FC2ブログ

北海道のラリー情報交換サイト「Rally Do!」ブログ

北海道地区のラリーの情報を幅広くお伝えするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おっちゃんのメディアレポート[2016 ARK RALLY TOYA編]

おっちゃんのメディアレポート

HR8A0701.jpg

[2016 ARK RALLY TOYA編]


HR8A0358.jpg

いやぁ~、凄い雨だったわ。
天気予報では傘マークだったから覚悟はしてたけど、それにしても降り過ぎ。土曜日の午後に行ったステージ『BARON』は真狩村に近いから、気象庁のデータを見てみると、ちょうど撮影していた14時20分から30分が特に酷く、写真のJN-4クラスのときは撮るのを止めたくなったもん。Gパンはベチャベチャだし、靴の中はグチュグチュだし、いくらM気質のオイラでも傘も差さずに雨の中で立ってるのは辛くて、優しい言葉でもかけられたら泣いちゃう状態だったよ。それでも選手権クラスは最後まで撮ってるんだから、やっぱり・・・、なのかな。

そして、この雨で心配だったのが、日曜日のステージだった川渡り。1枚目の写真を見ても分かるとおり、こんなに水かさがあったことはいままで無かったんじゃない。上位陣はこんな感じで水しぶきがあがっていたけど、

HR8A0797.jpg
最初に川の犠牲になったクルーの入水はこんな状態。
からの

HR8A0804.jpg
三停板を持って川の中を走るドライバーの姿。腿が上がっていていいフォームだわ。そこだけは褒めてやるよ、アゲ。

HR8A0909.jpg
水しぶきの中に、微かに黄色いボディが見えるけど、このクルマも川の犠牲に。道内選手のエボⅩです。

HR8A0941.jpg
ここがメディアポイントだったために、9人のメディアとオイラが。このままでは危険と判断して押すことにしたんだけど、クルマって重いね。ランサーは重いって知ってるけど、デミオがあんなに重いとは。上り坂だったとはいえ、軽い軽いと言われるデミオであれだったら、ランサーやインプレッサは押せないね。
あっ、今回は危険と判断したから押したんであって、いつでも押すわけじゃないからね。
(注:写真の中の29号車は押したクルマではないので)

HR8A0983.jpg
川の手前でストップさせられたアルトワークス。ゆっくり走って川に入ってもご覧のとおり。競技スピードでの入水が見たかったかも。


IMG_4483.jpg
金曜日のレッキはこんなにいい天気。羊蹄山も頂上付近には雲があるけど、くっきり見えてます。場所は初めて使うBARONの入り口で、ここまでは舗装路のリエゾン区間。早く来てれば競技車が並んでいるカットが撮れたんだろうね。

IMG_4489.jpg
今年は鉄分を補給する代わりに、アイスを補給。タイヘンオイシュウゴザイマシタ。
ということで、今回は鉄分は無し。というか、接待がありませんでした。確か、いつも接待をしている方々は、月曜日にカシオペアを撮りに行ってると思うけど。


金曜日はSS1のNEW VOLCANO1を撮影。コースのレイアウトが変わって『の』の字のような、0.7kmのギャラリーが見守るスーパースペシャルステージだわ。昨年と変わったので、初めて最初から最後までコース内で撮影したんだよね。ここだけリバーススタートだから最終走者のゼッケン1番までいたけど、ここでしか撮れなかったのが

HR8A9707.jpg
期待していた関根正人/小坂典嵩組のシトロエンDS3。残念ながらSS2で姿を消してしまったので、オイラもこのカットしかないんだわ。


土曜日から本格的に林道ステージでの勝負。この日の最終サービスのことを考えて、SS4のAZALEA1へ。メディアセーフティブックのコースカースケジュールを確認して朝8時に出発にしたんだけど、ラリーに来てこんなに遅いのは初めてかも。っていうか、オイラは5時に目が覚めて、朝から温泉に入ってたんだけどね。
まだこの時は雨は本格的に降ってはおらず、霧雨か降っても傘がいらない程度の小雨。新アメフラシの影響はまだないようです。
撮影の2本目はSS6のBARON2。SSのスタートへは前日の下見でカーナビに残った履歴で順調に行けたんだけど、早すぎたかな。天気も良くなかったし、街らしいとこも通らなかったからコンビニも無かったしね。まっ、遅れてコースに入れないよりは待ってる方がいいかなって思ってるんだけど、待ってる間に天気が・・・。旧妖怪アメフラシさんも居たけど、新アメフラシの威力が出てきました。雨は強くなってくるし、風も出てきたわ。久々に酷い天気になったぞ。待ってる間に傘を差していたら壊れるし、ポンチョを着てたからひざ上は大丈夫だったけど、ひざ下が・・・。靴は宿の部屋に帰るまで脱げなかったから最悪だったさ。次の日の朝になっても靴はグチュグチュのままだったしね。

Day2は朝6時出発でSEA TANGLEの川渡りへ。豊浦のコンビニで昼食を買ってコースに向かったら、道道と並行してる川が凄いことになっている。真っ茶色の激流だよ。前日にここらへんの林道を知り尽くしている人に『この雨でそうとう水かさが増えるよ』と言われたのを思い出して、慌ててHQに確認したら、予定通りだということ。川に着くとやはり増水していて流れが速いじゃないですか。言われた通りだ。デリカで越えるのも慎重になっちゃったわ。ということで、写真で紹介(一部だけど)した通りのハプニングが続出です。
2012年から毎年ここには顔を出しているけど、これほどトラブル車が出たことは無かったね。っていうか、クルマを押したことが無いわ。川を渡って数メートルで停まるんだもん。何台押したかな。おじさんには辛かったわ。と言いながらも、また行くんだろうね。


[JN-6]

HR8A0136.jpg
JN-6クラスで優勝した奴田原文雄/佐藤忠宜組。今季初優勝で、ラリー北海道以外の道内で開催された全日本戦では10年ぶりの優勝だったそうです。驚きだね。ラリホで優勝した印象が強いからか、他の大会でも勝っているイメージがあったんだけどね。おめでとう! Day1の最後のサービスでびしょ濡れのオイラに、ニコニコ顔で
「大変だね」
って声を掛けてきたヌタ。順調に進んでいたんだね。

HR8A0126.jpg
勝田範彦が石田裕一と組んでまる1年が経ったそうです。早いもんだね。その間、リタイアはゼロ。石田のマイクパフォーマンスで出てきた言葉は
「私は完走請負人です」
だそうで、今回も2位でゴールに導いた。今シーズンも5戦を戦って、いままでポディウムフィニッシュを逃していないのは素晴らしいよ。

HR8A1105.jpg
金曜日に
「そろそろトップ3を破らないとね」
と、卓麻と話していたんだけど、なかなか勝たせてはくれないね。
Day1で2番時計は出すものの、トップタイムには僅かに負けている。トータルで2番手にいたこともあったけど、本人も
「雨は嫌いです」
というように、土曜日は逆転されて3番手で終わってしまったからね。日曜日のオープニングステージでトップタイムを出したものの、上のふたりを引きずり落とすことが出来ずに3位で終わってしまった鎌田卓麻/市野 諮組。

HR8A9843.jpg
SS3のスピンがすべてのシナリオを狂わせてしまった新井敏弘/田中直哉組。Day2で追い上げたものの、30秒もあるビハインドを跳ね返すまではいかずに4位で終わってしまった。

HR8A9923.jpg
開幕からのターマック3連戦を連続3位で終えている福永 修/竹原静香組は、トップに絡むことが出来ずに5位で終了。グラベルは思うように走れてないようだね。

QL8Y8766_20160706104451cef.jpg
全日本戦には初出場となったマイケル ヤング/保井隆宏組が6位。

QL8Y8840.jpg
昨年は北海道の地区戦ラリーに全戦エントリーして遠征してきた伊藤淳郎だが、今年はこのラリーに出るために道内戦はスキップしている。同じ北大自動車部出身の高橋和多利とコンビを組んで出場したが、JN-6の9位で終わった。伊藤くん、地区戦の砂利道で待ってるよ。上坂もね。

HR8A0260.jpg
地区戦では走りが良くなってきているように見えた井土卓治/佐々木 尊組だが、どうも今回はリズムが悪そう。山で聴こえてくる排気音はアクセルオフが多かったように思うよ。
まだまだこれから。ラリーを楽しんで、喜べる結果を出そうね。

HR8A1461.jpg
JN-6クラスのトップ3。


[JN-5]

HR8A1186.jpg
3連勝を決めたプジョー208 R2の柳澤宏至/中原祥雅組。86のR3が加わって、プジョーがいてシトロエンがいて、ミニがいる。輸入車が増えたこのクラスだが、昨年の苦労して得たノウハウが功を奏しているのか、今年は結果が出ている。山にこだましてくるエキゾーストノートはいい響きだよ。

HR8A9675.jpg
外車が多いこのクラスで、ヴィッツ・ターボで奮闘している大倉 聡/豊田耕司組が2位。今年は優勝も経験しているが、『振り返ると大倉がいる』で連続の上位入賞を果たしている。

QL8Y8881.jpg
日本のラリーに出場してきた、元F1ドライバーのヘイキ・コバライネン。地元のフィンランドではラリーにも参戦経験があるようで、キミ・ライコネンと一緒でフィンランド人のラリー好きを証明してくれたようだ。
コドラは北川紗衣が務め、TMG GT86 CS-R3の国内初参戦を3位で終えた。

HR8A1486.jpg
JN-5クラスのトップ3。3チームともパラソルを持ったお姉さんが登場したのは、このクラスだけ。
あっ、紗衣ちゃんだけパラソルが無いし、写真にも写ってないわ。ゴメン。


[JN-4]

HR8A1229_201607061034526a1.jpg
「失礼だけど、今年どうしちゃったの?」
に、
「エンジンが凄くいいんですよ」
と、福島に続く優勝で連勝を飾った曽根崇仁/桝谷知彦組。土曜日に4連続のトップタイムを刻むものの、金曜のミスが響いてDay1は2番手。日曜日も4本のSSでトップタイムを出すものの、1本目の川渡りでの救済タイムでコンマ差の2番手。それでも、トータルでは2位に1.9秒の僅差で逆転を決めた。

HR8A9606_20160706104756a7f.jpg
昨年のBRZから今年は86にマシンをスイッチした石川昌平/石川恭啓組は、Day1のクラス首位を守り切れずに逆転を許してしまい2位でフィニッシュ。

HR8A0405.jpg
86&BRZにFD2シビックで挑む香川秀樹/船木一祥組は、Day2でクラストップを奪い逆転で順位をひとつ上げて3番手。

HR8A1574.jpg
JN-4クラスのトップ3。こちらは優勝した曽根さんだけパラソル付き。


[JN-3]

QL8Y9006.jpg
今年からクラスをJN-3に戻した天野智之/井上裕紀子組は、開幕戦から負けなしの連勝を決めている。今大会も10個のSSでトップタイムを出して、デイポイントを含めて満点優勝を決めた。

HR8A0849.jpg
合成ではありません。
昨年のこの大会で優勝して結婚を祝福された寺川和紘/石川美代子組は、大会2連覇を狙っていたようだが、天野/井上組を倒すことは出来ずにJN-3クラス2位。

HR8A0501_20160706105059977.jpg
9年前に北海道の地区戦に遠征してた藤田幸弘/藤田彩子の夫婦コンビが3番手でゴール。

HR8A1523.jpg
JN-3クラスのトップ3。こちらは3クルーともに夫婦コンビ。


[JN-1]

HR8A0918.jpg
かろうじてボンネットの色と文字、そしてゼッケンで須藤浩志/新井正和組と判別できるが、豪快に水しぶきを上げてもトラブルが無かったのはラッキーだったかも。グラベルに自信があるのか、前戦の福島でも優勝していて今季は2戦で2勝目。

HR8A9969.jpg
ブーンから新型のデミオに乗り換えて今シーズンを戦いだした松原 久/和田善明組は、Day2の追い上げで順位を2つアップして2位でフィニッシュ。

HR8A0560.jpg
Day1は2位で折り返した高橋悟志/箕作裕子組だったが、Day2に逆転を許してしまって3位に後退してしまった。

HR8A1410.jpg
まだこのラリーで完走の無い高篠孝介/横嶋 真組は、日曜日の走りは3番手と頑張って5位に順位をアップ。

HR8A9405.jpg
スイフトで今季初出場の坂 明彦/中谷 篤組は、SS10をゴールすることが出来なかった。

HR8A9449.jpg
昨年のこの大会ではクラス優勝している田中伸幸だが、久々のラリーに
「まだリハビリ中だから」
と精彩のない走りで、SS5で姿を消してしまった。

HR8A1541.jpg
JN-1クラスのトップ3。カメラもシャンパン臭くなってしまったさ。


HR8A1044.jpg
オープンクラスながら、この大会最年少の秋吉 圭。グラベルラリーが初出場っていうのにも驚いたが、グラベルを走るのも2回目っていうのにはもっとビックリしてしまったわ。豪快に川を渡っていったが、このSSをゴールしてリタイアしてしまった。北海道の地区戦にも走りにおいでよ。



HR8A0091.jpg
今回の00カーは渡辺 潤と竹下紀子(金曜日は岩渕亜子)のコンビ。しなければいけないことがたくさんあったようで、00カーを満喫(?)していたようだよ。

HR8A9902.jpg
いろいろあったようだけど、無事にゴールまで役目を果たした0カーは山田健一と瀧 正憲の地区戦コンビ。


今回はラリーだけの洞爺湖だったかも。天気が良ければ、何かネタがあったかもね。次の全日本戦はラリー北海道かな。十勝で何しよう?


スポンサーサイト
  1. 2016/07/06(水) 10:58:46|
  2. おっちゃんのメディアレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hokkaidorally.blog91.fc2.com/tb.php/548-b8fe97df
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。