FC2ブログ

北海道のラリー情報交換サイト「Rally Do!」ブログ

北海道地区のラリーの情報を幅広くお伝えするブログです。

第4回CMSC道北ラリー ジュニアクラスレポート

第4回CMSC道北ラリー ジュニアクラスレポート

順調に台数を集めているジュニアCクラス。今大会も8台がエントリーしているが、そろそろ気になるのがシリーズの行方だ。ポイント順に並べると、2年連続のシリーズチャンピオンを狙う藤澤和弘と、全戦でポイントを獲得している村里尚太郎が同点でリーダーを務め、グラベル戦からランサー・エボⅦに乗り換えてきた田中健一が3位に付けている。前戦で優勝した釜澤 亮が4番手で、今大会の出来次第ではチャンピオン争いに加われる藤上 亘まで、5人に絞られた。5位のポイントがあるニシノ義人だが、マシンを田中に嫁入りさせたために今回の欠場でチャンピオン争いからは消えている。

HR8A5232.jpg
コンマ差ながらファーストステージを制して幸先よいスタートを切った田中/佐野公彦。



HR8A5257.jpg
練習の成果が出ているのか、グラベル戦になって調子が上がっている釜澤/高橋和雅。
HR8A5314.jpg
昨年の開幕戦以来の出場となる佐藤善基/飯田直也だが、いきなりの3番時計は侮れない存在だ。
HR8A5295.jpg
昨年は最終戦までチャンピオンをしていた大橋 渡は、コドラに陶山 護を迎えて今シーズン初出場は4番手からのスタート。
HR8A5221.jpg
シリーズリーダーの村里/鈴木一生は5番手。
HR8A5200.jpg
村里と仲良く、シリーズリーダーのひとりの藤澤/加藤孝輔もSS1ではタイムが出せずに6番手。
HR8A5272.jpg
コドラに吉野学典を招いた藤上だが、浮上するきっかけがつかめないようだ。
HR8A5326.jpg
ジュニア戦にデビューした吉岡 祐/藤井貴也だったが、いきなり山の洗礼を受けてしまった。

SS2でトップタイムを出して、ファーストステージの汚名を晴らそうとした藤澤/加藤だったが、SS3で姿を消してしまった。

SS3
HR8A5906_20120910232858.jpg
今大会で唯一リザルトのトップに名前を出してきた大橋/陶山。
HR8A5884.jpg
田中を逆転して首位に立った釜澤/高橋。
HR8A5872.jpg
釜澤に逆転されたものの、その差は1.7秒。勝負はこれからの田中/佐野。
HR8A5919.jpg
釜澤と田中には徐々に離されているが、4番手でもしっかりトータルで3位を守り続けている佐藤/飯田。

SS4
HR8A6484.jpg
トップタイムを出してきた釜澤/高橋は、いっきに2番手以降を引き離して2連勝に向けて首位を固めてきた。
HR8A6534.jpg
2番時計で田中とのタイム差を5秒にしてきた佐藤/飯田。
HR8A6460.jpg
釜澤に逃げられてしまった田中/佐野は、チームメイトの佐藤に追い上げられてきた。
HR8A6450.jpg
佐藤にも差を広げられてしまった村里/鈴木は4番時計。


HR8A7046_20120910233426.jpg
終わってみると2位の田中とは7.3秒差で逃げ切ってみせた釜澤/高橋が2連勝を飾った。
HR8A7038.jpg
2位でシリーズリーダーになった田中/佐野だが、1ポイント差で村里が、その1ポイント差には釜澤がいる混戦模様。それにディフェンディングチャンピオンの藤澤が加わり、4人での争いになった。田中の願いは「チャンピオンを獲りたい」。
HR8A7086_20120910233425.jpg
「3位になれて嬉しいです」と、久々のラリーで結果を残せた佐藤/飯田。
HR8A7036_20120910233424.jpg
SS5でベストタイムを出すことが出来た村里/鈴木は、連続の4位でポイントを加算した。



シリーズ2位の佐々木良太のもくろみは、第4戦のターマック戦で優勝してシリーズリーダーになってグラベル戦に突入するはずだった。しかし、結果はノーポイント。今回はポイントリーダーの山口昌洋が不参加のために、勝ってリーダーの座で最終戦に臨むはずだったのだが・・・・。

HR8A5352.jpg
予定通りのスタートを切れた佐々木(良)/マッチョン。
HR8A5420.jpg
15年振りにラリーに復帰してきた野村芳久/田中敏也が1本目から2番手発進。
HR8A5406_20120910233838.jpg
1年以上サービスをしていたという佐藤勇磨/田邊龍太が、デビュー戦の出だしから3番手のタイムを出してきた。
HR8A5381.jpg
前戦で優勝した最上高宏/河野 功はアクシデントに巻き込まれそうになってタイムを落とし4番手からのスタート。
HR8A5360.jpg
アクシデントがあって大きくタイムを落としてしまった俣野 実/吉野康久。

SS3
HR8A5933_20120910234108.jpg
上手くことが進んでいる佐々木(良)/マッチョンは、3連続のトップタイムで2位との差を広げている。
HR8A5971.jpg
2番時計で上位にくらいついている佐藤(勇)/田邊。
HR8A5982.jpg
佐々木(良)に離されていっている野村/田中が3番時計。

SS4
HR8A6553_20120910234245.jpg
計算通りに進んでいたのはここまで。4連続ベストで2番手との差を築いていたはずだが、最後に大きな落とし穴につかまってしまった佐々木(良)/マッチョン。走行後には「自分の石を避けるスキルが足りなかった」と反省。



HR8A6616.jpg
佐藤(勇)に10秒の差を付けた野村/田中だが、最後に若者パワーに圧倒されるとは。
HR8A6570.jpg
徐々にエンジンが掛かってきた最上/河野だが、セクション1のタイム差がありすぎた。


HR8A7110_20120910234736.jpg
最終SSで5秒以上あったビハインドをはねのけてデビューウインを飾った佐藤(勇)/田邊は、「優勝しちゃってすみません」と新人らしい初々しさを見せた。
HR8A7121.jpg
「ペースノートを作れるようになって、次はもっと走れるようになります」と、15年のブランクがあった野村/田中が2位。
HR8A7104.jpg
「トップのひとが脱落したので…」と、目標の真ん中でフィニッシュした最上/河野。



スポンサーサイト

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2012/09/10(月) 23:49:07|
  2. JMRC北海道ラリーシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hokkaidorally.blog91.fc2.com/tb.php/287-bf1f8fbc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)