけど、グラベル林道を走る距離が長いので余裕を持ってます。ギリギリはオイラ好きじゃないからね。この日のサービスINは5時。ラリーは選手もサービス隊もオフシャルも、ギャラリーの皆さんも早起きです。あっ、もちろんメディアもです。

HR8A8151_201609291350197f4.jpg
ホンベツのルートが変更されてから、ここへ行くのは初めて。っていっても、変わったのは去年かな。ポイントに着くとジャンクションに大きな水たまりが。溜まっている水は茶色いけどウォータースプラッシュを撮っていないので、APRCの上位陣はここで。写真はAPRCで4位になった高山 仁/竹藪英樹組。やっぱり跳ね上がっているのは泥だわ。

HR8A8163_20160929135021058.jpg
撮影場所を変えて撮ったのが岩下英一/高橋明彦組。4年ぶりに十勝の地に戻って来て、APRCの5位はプライベーターの最上位。APRC.tvのダイジェスト映像にも映っていたわ。

QL8Y3280.jpg
ホンベツで別の立ち位置から。2013年から(その前を調べるのは勘弁して)リタイアと完走を繰り返している金藤公人/近藤喜弘組は、順番通りに今年は完走してAPRC・RC5クラスで1位。

QL8Y3310_201609291353117f5.jpg
更に、ちょっと場所をずらしてこのカット。SS2でコースオフした勝田範彦/石田裕一組をやっと撮ったどー。


ニュー ホンベツを後にしてオトフケ リバース2へ。移動は50kmほど。足寄湖の道の駅で小休止。っていう、同乗者ふたりが長めのトイレタイムです。時間は十分にあるので、ゆっくりと十勝の景色を観ながらクルマを走らせて(オイラはよそ見してないから)SS15の林道まで。ここもギャラリーの観戦ポイントです。

QL8Y3505.jpg
ギャラリーをバックに、APRC3位のマイケル ヤング/マルコム リード組を撮影。林の中だから、ちょっと暗めです。オイラは森の妖精です。分かる人は分かってください。決してクマではありませんから。

HR8A8367.jpg
場所を変えてJRCを待ってると、トップバッターの奴田原文雄/佐藤忠宜組が登場。レグ1を6.2秒差のトップで終了していた奴田原/佐藤組だったけど、デイ2でトップタイムを連発している新井敏弘/田中直哉組にSS14のニュー アショロ ロングで逆転されてしまった。ここに現れたときには2位に後退しちゃってたさ。それでも、シリーズポイントは勝田/石田組を逆転して首位に立ったぞ。

HR8A8469.jpg
奴田原/佐藤組を撮ったところで、振り向くとこのカットが。ヘイキ コバライネン/北川紗衣組がデイ2は復帰してきたんだけど、最終SSを残してリタイア届けにサイン。待っていたギャラリーは残念だったろうけど、これもラリーですから。
HR8A8076.jpg
デイ1の夜には移植作業が完了。これがラリーのサービスだね。


オトフケのステージを後にして、サービスパークまでは30kmと近い。オイラは昼飯を買っていたのに、『インデアンのカレーが食べたい』と駄々をこねる同乗者がいたので、インデアンのみなみの店でレストコントロール。レスコンっていっても最近の道産子選手は分からないか。

HR8A8619.jpg
北愛国に戻ってSammy SATSUNAIで撮ってたのは秘密だ(某選手がブログで使うフレーズのパクリです)。



HR8A8196.jpg
逆転でJN6を制した新井敏弘/田中直哉組。デイ2は速報を聞いていて(同乗者が読み上げてくれていたんだ)ドキドキしっぱなしだったわ。逃げる奴田原、追う新井。手に汗握る攻防っていうやつだったね。

HR8A9221.jpg
表彰式後の記者会見での1コマ。こんな表情で撮れてましたわ。何を見てたんだろう。可愛いお姉ちゃんの視線でも感じてたのかな。


HR8A7800_2016092913242299f.jpg

HR8A8793.jpg
総合でも4位、同じクラスの2位には3分44秒もの大差をつけてJN5クラスで優勝した柳澤宏至/中原祥雅組。『R2がR3より速いってどういうこと』と言ってた外人メカニックが居たそうだけど、プジョー208は速かったわ。

QL8Y2905.jpg
レース界では振り向けば服部というフレーズが過去にあったような気がするけど、いまのラリー界は『振り向けば大倉』という言葉がぴったりくる大倉 聡/豊田耕司組が2位。とにかく完走して来るよ。

HR8A8559.jpg
ハザードを点けて後続車に抜かれても走り続けた大橋逸夫/藤上 亘組。これもラリーです。終わってみると、クラス3位でフィニッシュしてたわ。


QL8Y3561.jpg
昨年はTC4でギアボックスがトラブってリタイアしている小倉雅俊は、コドラに平山真理を迎えて、ある意味最強コンビで出場。SS4のクンネイワで石川昌平/石川恭啓組を逆転して、その後はトップを奪われることなくリベンジを達成。全日本戦の優勝は2012年の愛媛以来とか。その時も小倉/平山組だったようだね。

HR8A7852_201609291357249e1.jpg
2年ほどラリー北海道には顔を出していなかった曽根崇仁/桝谷知彦組が2位。今回優勝しているとシリーズチャンピオンが決まったみたいだったんだけどね。次戦かな、決定は。

HR8A8511_201609291357257b6.jpg
2年前のラリー北海道はコースオフでリタイアしてしまった木村謙治が、コルトRを製作して復活してきた。コドラは北海道の尼子祥一を迎えて、クラス3位で完走しリベンジを果たした。

HR8A8928.jpg
JN4クラスの表彰式。(左から)2位の曽根崇仁/桝谷知彦。優勝した小倉雅俊/平山真理。3位の木村謙治/尼子祥一。


HR8A8056.jpg

HR8A8992.jpg
今シーズンは第6戦の群馬で2位になった他は、開幕戦から優勝を続けている天野智之/井上裕紀子組。再び優勝して今季6勝目をマークした。

HR8A7350.jpg
JN3クラスの2位は、南野 保/ポール サント組。

HR8A7927.jpg
マシンをRX-8にスイッチした中西昌人/豊田智孝組が3位。シリーズチャンピオンは天野/井上組に前戦で決定しているが、シリーズ2位の争いは中西/豊田組が一歩リードしたかな。


QL8Y3436.jpg

HR8A9027_20160929140125b7f.jpg
SS1からJN2クラスで単独となってしまった明治慎太郎/谷内壽隆組が、86を慎重に走らせてクラス優勝。あまりにも慎重すぎて『喝』が入ったとい噂も。これでシリーズポイントでトップに立ったね。


HR8A8001.jpg

HR8A9053.jpg
やっと、やっと、やっと、勝ったという感じの高篠孝介/廣嶋 真組は、もちろん全日本戦初優勝。『おめでとう』と言ってあげたかったけど、ポディウムでのポーズが駄々滑りだったからナシだわ。

QL8Y3100.jpg
1992年のハイランドマスターズ以来と思われる表彰台に立った坂 昭彦/中谷 篤組。全日本戦に復帰してやっと結果が出たよ。


HR8A8681_20160929140424d09.jpg
「イェ~!」



HR8A8111.jpg

HR8A9293.jpg
中国ラウンドはトップでゴールすることが出来なかったガウラブ ジルだったが、APRCでは優勝。ラリー北海道はコドラをステファン プレボで挑んで4連勝を飾った。今年のジルは強いね。

HR8A7702_2016092914042757f.jpg
新車のVABをデビューさせた高山自動車短期大学の星野 博/小林 剛組がAPRCの7位。

QL8Y3195_2016092914042995d.jpg
APRCのRC2クラスで8位フィニッシュしたサンジェイ タクル/竹下紀子組。このおじさんがオイラより年下だったとは。ショック。

HR8A9317.jpg
APRCのシャンパンファイト。


QL8Y3206.jpg
00カーのドライバーは北海道チャンプの山田さん。

HR8A8094.jpg
0カーのドライバーは群馬の大井さん。

HR8A8365.jpg
喋るスウィーパー。らしいです。

HR8A8248_2016092914071966c.jpg
喋らないスウィーパー。らしいです。

QL8Y3637.jpg
『来年も来れるといいな~』と思いながら、今年もラリー北海道は終わりました。


狩勝峠や南富良野の状況を把握しておきたくて、月曜日は富良野経由で札幌へ。

IMG_5038.jpg

IMG_5040.jpg
南富良野の少し手前ではこんな光景も。橋の欄干は無くなっているし、ビニールハウスも見るも無残な姿になってしまっている。涙が出てくる光景だったわ。

IMG_5053.jpg
ここは牧草地だったんだろうか、農地だったんだろうか、あたり一面に泥が堆積している。南富良野の市街地のすぐそばだよ。


IMG_5048.jpg
今回は鉄分補給は無しだったわ。しいていえば、これが鉄分と関係あるかな。


IMG_5060.jpg
旅の〆はソフトクリームで。あっ、これも誰かさんのパクリです。


スポンサーサイト
  1. 2016/09/29(木) 14:16:58|
  2. おっちゃんのメディアレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hokkaidorally.blog91.fc2.com/tb.php/565-41e80998
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad