FC2ブログ

北海道のラリー情報交換サイト「Rally Do!」ブログ

北海道地区のラリーの情報を幅広くお伝えするブログです。

「この人を紹介」 4人目

「この人を紹介」4人目

K-Carクラスチャンピオン 岡村 巧

今回登場してもらうのは、K-Carクラスの初代チャンピオンに輝いた岡村 巧選手です。2007年のジュニアAクラスでチャンピオンになって以来のシリーズ制覇でした。

写真1HR8A3288

──初代チャンピオンおめでとうございます
岡村「ありがとうございます。初代っていい響きですね」
──自己紹介から
岡村「岡村 巧(おかむら たくみ)36歳です」
──家族は
岡村「妻がひとり(笑)と、子供は娘がふたりです」
──住まいは
岡村「帯広です」
──帯広といえばラリージャパンやラリー北海道で世界的に名前が売れたけど、何か変わったことはあった
岡村「変わったことといえば、ラリーと言って分かってもらえるようになったことですかね。ラリーといえばパリダカでしたから。仕事柄遠くへ行く時は届を出して理由を書かないといけないんですけど、『ラリーに出る』と言ったらすんなり通用するようになりましたから」
──仕事は自衛隊だよね
岡村「そうです」
──所属部隊を教えて
岡村「本気出していいですか」
──いいよ
岡村「第5後方支援隊第1整備中隊車両整備小隊です」
──覚えているの
岡村「もちろん」
──無駄に長いよね(笑)
岡村「・・・(笑)」

写真2HR8A7533

──競技を始めるきっかけは
岡村「やっぱり親父ですかね」
──岡村寛一さん
岡村「そうです。親父の影響が大きかったですね。小さい時からラリーが身近にありましたから」
──競技歴は
岡村「競技を始めてから18年が経ちます。でも、その中に7年のブランクがあるんですけど」
──ブランクって
岡村「クルマを壊してしばらく休んでいました」
──最初からラリーを
岡村「ラリー志望だったんですけど、始めた時は学生で、確かそのときは年齢とかの制限があってラリーに出れなかったんです」
──それでダートラを
岡村「入った学校が全寮制でクルマの持ち込みがダメだったんですよね。それで親父にクルマを持ってきてもらって砂川に行っていたという感じです」

写真3HR8A4454

──最初に乗った車は
岡村「スバルのレックスです」
──親父さんの
岡村「いえ、伯父さんのクルマです」
──最初の競技車は
岡村「親父が見つけてきた34のカルタスです。古谷(憲仁)さんが乗っていたクルマだったらしいです」
──競技車歴は
岡村「カルタスの次がCA4Aミラージュで、ブランクがあってアルトです」
──3台?
岡村「そうです」
──ミラージュの後がブランクなんだけど、そのミラージュって
岡村「ミラージュの話ですか」
──ミラージュの
岡村「カマタスポーツのミラージュだったんですけど、プレイドライブの伊吹(浩明)さんと三笠のラリーに出たんですよ。いまのようにレッキが無いときで、過去のデータでなんとなくノートは作っていたんですけど、危ないところが一ヶ所あるって伊吹さんも覚えていたみたいで。それが、その場所に来た時に『いま』って言われて。『えっ、ここ』って。もう遅いですよね。コースから居なくなりました」
──イブちゃんが悪いんだ
岡村「そうですね(笑)」
岡村「いえ、自分が悪いんです」
──それでミラージュからアルトになったんだ
岡村「ブランクはありましたけど」
──軽はどう?
岡村「ランニングコストを抑えれるのが魅力ですね」
──具体的には
岡村「すべてが安く済みますから。クルマも安く見つけれますし、パーツも安いですからね。高いのもあるのかな。タイヤなんか3年も買ってないですからね」
──それはお金が無いから
岡村「それもありますけど、減らないですから」
──ところで、奥さんは何も言わない
岡村「何も。本当は思っているんでしょうけど、言わないですね」
──練習とかでいつもいない、なんて言われない
岡村「練習は本番前に1回だけです」
──少ないね
岡村「少ないですね。でも、ガソリン代を掛けないとかクルマを消耗させないとか、僕なりに気を使ってるんですよ。通勤もちゃりんこにしてますし」
──家庭があると大変だよね
岡村「そうですよ」

写真4QL8Y6034

──今年は全戦違うコドラを乗せたけど
岡村「全員に優勝を経験させれたので、満足してくれたと思います」
──ラリーに誘い込もうっていうのは
岡村「すぐには無理かもしれませんが、ラリーの楽しさは知ってもらえたと思うので、ちょっと時間はかかるかもしれませんけど、意欲はあるのでいつかは出てくれるんじゃないですかね」
──第5戦では年配の方を乗せてましたね
岡村「深澤さんですね。退職間際の方でした。あっ、もう退職したのかな。」
──出てきそう
岡村「いま奥さんを口説いていると思います」
──初めての人だとペースノートとかどうしたの
岡村「本番前に練習もしましたが、セミナーを受けていたりクローズドで経験があるとか素人ばかりじゃ無かったので違和感はなかったですね。深澤さんも最初は無理だったけど、3本目ぐらいから読めるようになってきましたからね」
──タクミは英語でやってるの
岡村「いえいえ、日本語です。レフトとかライトって言われてもどっちか分からないし。LやRって言われてもね。右、左ですよ。うちのクラブには英語の人もいるけど、僕は日本語です。そういう質問もされたけど、ドライバーに合わせてやるしかないって言いましたね」
──ペースノートにはいろいろ入れるの
岡村「僕のは単純だと思いますよ。難しいこと言われても理解できませんから。自分が聞いたときに理解できる範囲で作ります。世界とか全日本とかのトップの人達は別かもしれないけど、僕はノートの無い時代の古い人間ですから、有視界を補う程度かもしれませんね(笑)。ペースノートから入った人は、ノートをあまりにも重視しすぎてるんじゃないですかね。最近は特にそう見えて。情報とかを入れるのは悪いとは言わないけど、読まれてすぐに理解出来るのかなって。中にはノートを読んでくれるまで待つ人もいますからね。」
──それに対しては
岡村「まず、アクセルを踏むことでしょう」

写真5QL8Y7331

──素人を乗せて自分にもプラスになった
岡村「はい。教える立場になったので、いろいろと質問されるので改めてラリーと向き合えましたね。気持ちの持って行き方とか、SS以外のリエゾンのことなんかもいままではコドラに任せてましたからね。受付から勉強しなおせました」
──良かったこともあったと
岡村「そうですね。走りのことは別にして、得るものはありました」
──K-Carクラスについて
岡村「なんですか」
──今年新設されたクラスだけど台数は増えるの
岡村「いま7台はいますよね」
──そんなにいる?
岡村「今年出場したのが7台ですから。他に石橋(栄)さんも居ますし、古谷さんも来ますから、抜けた人がいても台数は確保出来るんじゃないですか」
──でも新車は無いよね
岡村「そうですけど、まだ競技で使える軽を持っている人がいると思うし、眠っている競技車もあるんじゃないですか」
──増やす努力は
岡村「もちろんしていますよ。ラリー洞爺に一緒に出た小笠原さんもそうですが、いろいろと声は掛けています」
──台数が増えるといいね
岡村「そうですね、ランサーやインプレッサもいいですけど、ラリーを始める人にも、しばらく休んでいたけど復帰する人にもこのクラスに出て来てほしいですね」

写真6QL8Y6040

──軽に乗ってて怖いことは
岡村「ん~。無いかな」
──無い
岡村「100km/hを越えるとドアがバタつきますから、そういうときは悪いことが頭をよぎることがありますが」
──バタつくのはクルマが悪い
岡村「それもありますが(笑)、ちょっとドキドキしますね」
──転ぶとヤバイ
岡村「怪我もしたくないけど、なにより競技を長く続けるためにも壊したくないですから」
──無理しない
岡村「落ちないように、危ないところは抑えて」
──長く続けるにはそこか
岡村「壊さないこともそうですが、本当は部品なんかも贅沢に定期交換したほうがいいと思うんですけど、我慢できるとこは我慢して極力お金を掛けないこともそうだと思います」
──お金をかけなくてもチャンピオンになれたと
岡村「勝負が出来るようになったのはここ3~4年ですよ。勝負をかけている人は別かもしれませんが、長く続けているといいこともあります」
──ライバルは
岡村「正直、ラリー洞爺までモチベーションを保つのが大変でした。洞爺で轍(わだち)が出来た時のベテランの走りには驚きましたから、谷岡(一幸)さんですね。いっきに20秒もやられた時がありましたから。でもペースを少し上げた時に落ちてくれて助かりましたけど。あと、古谷さんですね。ハマると速いですよ。冬も速いし、濡れたところも速いですから」

写真7QL8Y5544

──来年は
岡村「いままでサービスって行ったことがないので、サービス要員で参加することもあります。冬は走行会をしようと思っているので、それに専念します」
──じゃあシリーズは
岡村「再来年頑張ります(笑)。来年は十勝で開催されるオールスターラリーで頑張りますよ。そのために新車を作っています」
──新車を
岡村「新車って言ってもアルトですけど。いままでイチから競技車を作ったことが無いので、やってみようかと思って。いま使っているパーツを移植しますけど、ハコは新しくなります」
──4台目だ
岡村「そうですね。いまのアルトも新車(笑)の目途が立てばファイナルアタックをしようと思っています」
──楽しみだね
岡村「期待していてください」
──最後にひと言
岡村「ラリードゥの更新をこまめにしてください。楽しみにしていますから」
──聞かなかったことにします
──クルマ作りも走りも頑張ってください
岡村「ありがとうございます」


2011年のレポートは今回が最後です。今年1年間ありがとうございました。まだまだやりたいことや、伝えたいことがあったのですが、来年以降に頑張ります。
みなさん、良いお年を──────


スポンサーサイト



テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/12/31(土) 00:00:29|
  2. この人を紹介
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hokkaidorally.blog91.fc2.com/tb.php/191-b8b1950b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)