北海道のラリー情報交換サイト「Rally Do!」ブログ

北海道地区のラリーの情報を幅広くお伝えするブログです。

おっちゃんのメディアレポート[2015ラリー北海道編]

おっちゃんのメディアレポート

HR8A0214.jpg
[2015 ラリー北海道編]


HR8A0654.jpg

いや~、良かった。
勝つことを願っていたし、何もなければ勝つとは思っていたけど、やっぱり勝ってくれると嬉しいよ。
せきねんがラリー北海道で勝つのは今回が初めてじゃないけど、ブーンで優勝した時よりも、2年前にミラージュで優勝した時よりも、同じミラージュで勝った今年のほうがジーンときたね。
なんでだろう?
CJミラージュが全日本戦で走れる最後の年にグラベルシリーズで全勝を決めたからかな。
それもあるけど、
応援しているみんなの気持ちがひとつになったからなんだろうね。
な~んて書くとオイラらしくないか。


今年もラリー北海道の始まりは

QL8Y6582.jpg
鉄分補給から。
「ラリーのブログなのに、最近は鉄道関係が多いよ」
なんて言われたけど、全日本戦の前の鉄分補給は接待ですから。ここは強調しますよ。接待ですから。
木曜日は確認したい道があったのでオイラもレッキに。でも、
「レッキはコースに入ってもいいんだけど、山でダメって言われたらそのときは・・・」
と言われて陸別町の先に。
「メディアですけど入れてもらえますか?」
って丁寧に言ったら、無線で確認して帰ってきた答えが
「終わるまで待っててください」
だと。これから選手のレッキが始まるから何時間も待ってるほど暇じゃないんだわ。で、素直に引き返したけど、後で来たメディアはいろいろあったようだけどコースイン出来たとか。まっ、オイラは素直だからね。

金曜日からオイラもラリーモード全開ですわ。

QL8Y6635.jpg
朝から車検場に行って、

QL8Y6717.jpg
午後からはシェイクダウンを撮って、

QL8Y6741.jpg
メディアコンファレンスではマイケル ヤングを狙い撃ちしていたらカメラ目線をくれて。それにしてもマイケルは大人になったね。初めて北愛国のサービスパークで会った時には、ダブダブのレーシングスーツを着た少年だったのに。いい男になったよ。
女の子のファンも多いみたいよ。

QL8Y6935.jpg
次は全日本の共同記者会見でせきねんを狙い撃ち。どこ見てんだろうね? 優勝した自分の姿かな? いや、インタビューされたときのおもしろコメントだろうな。

HR8A9064.jpg
サービスパークに戻って雨の中でのラリーショー。雨が降ると選手も大変だけど、サインを待ってるギャラリーの人たちもご苦労さんだね。
でも、どうせ傘を差されるならオイラは可愛いお姉ちゃんがいいな~。そんなことはオイラには一生無いだろうけど。

HR8A9043.jpg
せきねん/のりぴー組は陸別のキャラクターと一緒にパチリ。

HR8A9046.jpg
たくろー/でみちゃん夫婦もパチリ。

HR8A9091.jpg
子供とじゃれ合っているのは紗衣ちゃん。ところで高篠、キミのところはいつ嬉しい報告があるのかな?

HR8A9118.jpg
スタートの前に、ラリー北海道では2組目(間違っていたらごめんなさい)の結婚式。しかも技術委員でよく見る大介じゃない。一回りも下の嫁さんをもらいやがって。羨ましすぎるわ。オイラもどこかにいないかな~。
それにしても、とかち青空レディの目線が怖いな。

HR8A9192.jpg
2015年9月18日、雨の中ラリー北海道がスタート。この後SS1だったんだけどオイラは・・・・。


本格的な勝負が始まる土曜日は、朝から天気予報通りの雨。長期予報では天気が良かったはずなのに、開催日が近づくにしたがって怪しい雰囲気が。誰のせいだ。
ラリー北海道でここまで雨が降ったのはいつ以来だろう。
大雨が降ってコースが川のようになったとき? オイラは笹やぶの中でひとりでラリー車を待っていたら来なくて。雨が強くなったり、あたりが暗くなってきて、熊が出るんじゃないかって心配したりなんかして。それ以来じゃないかな、ここまで降り続けているのは。
でも、この雨が選手の走りに影響を与えたんだね。
で、
SS2に行くメディアが多いっていうんで、オイラはKeigoと最初の林道ステージのSS3ヤムワッカへ。

HR8A9367.jpg

本当はSS4のクンネイワって思ってたんだけど、レッキで入れなかったんでパスしたんだわ。まぁ、SS2まではドラマが無いだろうと思っていたら、ゼッケンは飛んで来るは、来ない選手はいるはで、早くも波乱の展開が。ゼッケン2のG.ギルもSS2はリザルトに名前があるもののAPRCで最下位。リクベツステージでドライブシャフトにトラブルを抱えてしまったようで、ここで姿を消してしまったから写真はなし。
オイラのところまで来なかったのが10台。理由は様々だけど、北海道ゆかりのある選手も数台来ない。困ったわ。スーパーラリーで日曜日を走ってくれれば写真は撮れるんだけどね。


ヤムワッカの次はSS6のリクベツロング2。ここではラリー北海道で行ったことのない観戦ポイントEへ。ここで

HR8A9996.jpg

こんなシーンや

HR8A0107.jpg

こんなシーンを撮影。着いた時にはすでにカメラを持ったギャラリーがいたので、邪魔にならないところへ。ところが、知り合いと話をしている間に、チラチラとこちらを見ていたおじさんがオイラのいたところに来てるではないですか。言っときます。オイラ達がいるところがベストとは限らないですから。メディアのタバードをつけて林道に入るときは別だけどね。


HR8A0238.jpg

リクベツの次はクンネイワ。上のようなカットを撮影。
この日8本目のSSともなると、さらにサバイバルが激化していたようで、全日本組は15台しかこない。確かエントリーリストには38台の名前が載っていたような。すでに半分以上が脱落しちゃったんだ。その中にはたくろー/でみちゃん組も入っちゃってるよ。ここのSSでコースアウトしていたようだね。

HR8A0327.jpg

無事にオイラの前を通過していったせきねん/のりぴー組だったけど、実は無事ではなかったようだね。SS6リクベツの3回目でミッションの3&4速を失っていたとか。ということは、1、2速と5速でここまで走って来たってこと? 
せきねんも
「こんなに頭を使ったラリーはいままでないね」
というように、雨が降っているとはいえハイスピードステージが多いラリー北海道の林道。
「ヤムワッカは何とかなったけど、クンネイワはね。2速では吹けきってしまうし、5速では水たまりで失速してしまって・・・」
と、ライバルがタイムを縮めている中、1本目より50秒以上もダウンさせて順位をクラス3位に落としてしまったよ。

ところが、続くSS10のパウセカムイでライバルの天野/井上組のヴィッツターボがトラブルからタイムが出てない。38.3秒あった差が6.1秒まで縮まったよ。それどころか、JN5をブッチギッテいた石田(雅)/遠山組がSSはゴールしたものの、マシントラブルで止まっちゃった。

今年のラリー北海道も何が起きるか分からないね。


IMG_2720.jpg
明日の勝負、いや逆転のために、この日最終サービスの45分間でミッションを乗せ換えたミラージュ。せきねんも
「この時のために最高のメンバーに揃ってもらってますから」
と、メカニック達にすべてを任せている。
でも、ラリーのメカニックって凄いね。尊敬しちゃうよ。

IMG_2668.jpg
こちらは1分50秒もの大量リードでレグ1を終えた奴田原/佐藤組のランサー・エボⅩ。


日曜日はオイラも悩んだよ。2回撮るんだったらホンベツに行ってオトフケなんだろうけど、バックに風景が写っているカットが無い。レッキをした(ここは入れてくれた)ヌプリパケなら晴れたら景色はいいのは過去にも撮っているから分かっている。ホンベツかヌプリパケか、1回か2回か。前日まで、というか、天気次第では足寄まで行って予定を変更できるように早めに出発、といっても朝6時だけどね。
空は前日とは打って変わって晴天。帯広も晴れていたし、足寄も青空。これは間違いなくヌプリパケだわ、と、斗満(陸別町のトマム)を抜けて林道へ。
「山に行って晴れてなかったらどうしよう」
なんて気軽に心配しながらヌプリパケに行ったら、オイラ達より前にあめふらしさんが。『アチャー』です。
晴れていたのは下界だけでした。

HR8A0534.jpg

雨は降らなかったものの、写真でも分かる通り山には雲で青い空もありません。
ということで、オイラのステージ撮影も終わりと思っていたら、Keigoが
「イケダに行きましょうか」
と、ヤル気のある言葉を。たぶんヌプリパケでスッキリ出来なかったんだなと思ったら、ただ単にサービスパークに戻っても全日本の表彰式まで時間を持て余すだけだったからのようだよ。撮影を数台と決めてイケダステージのメディアロードへ。その前に池田町で豚丼をぱくり。あっ、盗んだんじゃないからね。食べたんだよ。

HR8A0864.jpg

APRCではオールターマックのステージって初めてじゃないかな。



[APRC]

HR8A9355.jpg
APRCで優勝したポンタス ティディマンド/エミル アクセルソン組。チームメートのG.ギルが早々に姿を消したこともあって、初めての北海道ラウンドで全SSでトップタイムを出して完全勝利を飾った。

HR8A0241_20150924144445cb9.jpg
APRCの2位はマイケル ヤング/マルコム リード組。

HR8A0858_20150924144447cfe.jpg
APRCの登録選手で3位になった高山 仁/竹薮英樹組。

HR8A9922_2015092414444827d.jpg
APRCラリー北海道を3位で走り切った増村 淳/中川亜希子組。

HR8A1319.jpg
マスの笑顔が最高に光ってます。頭じゃ・・・・

HR8A9457_20150924144449ae2.jpg
3年ぶりの出場となった馬場宏治はコドラに遠藤 彰を迎えてAPRCを10位で完走。

HR8A0007_201509241444516a5.jpg
中田昌美は萩原泰則のコドラを務めてゴールまで導いた。

HR8A9550_20150924144807997.jpg
地元の金藤公人/近藤善弘組はSS5でストップしてしまったが、スーパーラリーで日曜日も元気な姿を見せてくれた。

HR8A1274.jpg
APRCのシャンパンファイト。おめでとうございます。

HR8A1232.jpg
シャンパンファイトで使われるシャンパンは池田町で特別に作ってもらっているとか。泡がたくさん飛ぶように炭酸を多くしているそうです。

HR8A1339.jpg
優勝チームの記念撮影。



[全日本]

HR8A0283.jpg
今シーズン未勝利の奴田原文雄/佐藤忠宜組は、土曜日に選択したウェットタイヤがドンピシャとはまった。攻めの走りはライバル達をキロ1秒以上も引き離す独走を見せたところも。ラリー北海道2連覇を飾った奴田原/佐藤組だが、ヌタを北海道の地区戦時代から撮っているけど、これほど横を向いてくることは珍しいかも。

HR8A0039.jpg
今季4勝、3連勝で迎えた新井敏弘/田中直哉組は、全日本の先頭バッターでワダチの水掻き係。
「水たまりのたびにスピードが殺されちゃう」
と、ペースを上げれずに奴田原/佐藤組との差が縮まらない。それでも2位を獲得して2015年のシリーズチャンピオンを獲得した。

HR8A0075.jpg
かろうじて最終SSでベストタイムは刻んだものの、今大会の裕矢の走りは精彩を欠いていたように映った。3位でゴールしたものの、炭山裕矢/保井隆宏組に何かあったのかな。

HR8A0935.jpg
JN6の表彰式。

HR8A0051.jpg
2年連続でクンネイワに落とし穴があった勝田範彦/石田裕一組は、シリーズチャンピオンを奪い返すどころか、新井/田中組にシリーズを決められてしまった。残すは勝ち星で並ぶことに全力かな。


HR8A0160.jpg
総合7番手、JN5で優勝した関根正人/竹下紀子組は、今年のグラベル戦をすべて勝ってシリーズも2位に浮上。勝つために出場したが、試練を強いられた戦いは益々せきねんを成長させたかも。ターマックの残り2戦に遠征すると表明したが、果たして・・・・。

QL8Y7178.jpg
このふたりの笑顔が戦いが終わった後の安堵感だろうか。

HR8A9714.jpg
マシンにトラブルを抱えて、またしても関根/竹下組に勝たれてしまった天野智之/井上裕紀子組。2位でシリーズポイントを上乗せしたが、下から関根が睨んでいるぞ。

HR8A9842.jpg
初めての北海道遠征で3位を獲得した中村 修/木村悟士組。
「たいへん勉強になりました」
と、北海道の林道を満喫していたようだ。

HR8A1032.jpg
JN5の表彰式。

HR8A0368.jpg
早々にひとり旅になってしまった岡田孝一/鶴田邦彦組は、この優勝で岡田がJN3クラスのドライバーチャンピオンを決めた。2点足りなくてチャンピオンが決まらなかったコドラの鶴田の願いは
「僕もチャンピオンにしてください」
だ。


HR8A9315.jpg
JN3クラスシリーズ2位にいる鷹野健太郎/尼子祥一組は、SS2リクベツの最終コーナーで天地がひっくり返ってしまった。

HR8A9330.jpg
ここで勝ってJN2のシリーズリーダーになるはずだった田中伸幸/藤田めぐみ組は、SS2で予定が狂ってしまったようだ。

HR8A0680.jpg
今井 聡のコドラを務めた北川紗衣だったが、SS3でレグ1を終えてしまっている。

HR8A0718.jpg
元いすゞのワークスドライバーだった坂 明彦が今年から全日本戦に復帰してきた。SS3でリタイアしてしまい結果らしいものはいまだ残していないが、今後に期待したい。今回は山田政樹がコドラを務めた。

HR8A9632.jpg
調子は? と聞くと
「良くなっているよ」
の言葉通りに、2番時計、3番時計を連発する速さを見せたのだが。メカニカルトラブルでリタイアするまで総合の2番手にいた鎌田卓麻/市野 諮組は、惜しい大会を逃してしまった。

HR8A9790.jpg
参戦を決めてからもいろいろとトラブルがあった松倉拓郎/松倉英実の夫婦コンビは、SS3のヤムワッカでトップタイムを出すなどSS7までJN5の3番手にいたが、SS8でコースアウトして止まってしまった。

HR8A9808.jpg
カメラマン仲間(毎回書いてるかな)の山口貴利/山田真紀子組はミッショントラブルでSS9でストップしてしまう。それにしても5速だけでよく川西インターまで来たよね。

HR8A0143.jpg
2番手に220秒の大量リードを築いていた石田雅之/遠山裕美子組は、SS10のパウセカムイを出てきたところでストップしてしまう。原因はデフのオイルが無くなってしまったからのようだよ。


[オフシャルカー]

HR8A0397.jpg
00カーのドライバーはやまけん。

HR8A9347.jpg
0カーのドライバーはこずゑ姐さん。

HR8A9555_20150924143945e2a.jpg
APRCと全日本の間に走るスウィーパーのドライバーは伊藤くん。

HR8A0778.jpg
スウィーパーのドライバーは森清さん。


終わってみるとAPRCのリタイアが9台、全日本が25台と、聞いたことがないほどの台数が十勝の山で散っちゃったよ。いかにサバイバルだったかが分かるね。その中でも、きっちりとタイムを出す走りは凄いね。
また来年、どんな勝負が観れるかな。



ということで、オイラのラリー北海道は終了後の鉄分補給も含まれているので、行ってきました。

QL8Y7418_201509241421221c5.jpg

QL8Y7456_201509241450405a5.jpg






スポンサーサイト
  1. 2015/09/24(木) 14:52:37|
  2. おっちゃんのメディアレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

関根/竹下組が優勝!

2015ラリー北海道 速報

関根正人/竹下紀子組が優勝!

HR8A0998.jpg


おめでとう!


  1. 2015/09/20(日) 21:57:48|
  2. おっちゃんのメディアレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とかち2015 特別規則書

とかち2015 特別規則書

HR8A2990_20150914232347563.jpg

北海道ラリーシリーズ第6戦『とかち2015』の特別規則書が、主催クラブRTCのホームページにアップされました。


特別規則書

  1. 2015/09/14(月) 23:27:10|
  2. JMRC北海道ラリーシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad