北海道のラリー情報交換サイト「Rally Do!」ブログ

北海道地区のラリーの情報を幅広くお伝えするブログです。

第27回 EZO ENDLESS RALLY ジュニアクラスレポート

第27回 EZO ENDLESS RALLY ジュニアクラスレポート


チャンピオンクラスはランサーが幅を利かせているが、ジュニアCクラスはスバルのディーラーメカが出場しているとはいえ、半数がインプレッサをチョイスしている。開幕戦の表彰台の両サイドはランサーが奪ったものの、今大会はインプレッサが上位を占めてランサー勢に付け入るすきを与えなかった。

そのインプレッサ勢は、
HR8A0699.jpg
2011年のシリーズチャンピオンで、開幕戦を制した藤澤和弘/加藤孝輔。

HR8A0731.jpg
最近は走りに貪欲になってきたように見える和気嵩暁/白尾 泰。

HR8A0737.jpg
ドライバーで出場している冬のラリーではスタックが無い佐々木智也/小笠原淳亙。

HR8A0745.jpg
一昨年の開幕戦では優勝を飾っている大橋 渡/陶山 護。
の4台。

ランサー勢は、
HR8A0689.jpg
今年こそはシリーズ制覇に燃えている田中健一/佐野公則。

HR8A0714.jpg
シーズン2年目、昨年より成績アップを狙っている藤上 亘/二ツ川啓輔。

HR8A0759.jpg
今年から本格参戦してきた早坂吉照/中川伸昭。
の3台が出場してきた。

ファーストステージを奪ったのは、

「余裕のポイントリーダーになりたいですね」
と、連勝を狙っている藤澤/加藤と、
HR8A0729.jpg
「今年はシリーズを考えてます」
と、シリーズチャンピオンを視野に入れている和氣/白尾が、同秒でベストタイムを分け合った。今年の緒戦となったラリーの1本目でベストタイムを出して幸先良いスタートを切った和氣/白尾だが、和氣がスノーラリーでベストを出したのはこれが初めてだ。




3本連続のベストタイムを出して首位を独走する藤澤/加藤は、


「失敗しましたね」
と、エンストやバックギアを使うミスを犯し、気が付くと2位の和氣/白尾との差がコンマ1秒の接戦になってしまった。
その中で、
HR8A2040.jpg
「周囲のミスもあり人生初のSSベスト!!! 嬉しかった・・・!」
と、自身のブログでも書いている通り、藤上/二ツ川がベストタイムを刻んだ。
和氣といい藤上といい、今年のジュニアCクラスは混戦が見られるような気がするのだが。

ここで競技を離脱しなければいけなくなってしまった選手がいる。
ストップの前で止まってしまった選手が失格を言い渡されてしまった。2013年JMRC北海道ラリーシリーズ共通規定にも書かれているが『フィニッシュにおいて黄色地の予告標識からSTOP標識までの間で停車した場合』は失格と出ているが、これが適用されたようだ。他にも、TCに競技車が混んで入れなかったためにコドラが降りてタイムカードを提出に行ったら、オフシャルが受け付けてくれなかったクルーがいた。他のコドラに聞くと、どうやら『競技車が一緒でないと受け付けない』と説明された選手もいたようだが、当の選手は何の説明も無いことにも納得がいってないようだった。確かに共通規定の中に『実際の計時とタイムカードへの記入は、参加車両とその2名のクルーが当該コントロールエリア内にあり、設置された記入場所に到着した時にのみ行うことができる』とあり、オフシャルはそれを言っていたと思うが、規定の続きを読むと『何らかの原因によりコントロールエリアが参加車両等で混雑し、目標到達時刻に参加車両がコントロールエリアに進入できない場合は、コ・ドライバーが車両を降りてタイムカードをタイムコントロールに提出することによって、当該参加車両がコントロールエリア内に進入したものとみなす。この場合は、車両がコントロールエリア外にあってもパルクフェルメ規制が適用される』と出ている。当事者の選手はそれを訴えていたが、全車ペナルティが与えられないということでその場は治められていたようだ。オイラも含めてだが、ルールをきちんと把握しなければ言いたいことも言えないということを再度認識させてくれたラリーだったような気がする。
選手もオフシャルも、ルールは覚えておくことだね。

ここまでの順位は、
HR8A2024.jpg
辛くもトップを譲らないで済んでいる藤澤/加藤。
HR8A1590.jpg
コンマ1秒差の2位にいる和氣/白尾。
HR8A1583.jpg
スタートから3番手をキープしている藤上/二ツ川。
HR8A2091.jpg
「ちゃんと走り切ろうと」とスタート前に言っていた大橋/陶山は、毎回ボンネットに雪を積んでくるが走っている。
HR8A2063.jpg
出足でつまずいてしまったが、大きなミスも無くコマを進めている佐々木/小笠原。
HR8A2096.jpg
SS3のスタックで順位を落としてしまった早坂/中川。

残すSSは2本。

「やばかったですね。一時はどうなるかと思いました」
と、コンマ1秒まで追い上げられても冷静に対処することが出来た藤澤/加藤が再びベストタイムをマークして、ミスをした和氣/白尾を引き離した。


「SS5の1秒落ちでしたけど、走りは悪くなかったと思いますよ」
と、6本中5本のSSでベストタイムをマークした藤澤/加藤が、開幕2連勝を飾り
「田中くんもいなくなって、藤上くんも刺さったから、楽勝って言ったら怒られますけど、楽になりましたね」
と、予定通りの余裕のポイントリーダーになった。

HR8A2444.jpg
「SS5で勝負が決まりましたね。ただ、SS6で少しまともになったかなと思ったんですけど、それほどタイムは変わらなかったのでSS5のロスは少なかったんでしょうね」
と、ベストタイムこそSS1の1本だけだったが、和氣/白尾が2位を守り抜いた。

HR8A2457.jpg
「なんとかノーミスで自分なりに走れたかなと思いますね。ベストを獲れなかったのは残念だったけど、藤澤さんにコンマ7まで迫りましたからね」
と、最終SSでも2番手タイムを出した大橋/陶山は、
「ここまで持ち直すのに掛かりましたね。トータルで先月の6本と合わせて、11本ですか」
と、12本目のSSでやっと納得の走りが出来たようだ。
「頑張って走ったらいいことがあると思って、頑張って走ったんですから」
と、3位が転がり込んできた。

HR8A2438_20130304233916.jpg
「15秒以上も開いてて全然頑張る必要が無かったんですけどね」
と、ヘアピンでのスタックで3位を棒に振ってしまった藤上/二ツ川。



今回も3台のエントリーがあったジュニアBクラス。その中には、晴れてライセンスを取得して公式戦に出場してきた傳寶 翼の姿もあり、新人の登竜門としての顔も見せている。

開幕戦で出場したホシクンは冬の予定していた1戦を消化し、須藤大介も海外に氷像を作りに行っているために欠場している。代わりに傳寶と、昨年のこのラリーで初優勝した水澤孝文/水澤由紀子がエントリーして来た。

HR8A0765.jpg
「昨日はカツを食べて気合を入れてきたので、1コーナーでしくじらないことですね」
と、幸先良いスタートでSS1を制したのが山口昌洋/山口美由紀。

HR8A1242.jpg
「SS1で2回も回転しちゃって、へこんじゃいました」
と、SS1ではミスったものの、SS2では山口夫婦のミスもあったがベストタイムを出して来た水澤夫婦。

HR8A0789.jpg
冬に4WDと勝負するのは酷だが、いまはドンドン走って経験を積んでいくしかない傳寶は、開幕戦のクローズドクラスに参戦した時と同じ和田 誠をお守役にラリーをスタートした。


山口と水澤の夫婦対決はシーソーゲームの装いで、
HR8A1629.jpg
本番ではなかなか見せない走り(練習ではよく見かけるんだけど)で山口夫婦がタイムを出せば、
HR8A2127.jpg
「山口さんとのタイム差が縮まってきて」
と、またしても山口のスピンがあったとはいえ、差を縮めてきた水澤夫婦。
SSが4本終わって山口夫婦が6.1秒リードしている。SS1では致命的ともいえる20秒の差があったのだから、水澤夫婦がそれ以降は大きなミスが無かったことがうかがえる。

そして、ジュニアCクラスと同じくSS5で勝敗が左右された。
HR8A2468.jpg
「スピンをしすぎですね」
という山口夫婦は、SS5での2回のスピンで逆に水澤夫婦に5秒のリードを許してしまう。
「SS6でもスピンしちゃって。たらればだけど、あれがなければね。EZOとは相性が悪い山口家ということで」
と、冬の連勝は叶わなかった。
片や、
HR8A2481.jpg
「相性がいいですよね」
と、前日に純白のボディが出来上がってきた水澤夫婦がこのラリーで2連覇を飾った。



ジュニアAクラスは今回も1台が出走。
HR8A0801.jpg
「もうちょっと出てくれると嬉しいんですが」
という宮坂淳一/小野由美子が、このクラスを支えている。

モチベーションを保つには
「チャンピオンAクラスとタイムを見比べています」
という宮坂/小野だが、
HR8A1256.jpg
「SS2でコンマ1秒ですがチャンピオンクラスに勝てましたね」
と、開幕戦のSS4と同じくコンマ1秒上回った。

しかしSS3で、
「コンマ1秒勝ったと思ったら、次で28秒も負けてしまうなんて」
と反省することもあったが、
HR8A2488_20130304235135.jpg
スタックすることも無く第2戦も無事に走り切った。


スポンサーサイト

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/03/05(火) 00:32:22|
  2. JMRC北海道ラリーシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hokkaidorally.blog91.fc2.com/tb.php/352-80d1bc0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad