北海道のラリー情報交換サイト「Rally Do!」ブログ

北海道地区のラリーの情報を幅広くお伝えするブログです。

おっちゃんの独り言 第35回

おっちゃんの独り言 第35回

フォトジェニック賞

3年前のモータースポーツ表彰式から、フォトジェニック賞なるものを出しています。オイラが撮った写真の中から、1枚を選んで(昨年はチョット違ったけど)パネルにして贈っていますが、喜んでいただけているでしょうか。レースはごめんね。むかし、サーキットで礼儀知らずのメディア(たぶん東京から来た)に会ってから撮りに行ってないもんだから、レースからはフォトジェニック賞が渡せないんです。

でも、これが意外と大変なんですよ。

まず、誰にしようかなんですが、表彰式に出席する人の中から選ばなきゃいけません。ということは、表彰対象者で、必ず表彰式に来る人となるのですが、これが厄介なんですよ。「出席します?」って聞くわけにもいかないしね。ましてや招待もされていない人に「来てください」とも言えないし。オイラがステージ上から名前を呼ぶまでは内緒になっていますからね。内緒っていうことはないか。思い出したけど、1回目の時に(佐藤)茂樹さんに「なんで協賛各社に名前があるの?」って聞かれて、さすがに「あなたに写真を贈るためですよ」とは言えなくてさ。ごまかすのに大変だったこともあったし、クラブの代表に「必ず連れてきて」と頼んだことがあったよ。オイラから直接頼んだわけじゃないけど理由も言わないで「連れてきて」もないもんだけど、他人の写真をもらっても嬉しくないからね。っていうか、本人じゃないと贈れないしね。「来れなくても仕方ない」って言ってくれる人もいるけど、オイラも本人に渡したいし。だから、表彰式の招待状が届くことが大前提だけど、出席してくれない人は選びません。っていうより選べません。

選手のみなさん、来年も表彰式に呼ばれるように頑張ってくださいね。

そして、もっとも重要なポイントがあります。
それは、贈られた選手が喜んでくれるかどうかです。大事だよね。いい写真と思って選んでも喜んでくれないと、オイラのプライドが許しませんからね。「自分のクルマがパネルになったら嬉しいよ」って言ってくれますが、かっこいい写真じゃないと部屋に飾らないよね。ところで、過去に贈ったパネルはどうなっているのかな。押し入れとかで眠っていたら悲しいよね。だから、オイラがかっこいい写真を撮らなきゃ。もちろんピントが甘いとパネルにしたときにボケてしまうからバッチリ写すことが大事ですが、やはり構図が大切です。どこで、どう写すかはオイラが決めているので、かっこいい写真が撮れないとオイラのせいですが、「被写体が悪いんだ」と思う時もあります。被写体って解ります? そうです、走ってくる選手のみなさんです。オイラが狙っている通りに走ってこないのが悪いと言い聞かせます。が、やはり悪いのはオイラかも。だから、オイラがいるところはオーバーアクションになるくらい攻めてきてくださいね。そうしたらかっこいい写真が撮れるかもね。

まっ、
嘘でもいいから、オイラからパネルを贈られたら人は喜んでね。


で、今年はラリーのジュニアCクラスでチャンピオンになった藤澤和弘/加藤孝輔組に贈らせてもらいました。
QL8Y2708.jpg
その時の写真がこれです。
藤澤くんが喜んでくれたので、贈って良かったよ。
北海道シリーズ第5戦の砂川で撮った写真をパネルにしましたが、ここで問題です。コドラの加藤くんに何にも無いのが解ったのが金曜日でした。表彰式の前日ね。パネルを作る時間もないし、ドライバーのクルマの写真を貰っても嬉しくないと思って、加藤くんには
QL8Y3121.jpg
今年までジムカーナで戦っていたインプレッサの写真にしました。上の写真で手に持っている小さな写真がそうですが、一応Lサイズでプリントしたんだけど。それだけでは悪いので画像データも渡したので好きに使ってくれると思います。こちらも喜んでくれたので良かったですわ。



コドラのみなさん、次からどうしたらいいでしょう。


スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/12/06(火) 00:03:41|
  2. おっちゃんの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hokkaidorally.blog91.fc2.com/tb.php/185-d08029a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad