北海道のラリー情報交換サイト「Rally Do!」ブログ

北海道地区のラリーの情報を幅広くお伝えするブログです。

Super Tarmac 2013 レポートPart2

Super Tarmac 2013 レポートPart2

数年使用して走り慣れているドライバーもいるSS1の後は、
HR8A4760.jpg
今年新たに設定された牧草地の中を走る2.39kmのコース。スピードが出過ぎるためにシケインを設けているが、ランサーやインプレッサでは160km/hを超えていたようだ。
そのコースでトップタイムを出したのは、
「速いところは好きだよ」
というベテランの青沼達也/坂本樹一朗だった。2番手に藤澤和弘/加藤孝輔、3番手は和氣嵩暁/白尾 泰とジュニアCクラスが続き、やはりリストリクターの有無が響いていたのではないだろうか。

SS1のリピートとなるSS3に選手が戻ってきたころには雨がやんできたが、路面のウエット感は残ったままスタートを迎えた。

チャンピオンCクラス
HR8A4434.jpg
「やまけんさんとかと低速区間で勝負出来るようになったのは向こう(三重)で練習したからですね」
という伊藤淳郎/廣嶋 真は、スタート前に
「SS2の高速はやばいですね」
と言いながらもSS2を制し、続くSS3でも連続でベストタイムをマークして順位を4番手に上げてきた。
「SS1のスピンとエンジンストールがなければ、もっとやまけんさんが本気モードになってくれたかな」
と、連続でタイムを出してきてもトップとは13.6秒もの開きがある。

その山田健一だが、
HR8A4380.jpg
「この雨がどう影響するかですね」
と言ってスタートして行ったSS1でベストタイムを出して優位な展開に持ち込んだ山田/五十嵐恵子は、SS2,3を伊藤/廣嶋に奪われ
「山上くんだけを見ていて余裕をブッコいていたら、その後ろにいた伊藤くんが速くて慌てました」
と、SS3を2番手タイムで上がりファーストステージで築いたリードの切り崩しを最小限に抑えた。

伊藤、山田に続く走りを見せたのは、
HR8A4442.jpg
今シーズンの緒戦となる井土卓治/佐々木 尊。
「雨はいやですね。スカーッと走りたいです」
とスタート前にコメントしていたが、SS1を3番手、SS3でも3番時計を出してセクション1を2位でサービスに戻ってきた。

その井土に逆転されてしまったのが、
HR8A4391.jpg
「雨さえなきゃっていう感じですけど」
と、雨の経験がほとんどない山上智也/伊勢谷 巧。昨年は優勝しているだけにここでは勝ち星を上げておきたいのだが、
「雨の経験はラリーを始めた頃にSS1の1本だけですね。だから未知な部分が多いです」
と心配していたように、どうもタイムが上がらないようだ。このSS3もトップに4.3秒差の4番時計に終わっている。

HR8A4487.jpg
「ランサーでラリーに出るのは12年振りかな。その時のランサーなんですよ、これ」
と、久々にCクラスに戻ってきた高山智敬/高岸和史は、
「ラリー会場に知っている顔がほとんどいないね」
とブランクを感じていた。レッキを終えた後も
「おっかない。特に速い方はおっかない」
と、走りもブランクがあるようなコメントをしていたが、『おっかない』と言っていたSS2で2番時計を出している。

HR8A4471.jpg
「練習無しなので、落ちないように頑張ります」
と、今年ラリーデビューして2戦目を迎えたアゲ坂英正/鈴木一生は、前週のラリーセミナーにも参加するなど、卒業までの1年間はラリーに打ち込むようだ。

HR8A4421.jpg
「ドライの練習はしてきましたが、ウエットの練習は1本目で落ちたのでしてきませんでした」
というコメントが物語っているように、釜澤 亮/矢野絢一はタイムが出ない。おまけにガードロープと仲良くしたのか、左フロントを壊して現れた。

チャンピオンAクラス
「今日はリスクを負わないで、ラリータイヤで3位狙い」
と言っていた南 篤典/脇屋知子がSS1で姿を消して、コルトでこのラリー3連勝中の馬渕貴則/島田憲二のタイムが出ないと、ファーストステージから波乱含みのチャンピオンAクラス。


「足もなにもかも暫定なので、正直自分がどのくらいなのかも分からないです」
とスタートした高篠孝介/湊谷幸司は、
「このクルマはマスターバックレスなんですよ。だからブレーキを早めに踏んでも車速が落ちないのがいいんでしょうね」
と、低速コースでは断トツのタイムを出して来た。SS3でも再びベストタイムを出し、大方の予想を覆してセクション1をトップで上がってきた。

HR8A4513.jpg
「アルトでもストーリアでも舗装は走っているんだよ。2008年のここのラリーでは勝っているし、砂利だけじゃないよ。ただヴィッツでの舗装は初めてだね」
という和田 誠/宗片さおりは、5年振りにターマックラリーに出場してきた。
「(SS2を指して)あそこはいいね」
と、高篠を寄せ付けない走りで、
「速いところではオレには敵わないよ」
とベストタイムを奪った。

HR8A4499.jpg
スーパーターマックで3連勝中の馬渕貴則/島田憲二だが、今年はどうも歯車が噛み合っていないようだ。SS1ではトップと12秒差、SS2でも7秒差、このSS3でも8秒差と、首位に絡むことなく3番手タイムを出し続けている。
「生まれてきたクルマが違うのかな」
と、ヴィッツ2台の走りには付いていけないようだ。

HR8A4524.jpg
「雨ですね。寒いですね。落ちないように、壊さないように、無事室蘭に帰れるようにします」
と、ハイスピードコースにビビッタのか、スタート前から弱気のコメントのニシノ義人/イワブチ亜子。SS1からスピンで出遅れてしまった。

ジュニアCクラス

「雨のラリーは初めてなんです。けっこう心が折れているんです」
という藤澤和弘/加藤孝輔は、
「青沼さん次第ですね。タイヤに差があるので雨が少し強くなってくれないかなって」
と、ラジアルの青沼に対してラリータイヤをチョイスしている藤澤/加藤は、天候が荒れることを願っている。
「昨年はSS1で5秒以上負けてSS2で2秒以内にしてますから、今年は1本目から行かないとダメですね」
と、1本目から勝負を掛けてSS1は3.3秒差、SS2で1.2秒、そしてSS3ではとうとう青沼を抜いてトップタイムをマークして、青沼に土を付けた。

HR8A4566_20130518093201.jpg
「藤澤くんが速くなったね。オレは落ちるいっぽうで反射神経が鈍くなってきているのが分かるも」
と言いながらも、SS1からタイムを出してSS連勝記録を伸ばして来た青沼達也/坂本樹一朗。高速のSS2も
「ハイスピードは得意だからね」
と連続のトップタイムを出してきたが、SS3で
「藤澤くんに4秒も負けてしまったからね」
と、SSのベストタイム記録は8で止まってしまったが、コンマ4秒差で首位は守っている。

HR8A4608.jpg
最近は走りに貪欲になってきたと思う和氣嵩暁/白尾 泰だが、やはり青沼や藤澤には置いていかれてしまった。2年振りのスーパーターマックで、しっかりと3番時計を連発してきた走りは今後につながるのではないだろうか。

HR8A4599.jpg
「無事に帰れるように頑張ります」
とコメントしていた大橋 渡/陶山 護だったが、撮影していた100mほど手前のガードロープと仲良くしてしまった。スタート前にタイヤ交換をしていた時にはHR8A4124.jpgこんなに綺麗だったのに。

HR8A4621.jpg
1年振りに姿を見せた笠本浩之/笠本雄太の親子クルーは、マシンを入れ替えて臨んできたが最終SSでリタイアしてしまった。

ジュニアBクラス
HR8A4672.jpg
「新しいコースは超高速で楽しそうじゃないですか」
と話しかけてきた須藤大介/渡口 翼。
「速いか遅いかは別として、舗装に抵抗感はないので出てきたんですけど」
と、室蘭対決は1秒を争う接戦を見せたが、須藤/渡口がベストタイムを刻み続けて3.3秒差で首位を守ってきた。

HR8A4657.jpg
須藤/渡口との好バトルを繰り広げている俣野 実/吉野康久は、トップを狙えるタイム差でセクション1を終え、サービス後のセクション2に勝負を掛ける。

HR8A4693.jpg
「難しいです」
と、初ラリーで勉強することが多かったエドモンド二平/ヒロ ナカムラは、
「ターマックは練習出来なかったんですが、雪練で少しはまともに走れるようになりました」
と、コース上に留まってラリーを楽しんでいる。

HR8A4642.jpg
昨年はリタイア無し。今年も確実に走り切っている山口昌洋/山口美由紀は、若者達が繰り広げているバトルを後ろで見守っている。

ジュニアAクラス
HR8A4707.jpg
パセオではこのクラスで走るしかないと出場してきた佐藤博信/堀内 隆だったが、
「相手がいない」
と、単独走行を余儀なくされ全開で攻めることはしなかったようだ。

K-Carクラス

「ダートはイメージが湧かないんですけど、舗装は違和感がないですね」
と、初めてのターマックラリーでいきなりタイムを出して来た佐藤秀輝/岡 直貴。SS2では岡村/小笠原に1秒勝ちを譲ったものの、SS3では再びベストタイムを奪いセクション1をトップで上がった。

HR8A4722.jpg
「(新しいコースに)かなりビビッテますね。雨っていうこともあったんで、セッティングを少し柔らかくしたら、柔らかすぎて高速で降られてしまいますね」
と、谷岡一幸/岸田勇人は
「舗装は苦手です」
と、タイムが出せないでいる。

岡村 巧/小笠原淳亙はSS3で姿を消している。



Part3に続く。



スポンサーサイト

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/05/18(土) 09:41:59|
  2. JMRC北海道ラリーシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hokkaidorally.blog91.fc2.com/tb.php/368-3fe538fe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad