FC2ブログ

北海道のラリー情報交換サイト「Rally Do!」ブログ

北海道地区のラリーの情報を幅広くお伝えするブログです。

北海道ブリザードラリー2011ラリーレポート2WD1.5&K-Carシリーズ編

北海道ブリザードラリー2011ラリーレポート2WD1.5&K-Carシリーズ編

チャンプ佐々木が開幕戦から金メダル

2WD1.5クラスの初代チャンプ竹下紀子が欠席とはいえ、昨年のシリーズチャンピオンの佐々木博未をはじめ、佐藤茂樹や和田 誠、スイフトの泉 祐悟、そしてやっと姿を見せた南 篤典と、開幕戦から役者がほぼ顔を揃えた2WD1.5クラス。ただ、中西貴晃は転勤で北海道を離れたため、道内での参戦はしばらくお預けとなってしまうのではないだろうか。
SS1、2011年のファーストステージは1番手スタートの佐々木が出した1分45秒3がターゲットタイムとなったが、後続の佐藤や和田が走っても佐々木のタイムを破ることが出来ない。

しかし、リピートとなるSS2では佐藤が

年齢を感じさせない(失礼)走りでトップタイムを刻み、佐々木を逆転する。このSSで1本目を3番手に付けていた和田がスタックで5分のタイムが与えられ、トップ争いから脱落している。セクション1の順位は
トップが
QL8Y6089.jpg
佐藤茂樹/近添幸司の最年長コンビ。
2位が
QL8Y5430.jpg
逆転された佐々木博未/松井浩二。
3位に
QL8Y5479.jpg
今年は唯一のスイフト使いとなってしまいそうな泉 祐悟/小池征寛。
4位に
QL8Y5498.jpg
新米パパになった南 篤典/脇屋知子。
5位は
QL8Y5464.jpg
SS2のスタックで最下位になってしまった和田 誠/宗片さおり。

サービスの後のSS3、「走りはどうですか?」と聞いてきた
QL8Y6762.jpg
佐々木が、再びトップタイムを出して佐藤から首位の座を奪い返した。2番時計は
QL8Y6812.jpg
佐々木と同じラインを走ってきた泉が記録し、トータルで3番手をキープしている。ふたりのタイムを見ると、インの雪があるところを走るのが正解だったということか。このSSでは今度は南が滑る路面の餌食となっている。
SS4は佐々木が3.4秒差を佐藤に付けてトップを死守し、2番時計は
QL8Y7370.jpg
和田が付けるが「ショックを探さなきゃダメかな」と、他の選手とのタイム差を見てセティングの変更を考えているようだ。SS4本が終わって佐々木と佐藤のタイム差は4.4秒、セクション3のSSは2本、2.6kmを残すのみとなってしまった。

サービスBを受けて、太陽がまだ高く明るい時間にスタートしたSS5で
QL8Y7752.jpg QL8Y7762.jpg
佐藤がトップを奪い佐々木を再度逆転する。このSS1本で佐々木とのタイム差は8.3秒、逆に3.9秒のビハインドを付けてトップに立ち最終SSを迎えた。
「スタートを待っているときからだんだん前が見えなくなってきたんだよね。ライトを付けてもダメでさ、コースが全然見えないんだよ」と、日が沈みかけた夕暮れの4時半過ぎに最終SSをスタートした佐藤がゴール後につぶやいた。
QL8Y8122.jpg
「若い人は分からないだろうけど、ひどいね。真っ暗ならライトで見えるんだけど」と、佐藤が記録したのはこのクラスの最遅タイム。見ていた関係者も「どうかしちゃったの」という走りだったようだ。
QL8Y7467.jpg
最終的に軍配は佐々木に上がり
QL8Y8203.jpg
またしても逆転されてしまった佐藤は2011年を白星スタートとはいかなかった。


初代ウィナーは西浦 力

今年から新設されたK-Carクラス。軽自動車であれば過給機の有無を問わずに参加出来るこのクラスだが、やはり主力はヴィヴィオやアルトワークスになると思われる。ただ、ターマック戦ではビートやカプチーノなんていうのも面白い存在になるのでは。周りで眠っている軽自動車があれば参加するのも面白いと思うのだが。

岡村 巧が不出走となった(急に腰が痛くなったらしい)が、開幕から4台の参加を集めたK-Carクラス。出走した3台の顔ぶれを見てみると、昨年はジュニアAクラスに参戦した水澤孝文と、チャンピオン戦とジュニア戦の両方に出場した西浦 力。そして一昨年、昨年とクローズドクラスに出場していた北倉裕介が緒戦の顔ぶれとなった。昨年はチャンピオンAクラスで3戦、ジュニアAクラスは2戦しかクラス成立が無かったことを考えると、軽自動車をひとつのクラスにしたことは正解だったのかもしれない。
記念すべきSS1、トップタイムを記録したのは

昨年はジュニア戦で唯一の優勝となる1勝を挙げている西浦。昨年はあまりにも使い込んだ車だったため、「今年はボディを綺麗なのに替えてきました」と、ヴィヴィオを新調してきた。水澤夫婦はスピンで出ばなをくじかれている。
SS2、今度はコンマ差で
シリーズ戦初参加の北倉がトップタイムを奪う。セクション1の順位は
首位に
QL8Y5547.jpg
西浦 力/善方勇太。
2位に
QL8Y5561.jpg
北倉裕介/米山正也。
3位は
QL8Y6129.jpg
水澤孝文/水澤由紀子。
となっている。

サービス後のSS3、連続でトップタイムを刻んだ
QL8Y6870.jpg
北倉が、西浦から首位の座を奪った。このSSで水澤がスタックし5分のタイムが与えられている。続くSS4も
QL8Y7428.jpg
北倉が3連続となるトップタイムで、西浦との差を4.4秒に開いた。

SS5、首位にいた北倉が滑る路面の餌食になり5分がのしかかってトップの座から転落した。一度もスタックしていない
QL8Y7816.jpg
西浦が首位に返り咲き、独走態勢にはいった。SS6でも
QL8Y8219.jpg
トップタイムを出した西浦が、記念すべきK-Carクラスの初代ウィナーとなった。



スポンサーサイト

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/02/12(土) 00:00:13|
  2. JMRC北海道ラリーシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

コメント

<%template_post\comment>


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://hokkaidorally.blog91.fc2.com/tb.php/111-86cf2df5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)