FC2ブログ

北海道のラリー情報交換サイト「Rally Do!」ブログ

北海道地区のラリーの情報を幅広くお伝えするブログです。

2010/05/09 Super Tarmac 2010 ラリーレポートPart3

Super Tarmac 2010ラリーレポートPart3

2回目のサービスを挟んで、残すSSはあと2本。スタートから1.68kmの分岐点からコースが変わる2.53kmの今大会最短のステージを残すのみとなった。
SS4までの結果で行くと「初」と付く人が多い。田中曹一郎と石塚慶子はともにチャンピオン戦初優勝が掛かっており、ラリー3戦目の能戸智徳はもちろんターマック初優勝になる。1年振り2度目のラリー参戦となった岡田 貴はラリー初優勝となり、数多くの優勝を経験している馬渕貴則も2WD1.5クラスでは初参加初優勝になる。
次の戦いにつながる最後のセクションは・・・。
SS5&6編
SS56.jpg
●チャンピオンCクラス
「普通に走ったら勝っちゃいました」で田中曹一郎が優勝

田中曹一郎/山内洋平
写真31
写真32
「大人の罠がいっぱいあって、走りよりも言葉のプレッシャーがすごかったので、走っている時の方が楽でした(笑)」と、先輩達からの口撃(こうげき)に耐えた田中曹一郎/山内洋平組がチャンピオン戦初優勝。「日本一早いリタイアの汚名が返上されました。悪いことがあったんだから、いいことも早く来てもいいですよね」と、ステップアップ3戦目で金メダルを手にした。

寺尾 基/丹野富雄
写真33
SS4ばかりか、最終SSでもこの日2回目となるベストタイムを記録した寺尾 基/丹野富雄組は、2位獲得で「ターマックは苦手」とは言えなくなってしまった。次からは「好きじゃない」と言ってください。

鎌田恭輔/早坂吉照
写真34
ラリー北海道に出場するミラージュでの参加を断念してランサーを持ち込んできた鎌田恭輔/早坂吉照組は3位で新人教育が終了となった。

山上智也/ベンちゃん
写真35
トップツーには離されてしまったが、3位の鎌田には2秒差まで詰めることが出来た山上智也/ベンちゃん組は4位で終わった。

伊藤淳郎/俊野朋彦
写真36
昨年のこの大会でも結果を出せなかった伊藤淳郎/俊野朋彦組は、今年も良いところが無くて5位でフィニッシュ。
※動画13
「RTCのラリーは最高!」と、昨年のジュニア戦から2連覇を飾った田中曹一郎/山内洋平組。(動画はSS5)

●チャンピオンBクラス
SS2からは負け知らずの石塚慶子

石塚慶子/伊勢谷 巧
写真37
写真38
昨年よりタイムが良くなっている石塚慶子/伊勢谷 巧組が、チャンピオン戦初優勝に輝いた。「コ・ドラを募集しています」と言っていたが、対戦相手も募っています。

高山智敬/高岸和史
写真39
久々に現役復帰してきた高山智敬/高岸和史組だったが、「アッ!」と言わせたのはSS1だけだった。
※動画14
終わってみれば6本中5本のSSでベストを出した石塚慶子。(動画はSS5)

●チャンピオンAクラス
「やっと自力で勝てました」で岡村 巧が優勝

岡村 巧/渕別府拓也
写真40
写真41
全SSを制覇。「前回は他力本願で勝ったけど、今回はやっと自力で勝てました」と、走るたびにタイム差を広げていった岡村 巧/渕別府拓也組がチャンピオン戦2勝目。

谷岡一幸/岸田勇人
写真42
今年からチャンピオンシリーズに戦いの場を移してきた谷岡一幸/岸田勇人組だが、優勝した岡村には大きく差を付けられてしまった。
※動画15
やはり家族の応援が一番の武器になったのか、全SSでトップタイムを出した岡村 巧。(動画はSS5)

●ジュニアCクラス
第3戦も完全勝利を飾った能戸智徳

能戸智徳/尼子祥一
写真43
写真44
チャンピオンAの岡村と同じく、全SSを制した能戸智徳/尼子祥一組がジュニアCを2連勝。本当に誰が能戸を止める。

田中健一/佐野公彦
写真45
「次は能戸君に土を付けたい」という言葉を現実にしたい田中健一/佐野公彦組だが、下からの追い上げも厳しく同点ながら2位に滑り込んだ。

村里尚太郎/和氣嵩暁
写真46
SS5で田中(健)を逆転したものの、SS6で同点に並ばれてしまった村里尚太郎/和氣嵩暁組は、ファーストステージのコンマ1秒で3位に終わってしまった。
※動画16
連続トップタイムの記録をいつまで続けられるか能戸智徳。(動画はSS5)

●ジュニアBクラス
強気のコ・ドラにも支えられて岡田 貴も全SSでトップタイム

岡田 貴/秋山美紗子
写真47
写真48
「いつも通り楽しく走ってました。勝っちゃって、よけい楽しいかな」と、岡田 貴/秋山美紗子組がラリー初優勝。最終SSで武田にプレッシャーを掛けられるが、コ・ドラの「がんばってよ」の言葉で全SSを制した。

武田 豪/齋藤雅俊
写真49
「ブーンはアイポイントが高くてロールが強いのが怖いです」と、武田 豪/齋藤雅俊組は「まだまだ上手く走れない」と2位に終わってしまった。

●2WD1.5クラス
「楽しく走ったらベストが取れた」で馬渕貴則が優勝

馬渕貴則/島田憲二
写真50
写真51
「(佐藤)茂樹さんは昨年のSS1&2を取っているし、佐々木君のヴィッツもマークしていたんだけど、走りだしたらそこそこいいタイムが出たのでいけるかなと」と、馬渕貴則/島田憲二組がコルトをデビューウィンに導いた。「エンジンマウントとかのブッシュも入れてないので、そういうところをちゃんとしないとダメかな」と、さらに速く走るための課題も見つかっている。

佐々木博未/松井浩二
写真52
15インチから14インチにタイヤを履き替えた佐々木博未/松井浩二組が、「14の方が加速感もあるし、ハンドルを切ったらすぐに反応もしてくれる。ただ、練習では15の方がタイムが良かったんですけどね」と、最終SSでやっとトップタイムが出せた。

佐藤茂樹/近添幸司
写真53
昨年は3本でベストタイムを出していた佐藤茂樹/近添幸司組だったが、今年はいいところが無かった。14インチに履き換えたラスト2本で感触が良くなってきたようだが、最後まで後塵を浴びせられてしまった。
※動画17
最終SSで一矢を報いた佐々木博未。(動画はSS5)


※動画は後日載せます。
スポンサーサイト
  1. 2010/05/31(月) 02:46:20|
  2. JMRC北海道ラリーシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hokkaidorally.blog91.fc2.com/tb.php/51-f10d801d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)