北海道のラリー情報交換サイト「Rally Do!」ブログ

北海道地区のラリーの情報を幅広くお伝えするブログです。

北海道ブリザードラリー2012 ジュニアクラスレポート

北海道ブリザードラリー2012 ジュニアクラスレポート

参加台数が一番集まったジュニアCクラス。
「チームメイトの大橋が居ませんが、ラリーストとして2年目に突入しました」という藤澤和弘と、その藤澤に声を掛けられて「コドライバー2年目を迎えることが出来ました」という加藤孝輔のチャンピオンコンビを始め、今年は意気込みが違う田中健一。まだまだジュニアで若者を鍛える(虐めるのかな)つもりのニシノ義人。そのニシノに鍛えられるであろう大学生は、室工大の釜澤 亮に、北大の村里尚太郎と和気嵩暁。そして今大会がデビュー戦の佐々木智也と藤上 亘と、顔ぶれも多彩だ。

SS1
「エントリーリストを見たときに、そう簡単には勝てなさそうだなって思いましたが目標はまず1勝」とスタートした藤澤。

「2012年の1本目ということで緊張しましたが、スタートしてしまえば後は必死に走るのみ。下段から上段につながる上りコーナーの凹凸部分で車が上下左右にかなり揺れて大変なことに…」とコドラ加藤が振り返るが、藤澤がベストタイムと上々の滑り出しだ。
「レッキ時にゆっくり走ってもっと細かくいろいろ見るべきだったかな、と少し後悔しました」と(注:レッキは30km/h以下ですから)、コドラ加藤のレポートが届いたので、コドラレポートを中心に構成します。
HR8A5665.jpg
コドラのヨシノ学典によると「今年は全戦に出る予定でいるんじゃないですかね」というニシノが2番時計を出してきた。
HR8A5685.jpg
デビュー戦のファーストステージで3番時計を出してきた藤上/浅利徹朗。
HR8A5658.jpg
コンマ1秒差ながら田中から4番時計の座を奪った和気/白尾 泰。
HR8A5639.jpg
後半の追い上げを考えると、このステージのタイム差が大きくのしかかっていた田中/佐野公彦が5番時計。
HR8A5651.jpg
昨年は初優勝を経験している村里/鈴木一生が6番時計。
HR8A5623.jpg
今年もドタバタ劇から始まった釜澤は、コドラに俣野 実を乗せてきたが7番時計から始まった。
HR8A5674.jpg
公式戦でドライバーデビューの佐々木は、昨年のラリー洞爺でコドラ優勝デビューした小笠原淳亙を乗せて出場してきた。

SS2

SS1の藤澤のタイムを唯一上回ったニシノ/ヨシノが、1秒内に首位を捕らえてきた。
HR8A5921.jpg
「旋回中にフロントのグリップが抜けてアウトに膨らむ場面がありましたが、『まだ行ける、まだ行ける』と横から無責任な応援をしていました」という藤澤/加藤が2番時計。
「ノートのページが上手くめくれずに、中盤でアタフタしてしまいました。指の潤いが不足しています。冬は指の乾燥には要注意ですね」とコドラレポート。
HR8A5933.jpg
2番手の藤澤にコンマ3秒に詰め寄る走りを見せて反撃を開始しだした田中/佐野。

SS3
トップ3が1分48秒台に揃った中、
HR8A6198.jpg
ベストタイムは田中/佐野でコンマ2秒差で今シーズン最初の1番を獲得した。
HR8A6188.jpg
「スタート直後のクランクは昨年のエンドレスラリーで非常に痛い目に遭いリタイアに追い込まれた部分」と慎重に行った藤澤/加藤が2番時計。
「自分の悪い癖の“短い距離でコーナーが続くときにコースとノートが合わなくなりチグハグしてしまう傾向”が少し出てしまいました」とコドラレポート。
HR8A6239.jpg
3番時計を出したニシノ/ヨシノだが、トップ争いもここまでだった。

SS4

藤澤、ニシノ、田中と続いたベストタイムの取り合いは、田中/佐野が連続で奪い藤澤との差を3.1秒に縮めてきた。
HR8A6494.jpg
ファーストステージ以外は2番手タイムを出している首位を守っている藤澤/加藤。
「ベストは取れないけど、出来るだけベストタイムから離れないように走れています」とコドラレポート。
HR8A6514.jpg
なかなかトップ3に絡めないが和気/白尾が3番時計を出してきた。
HR8A6538.jpg
スピンをしたニシノ/ヨシノ。この後のコースオフで優勝争いから姿を消してしまった。

SS5
「今日のような気温がそれ程下がらず、路面にシャーベット状の雪が残っているようなコンディションでは、ガンガン横に向けて踏んでいった方が速い」という鎌田卓麻のアドバイスを受けて、田中/佐野が3連続のベストタイムを出してきた。
4連続の2番時計で田中を抜かせない藤澤/加藤。
「スタートからの前半はインにきっちりつくような走りで良いテンポだったのですが、中盤でブレーキを余してしまう場面があってちょっとテンポが悪い感じになり、全体的にダラ~っとした感じになりました。氷でツルツルになったところは、とにかく我慢して抜けれたかなと思います」とコドラレポート。
コンマ1秒差の3番時計は村里/鈴木。

SS6
ベストタイムは優勝争いから脱落したニシノ/ヨシノが意地を出してきた。
最終SSで逆転を狙って田中/佐野がアタックしたが、痛恨のバックギアを使うことになり2番時計で藤澤を捕らえることは出来なかった。
「SS1のマージンを最後まで何とか残すことが出来たのも、去年の成果が活かされたと思います」と、
HR8A6954.jpg
逃げ切りに成功した藤澤/加藤。「二足のわらじは辛いので、今年はラリーに集中で行こうと思います」と、開幕戦を制した。
ラストのコドラレポートは、「いくら悩んだところで状況は変わらないので、周りのタイムは考えずに自分達の走りに徹することにしました。昨年は最終SSでスピンして非常に悔しい思いをしていたので、その点をふたりで再確認してスタートしました。タイムダウンで3位タイムでしたが、何とか逃げ切り良い形で2012年のスタートを切ることが出来ました」


ジュニアCクラスのような盛り上がりが感じられないジュニアBクラスは、今シーズンも3台のエントリーからスタートした。
チャンピオンのダイモン ケイスケが地方選手権クラスにステップアップして抜けてしまったが、新たに加わる話が聞こえてこない。ただ、昨年もそうだったがターマック戦から増えることに期待しよう。

SS1
HR8A5693.jpg
このラリーの連覇を狙っている山口昌洋/山口美由紀は、当然のようにベストタイムを出してきた。
HR8A5706.jpg
ストーリアに乗り換えてラリー2戦目の水澤孝文/水澤由紀子が2番時計。
HR8A5695.jpg
「完走出来ればいいです」と謙虚なコメントを残した佐々木良太/マッチョン。

SS2
HR8A5973.jpg
連続でベストタイムを出して差を広げてきた山口夫婦。
HR8A5977.jpg
水澤のコースオフもあって2番時計は佐々木(良)/マッチョン。

SS3

手を緩めない山口夫婦は3連続のベストタイムで勝利に近づいていく。
HR8A6284.jpg
2番時計を出した水澤夫婦だが、佐々木(良)とはコンマ差で逃げた。

SS4
HR8A6546_20120201000745.jpg
全SSでベストタイムを出した山口夫婦が、
HR8A7015.jpg
2連覇で今シーズンの1勝目を飾った。
HR8A6553.jpg
水澤の自滅もあったが「2位で上出来」と、走り切ったことで冬はOKの佐々木(良)/マッチョン。



スポンサーサイト

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2012/02/01(水) 00:17:41|
  2. JMRC北海道ラリーシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hokkaidorally.blog91.fc2.com/tb.php/201-c409c62d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad