FC2ブログ

北海道のラリー情報交換サイト「Rally Do!」ブログ

北海道地区のラリーの情報を幅広くお伝えするブログです。

第26回 EZO ENDLESS RALLY ジュニアクラスレポート

第26回 EZO ENDLESS RALLY ジュニアクラスレポート

開幕戦と同じドライバーが顔を揃えたジュニアCクラス。幸先よいスタートを切ったチャンプの藤澤和弘はコドラを急遽竹下紀子に変えて挑むことになり、釜澤 亮は高橋和雅に、佐々木智也も中川伸昭にコンビを変えてきた。
QL8Y3153.jpg

SS1
「ここ最近の冬のEZOの様子から、路面はスケートリンクみたいに効かない路面になると思っていたので、開幕戦よりも慎重さが求められると思っていました」という

村里尚太郎/鈴木一生が、「SS1をフィニッシュしてストップでタイムボードを見た時に、前走車3台より5秒以上も速いタイムだったので自分の目を疑いました。一昨年からジュニアCのシリーズに出ていて、一度もSS1でクラスベストを取ったことが無かったので」と、後続にも抜かされることなくベストタイムを出した。
HR8A1969.jpg
村里とチームメイトの和氣嵩暁/白尾 泰が1秒差でセカンドタイムを記録。
HR8A1938.jpg
前夜にミッションを交換してきた釜澤/高橋が3番時計。
HR8A2001.jpg HR8A2003.jpg
コドラを変えてきた佐々木/中川が4番手。
HR8A1987.jpg HR8A1993.jpg
1枚目の写真のようにスピンをするものの、最小限のロスで5番手に付けた藤上 亘/浅利徹朗。
HR8A1924.jpg HR8A1929.jpg
「スピンばかりで笑い疲れました」と言っていた藤澤/竹下は6番時計がやっとだった。
HR8A1943.jpg HR8A1952.jpg
ミスも出て大きくタイムをロスしてしまった田中健一/佐野公彦は、開幕戦よりも出足でつまずいてしまった。
HR8A1980.jpg HR8A1985.jpg
1コーナーのスピンが尾を引いて最後尾からのスタートとなったニシノ義人/ヨシノ学典。

SS2
HR8A2304.jpg
「開幕戦からの3週間は週2ぐらいで練習に行ってました。ただ走るだけでなく目的と課題を設定して、1回走るごとに反省点を挙げて改善策を考えるようにしていました。その成果が出た実感はあまりないですが…」と、大学生らしいコメントの村里/鈴木がイメージ通りに走れたと連続のベストタイムを出してきた。
HR8A2284.jpg
「まともに走れたのはSS2だけです」と、唯一スピンの無かったステージで村里とトップを分け合った藤澤/竹下。
HR8A2311.jpg
ここまでは調子の良かった和氣/白尾が3番時計。
HR8A2326.jpg
デビュー2戦目で滑りすぎる路面に苦労していた藤上/浅利だったが、それでも4番時計を出してきた。

SS3
HR8A2555.jpg
セクション2になってやっとエンジンが掛かってきた田中/佐野が、後半の追い上げとなるベストタイムの1本目を出した。
HR8A2572.jpg
「ヘアピンの後の右コーナーで小坂さんが見えたのでギャラステスイッチが入ってしまいました。意識しすぎて壁の硬いところを削っちゃいましたけど」と、連続ベストは途切れてしまったが2番時計で首位を守っている村里/鈴木。
HR8A2585.jpg
田中と同じく追い上げを始めたニシノ/ヨシノが3番時計。
HR8A2599_20120224235030.jpg
佐々木/中川も今年公式戦にデビューした新人。トータルで3番手に付いている。

HR8A2836.jpg
「1コーナーでオフシャルが出てきたので焦りました。それ以外は大体イメージ通りに行けたと思いますが、リズム感に関しては今後の課題になりそうです」と、首位を守り続けた村里/鈴木。「こんなに早く2勝目が来るとは思っていませんでした」と、ラリー洞爺以来のトップを奪った。
QL8Y3194.jpg
優勝した村里は「SS6は最後に羽目を外した感じです。思ったよりも壁が硬くてクルマが凹みましたが、勝てたので自分はそんなに凹んでないです。林道ステージになると他の人たちも本気を出してくると思うので、気を引き締めて行きます」と、次の美酒を狙っている。
HR8A2828.jpg
SS3から4本連続のベストタイムを出した田中/佐野だったが、セクション1が悪すぎてトップには追い付かなかった。
HR8A3006.jpg
2戦連続の2位というサイン(?)なのか、ゴール後の田中はにこやかな表情だった。
HR8A2844.jpg
終わってみると3位まで順位を上げていたニシノ/ヨシノ。
HR8A2852.jpg
最終SSのタイムで釜澤を逆転した佐々木/中川が4位でフィニッシュした。
HR8A3045.jpg




開幕戦のメンバーに、渕別府卓也/角玄真琴が加わって4台になったジュニアBクラス。ただ、加わったのがFF車ということで、スケートリンクのようなコンディションでは、山口昌洋と水澤孝文の4WD勢が優位なのは変わらない。

SS1

開幕戦を完全勝利で収めた山口/山口美由紀の夫婦コンビは、好調を維持してファーストステージからベストタイムを出してきた。
HR8A2036_20120224235928.jpg
「今日は滑る路面だったので、抑えて走りました」という、こちらも夫婦コンビの水澤/水澤由紀子が1秒遅れで2番手に付けてきた。
HR8A2043.jpg HR8A2049.jpg
スイフトスポーツでジュニアBクラスに出場している渕別府/角玄が3番手。
HR8A2026.jpg HR8A2041.jpg
ファーストステージからスタックしてしまった佐々木良太/マッチョンは、「帰りたい」を連発していたが・・・。

SS2
HR8A2336.jpg
今シーズンになってベストタイムを連発している山口夫婦。
HR8A2346.jpg
夫婦対決は、慎重に走り過ぎた水澤夫婦が大きく水をあけられてしまった。

SS3
HR8A2611_20120225000547.jpg
いまだ負けなしの山口/山口。しかしSS5で悪夢が襲う・・・。
HR8A2619.jpg
「スピンと刺さらないように走った」という水澤/水澤は、抑え過ぎに見えるがそれが功を奏することに・・・。

HR8A2867.jpg
「山口さんがスタックしているのを見て『これは刺さったらヤバイ』と、ちょっとゆっくりめになりましたね。最終SSはレッキ状態のスピードで、どんなことをしても勝ってやる、完走したら勝てると思って」と水澤/水澤は、「勝てて嬉しい」と初優勝を飾った。
HR8A2855.jpg
「全SSでベストタイムを出そうと思っていて…」と、SS5で歯車が狂ってしまった山口/山口は思わぬアクシデントで優勝を逃してしまった。
HR8A2863.jpg
SS4では2番手、SS5ではベストタイムを出した佐々木/マッチョンは、「ラリーって楽しいですね」とコメントが180度変わったが、SS1が尾を引いてしまった。
HR8A3050.jpg



スポンサーサイト

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2012/02/25(土) 00:09:26|
  2. JMRC北海道ラリーシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hokkaidorally.blog91.fc2.com/tb.php/213-1fd53032
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)