FC2ブログ

北海道のラリー情報交換サイト「Rally Do!」ブログ

北海道地区のラリーの情報を幅広くお伝えするブログです。

おっちゃんのメディアレポート[2014 ARK RALLY 洞爺編]

おっちゃんのメディアレポート
[2014 ARK RALLY 洞爺編]

オープニングカット



開幕戦から雨続きだった全日本ラリー選手権。選手からは
「もう雨はイヤだ」
っていう声が聞こえてきたのに、数日前に貰った『妖怪あめふらし』のステッカーをクルマから降ろし忘れて持って行ってしまうとは、雨が降ったら攻められていたかも。
ところが、ホストタウンの洞爺湖温泉はノリピーのラリー日誌によると2週間余り雨が降っていないようで、オープニングの写真でも分かるようにダストが凄い。これはSS4のカットだけど、SS8の
QL8Y1305.jpg
このダストも凄いでしょう。SS4がゼッケン3番のトシで、SS8がゼッケン2番のノリくん。両選手とも優勝争いにかかわってくるのに、これじゃ大変だわ。あめふらしさんもここぞとばかりに
「少しは雨も必要でしょ」
と、にこやかな顔で言ってくるけど、あなたが降らすとチョットじゃ済まないようですから。


ラリー北海道では定番になっている鉄分補給が今回も。何故か関東のカメラマンも関西のカメラマンも木曜日に苫小牧入り。なんでじゃ。そしてオイラも木曜に苫小牧の実家へ。金曜日は朝の6時半にホテルに迎えに行って、トワイライトエクスプレスを狙いに東室蘭の先へGO。ある意味ラリーより一生懸命かも。
QL8Y1209.jpg
7時42分ごろにトワイライトをゲット。場所を移して、今度は北斗星を狙うんだけど、最初の場所は草が生え過ぎててNG。急遽場所を宇宙軒コーナーと呼ばれている、撮り鉄には知られている場所へ。
QL8Y1266.jpg
北斗星が1時間半も遅れていたのでまったりと時間を潰し、余裕で撮影。その後HQへ行ってメディア受付を済ませたけど、受付が始まってから2時間半も経っている。
「寝坊しましたね」
と言われたけど、
「そんなことありません」
としか言い返せなかった。別に後ろめたいことをしているわけではないんだけど、何故かブルートレインを撮っていたとは言えなかったよ。


QL8Y1277.jpg
今回は、サービスパークのすぐ傍にスーパースペシャルステージ『VOLCANO』が新設された。700メートルでコーナーが6個(7個かな)ほどしかないものの、簡単に1秒2秒の差は付いてしまい侮れない。その中で最初に撮ったのが
HR8A7086_20140710221727e2e.jpg
新井Jrこと新井大輝/田中直哉組の0カー。昨年まで父親が務めた0カーを、今年は息子がステアリングを握っている。いいことだよね。いまでは数十名の親子ラリーストがいるけど、もっともっと増えてほしいよ。

このSS1がリバースオーダーだって聞いたのは、スタート1時間半ほど前。暗くなる前にJN6の上位陣を撮って、などと考えたいたのがもろくも崩れてしまった。まぁ、オイラの考えることだからたいしたことないけどね。その中で撮ったのが
HR8A7096_20140710221728111.jpg
苫小牧の田中伸幸/藤田めぐみ組。
QL8Y1519.jpg
DAY1は2位に20秒以上のリードを築いて、写真のように1番。福島に続いて連勝が近づいてきたが、日曜日のSS13でドライブシャフトが折れてしまい逆転を許してしまった。それでもマシンを押してでもTCに入りサービスに戻ろうとする姿勢は、若いラリーストは見習ってほしいね。写真はYOKOHAMAのWEBサイトに掲載されているけど、コドラの藤田さんも大変だわ。


さて、ラリーは
HR8A7186.jpg
今年から全日本に戻ってきた新井敏弘/竹下紀子組が4戦目で優勝。いろいろとトラブルがあった過去の3戦を払拭するかのごとく、林道SS12本中10本で1番時計を出して貫録勝ちだね。金曜日のSS1もトップだったからか
HR8A7115.jpg
土曜日の朝からトシも御覧の笑顔。林道のオープニングステージとなったSS2でベストタイムを出し、撮影したSS4のAZALEA(4.01km)でも2番時計に2.6秒もの差を付けている。
DAY1が終了して2番手の勝田範彦/足立さやか組に15.2秒もの築いたものの、サービスで
QL8Y1530.jpg
コドラのノリピーが真剣に何かをチェックをしている。これだけ順調に行っているのに、さらにペースノートを再確認する念の入れようかと思いきや、主催者の速報と計算が合わなくて検算していたようだよ。これもノリピーのラリー日誌に出ていたよ。オイラが撮っているときに、関係者の誰かも撮っていたんだね。

HR8A7169.jpg
昨年はラリー洞爺を制している勝田/足立組が2位。

HR8A7139.jpg
四国、福島とグラベルラリーを連覇してきた奴田原文雄/佐藤忠宜組が3位。ところでヌタってARKと相性が悪いのかな?

QL8Y1355.jpg
石田正史/宮城孝仁組が4位。

HR8A7297.jpg
SS4でフロントマスクを草で化粧(?)した九州の慶太郎さまが登場。どうやら土手とキスしたようで、マシンにダメージを与えてしまっていた。

QL8Y1646.jpg
DAY2では2番手の速さを見せた炭山裕矢/保井隆宏組だったが・・・


QL8Y1450.jpg
JN5も、ここまで勝ちに恵まれていない鎌田卓麻/市野 諮組が優勝。全日本ダートラでは3連勝を決めている卓麻も、ラリーでは9年振りの全日本戦優勝だったとか。写真を撮ったコーナーも
「あそこは危ないとこですよ」
と言いながら抑えても、2番時計よりもキロ1秒速く走っているんだからノリノリだったんだろうね。DAY2の川渡りでも
「写真の写りより安全を取りますから」
と、勝つことへの執念が見えたような気がしたよ。
HR8A8413.jpg
フィニッシュでのシャンパンファイトで天を仰ぐ卓麻。相当嬉しかったんだね。

HR8A7791_20140710221730d0c.jpg
JN5の2位は、最近走りが良くなってきた筒井克彦/石田裕一組。
HR8A8428.jpg
フィニッシュでのおふたりのマイクパフォーマンスはさすがでしたが、まだまだいけるんじゃない?

HR8A7389_20140710224111b3e.jpg
JRCAのダイジェスト動画で見事なバック走行が映し出されている川名 賢/永山聡一郎組がJN5の3位。

HR8A7482.jpg
メディア仲間の山口貴利は、すっかりラリードライバーになっちゃった。グラベルだけだよと言うけど、北海道は2戦とも砂利道。最近は撮ってばかりいるよ。山田真紀子とのコンビで昨年の9位からジャンプアップして今年は4位。


QL8Y1669.jpg
JN3の優勝は、今シーズン負け知らずの天野智之/井上裕紀子組。若手の速さに驚かされても貫録の走りで開幕から4連勝。
HR8A8450.jpg
ドライバーさんのフライング?

HR8A8080_201407102221282d1.jpg
見事(?)な川へのダイブで、SSの残り710メートルでロスする破目に陥ってしまった石川昌平/竹原静香組がJN3クラス2位。
ちなみに、
HR8A8157.jpg
チームメートの増川 智/赤木弥生組の川渡りは満点の10点(ラリーフォトグラファー小林直樹氏採点)。

HR8A7852.jpg
JN3の3位は、旭川でマシンをリペアした岡田孝一/漆戸あゆみ組。

HR8A7843.jpg
北海道のシリーズ戦にも遠征してくれていた藤田幸弘/彩子夫婦。上の3台には水をあけられているけど、ここでの写りはカッコ良かったよ。


HR8A7661.jpg
室工大OBの宇田圭佑/石川恭啓組がJN1優勝。ARKのラリーはリタイアが続いた宇田だったがやっとリベンジが果たせたね。
HR8A8501.jpg
そのふたりをスマホで狙っている室工大OB(現役もいたかな)。
HR8A8505.jpg HR8A8518_2014071022443058b.jpg
こんな写真を狙っていたはずだけど、目線はくれたかな。

HR8A7894.jpg
JN1の2位は、中西昌人/美野友紀組。
HR8A8532.jpg
ちびっこが中西さんをパパラッチしていると思っていたら、興味はくまもんだったようです。

HR8A7669_20140710224800494.jpg
JN1の3位には、4年前まで北海道のシリーズ戦に出場していた中西貴晃がコドラを務めた川村貴宣が入った。


HR8A7694_20140710221148217.jpg
JN2は田中(伸)の背中ばかり見せられてきた高橋悟志/箕作裕子組が、逆転でこのクラス初優勝。
HR8A8480.jpg
箕作さんがにこやかです。

HR8A7702.jpg
北海道から全日本初参戦の二ツ川英明/遠藤 誠組が
「走り切ったらいいことが待っていた」
とJN2の3位でゴール。
HR8A8491.jpg
フィニッシュに立ちふたりして礼儀正しく(?)挨拶していたよ。


QL8Y1484.jpg
ラリー北海道に向けてオープンクラスで走った伊藤 暁/高橋浩子組。


北海道からは
QL8Y1424.jpg
SS10でリタイアしてしまったが、走りに進化が見られる井土卓治/佐々木 尊組。
QL8Y1554.jpg
「楽しかった」
と、リタイアした悔しさもあったがキャプテンは走りに満足できてきたようだよ。

HR8A8009.jpg
北川紗衣が今井 聡のコドラを務めて10位で完走。川渡りはフォトグラファー直樹ちゃんの得点は9点と高得点。

HR8A8070_201407102230256b3.jpg
SS2でリタイアしてしまったAki HATANOのコドラは、北大自動車部の鷹巣恵鈴。

HR8A7814.jpg
マシンをBRZにスイッチしてきた山上智也/尼子祥一組は、8位で完走。
HR8A7747.jpg
いつもの笑顔の山上くん。リラックスでこれからもファイトです。

HR8A8267.jpg
カラーリングを施して全日本に初チャレンジした西野義人/岩渕亜子組。初めてのJN3クラスを5位で走り切った。
QL8Y1548.jpg
マシンに大きなダメージを与えるまではいかなかったが、ホイールが・・・(全日本ではあたりまえの光景かな)
QL8Y1543.jpg
亜子ちゃんがスマホで真剣に何かをしている。
QL8Y1536.jpg
もしかして、いまさらこの人とのウエイト差を計算しているわけじゃないよね。って、撮影(盗撮じゃないよ)していたら、
QL8Y1541.jpg
気がつかれてこの笑顔。何してたの?

HR8A7606.jpg
SS1からトラブルがあった高篠孝介/廣嶋 真組は、連日いいことが無かったようだ。
QL8Y1515.jpg
開幕戦は3位だったが、その後はリタイアが続いている高篠くん。

HR8A7651_20140710222627c2b.jpg
JN1の鷲尾俊一のコドラは佐竹尚子が務めている。モントレーには行けそうなの?

HR8A7761.jpg
今年も00カーを務めたのは渡辺 潤。コドラは北大自動車部の和氣嵩暁。

HR8A7724_2014071022302804e.jpg
スイーパーは坂 明彦/中谷 篤のコンビだったが、誰かが『極悪コンビ』って言ってたような?


QL8Y1751_201407102230295e8.jpg
各クラスのウイナーを集めた共同記者会見での記念撮影。金曜日の『いままで思うような成績を出せていない選手(だったかな)』を集めた共同記者会見に呼ばれていたクルーが2組もいるよ。


HR8A8337.jpg
最終サービスでのノリピー。最高の笑顔です。

QL8Y1699.jpg
優勝おめでとうございます!
さすがにトシは慣れているけど、ノリピーは初めてだったようです。本人曰く
「いままでやったことないし、お酒も飲めませんから」
とのこと。オイラも50数年生きてきてシャンパンファイトはしたこと無いですからね。


スポンサーサイト



  1. 2014/07/10(木) 22:56:23|
  2. おっちゃんのメディアレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hokkaidorally.blog91.fc2.com/tb.php/464-638d4814
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)