FC2ブログ

北海道のラリー情報交換サイト「Rally Do!」ブログ

北海道地区のラリーの情報を幅広くお伝えするブログです。

おっちゃんの独り言 第90回

おっちゃんの独り言 第90回


もう師走だね。
11月はクリスマスのディスプレイで
IMG_5841.jpg
7月のラリー以来洞爺湖に行ってきたり、月末には
131129_152453.jpg
ここに5日間も入り浸っていたり、少しは忙しかったかな。洞爺湖では20数年ぶりに溶接機を触ったり、ドームでは歩き過ぎていまでも足が痛いよ。
12月もこんな感じで仕事があるといいんだけどね。



で、今年も残すところあと1ヶ月。来年の開幕戦まで2ヶ月を切ったということで、来シーズンのみんなの動きを探ってみたんだ。

シリーズ4連覇を成し遂げた山田健一は、まだまだ北海道シリーズを牽引してくれそうで、5連覇をもちろん狙っている。他にも今年1日目にコースオフしたラリー洞爺にもリベンジするのと、今年行けなかった道外への遠征も1戦ほど考えているようだが、まだコドラの大楽 敬との話は済んでいなさそうだけど問題は無いと思うよ。
その山田を最終戦まで苦しめた伊藤淳郎は、ランサー・エボ8を手に入れたようだ。エボ5は廃車になったようだね。このエボ8で北海道に上陸するのは全日本戦のラリー洞爺とみられ、その後の北海道シリーズ戦のグラベルに数戦参加するのではと思われる。伊藤が手に入れたエボ8だが、今年の第2戦で種畑剛志が乗っていたクルマらしいのだが、そうなると種畑はまたしばらくお休みということだろうか。
山田のライバルのひとり山上智也は、全日本戦にチャレンジするようだ。参戦はグラベルの3戦を考えているようで、1戦は初めての道外への遠征となりそうだ。
今年1勝した大藤潤一は、嬉しい噂が聞こえてきている。ラリーどころではないようなことにならなければいいんだけど。
高山智敬は冬をスキップして夏からの参戦になると思われる。
結婚したと噂が聞こえてきた篠木雄一郎は、アジパシのラリー北海道に出場を計画しているようで、道内戦には数戦に顔を出すと思われる。
大学生の釜澤 亮、アゲ坂英正、エドモンド二平らは卒業で北海道を離れるために、参戦は無いと思われる。ただ、やり残したことが多いだけに、近いうちにリベンジに訪れるんじゃないかな。
このクラスにステップアップしてくるのが、ジュニアCクラスで2度目のチャンピオンになった藤澤和弘。すでにリストリクターは手に入れたようで、準備は着々と進んでいるようだ。
釧路方面からは良い返答がないから、来年は山田(健)を脅かす存在は誰になるのかな?

今年はシリーズが成立しなかったBクラスだが、結婚した松倉拓郎は戦いを道内戦に絞るようだ。
仕事の都合で開幕戦のみの出場となってしまった武田 豪は、開幕戦のブリザードラリー、ターマック1戦、グラベル全戦を予定しているようだが、仕事でどうなるかが心配。さらに、コドラの齋藤雅俊のところに子供が生まれたために、コドラ探しから始まるのかも。
CJミラージュの上田 寛と佐々木良太は、ランエボでジュニアCクラスという笑える噂が聞こえてきたが、噂だけなのかどうかは分からない。ただ、今年よりは参戦を増やすようなので、シリーズが成立する可能性が出てきた。
FTOをチョイスした山田裕一は、エンジンとミッションが離れているというクルマが治れば出場してくると思われる。
そのチャンピオンBクラスに来るのが、ジュニアBくらすチャンピオンの山口昌洋。クルマはそのままCC4Aミラージュで戦うようだ。
山口だが、夫婦ラリーストとして参戦してきたが、来年は婦人の山口美由紀がドライバーでジュニアBクラスに参戦するようだ。クルマは夫婦揃ってCC4Aミラージュ、コドラもすでに職場の同僚を口説いているようだ。
クラスが成立しないで夫の昌洋がジュニアに出場したら夫婦の対決が見れるかもしれない。これってラリーでは聞いたことが無いかも。

Aクラスは高篠孝介が全日本参戦で道内戦は出てこなくなるのはすでに第6戦のレポートで書いているが、シリーズ2位になった南 篤典の転勤の話が聞こえてきた。どうやら九州への移動を言い渡されたようで、道内戦への参戦は無理と思える。
すでにフル参戦を表明しているのは、ニシノ義人/イワブチ亜子の今年も全戦でコンビを組んだふたり。体制を変えずに来年も戦うようだ。
ヴィッツを製作している岡田 貴も来年は出たがっているが、クルマの完成にまだまだ掛かりそうという情報も入っている。


今年は怪我でウインター戦以来出場出来なかった田中健一だが、リハビリ―を続けているようだ。本人も1日も早く参戦したがっているようだが、こればかりは焦ってもどうしようもないことなので、エントリーリストに名前を連ねるまで待つことにしよう。
藤上 亘は群馬県戦に出場するという話が聞こえている。
2勝でシリーズ3位になった林 嘉寿彦は、仕事の都合で来年もグラベル戦だけの参加となりそうだ。
大橋 渡は今年より参戦が減ってしまいそうだが、グラベル戦からは全開で行くと言っているようだ。

須藤大介は冬の2戦はスキップするようだが、ターマックから始まる第3戦からは攻めてくると宣言している。目標はもちろんシリーズチャンピオンだが、ラリー活動の資金が問題らしい。加えて、コドラの渡口 翼が就活でどうなるかも心配だ。
K-Carクラスに出場していた西浦 力は、最終戦でアルトが息絶えてしまったらしく来年はとりあえず渕別府拓也のスイフトをレンタルしてジュニアBクラスに参戦してくるようだ。ただ、冬の2戦は決まっているものの、その後は未定らしい。
釧路(白糠だったかな)の芳澤顕一も良い返事が返ってきていない。遅咲きながら一目置く走りを見せているので、是非続けて参戦してほしい。


3年目を迎えたK-Carクラスで3代目のチャンピオンとなった谷岡一幸だが、コドラを務めてきた岸田勇人がリタイアするらしい。すでに引退パーティ(だったのかな)も開き、谷岡のコドラ探しもこの時から始まっていた。
小野太一はエンジンを載せ替えて準備は万端のようだ。


他には、道内戦はサービス隊で顔を出している成川正佳は、来年もBICCに遠征を決めているようだ。



と、ここまでがオイラがいまのところ仕入れている情報だが、新たな噂話が入ってきたら報告するね。


スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/12/02(月) 23:21:48|
  2. おっちゃんの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hokkaidorally.blog91.fc2.com/tb.php/427-70dc6556
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)