北海道のラリー情報交換サイト「Rally Do!」ブログ

北海道地区のラリーの情報を幅広くお伝えするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おっちゃんのメディアレポート[2015 ARK ラリー洞爺編]

おっちゃんのメディアレポート
[2015 ARK ラリー洞爺編]

IMG_1498.jpg



HR8A8934.jpg
JN6クラスは新井親子が1-2フィニッシュを決め、

J01037.jpg
JN3クラスでは広島県から来た新婚さんが優勝し、

J01060.jpg
JN2クラスでは苫小牧のおじさんが速さを見せつけたけど、

J01260.jpg
なによりも、ガレージ・セキネンの師弟コンビがJN-5クラスで1-2でゴールしたことが嬉しかったね。最高の結果だったんじゃない。


いつものようにラリー前には鉄分補給ということで木曜日に出発だったんだけど、いつもと違ったのは、木曜まで仕事だったこと。水曜の深夜というか木曜の早朝というか、札幌に帰ってきたのは良かったんだけど、数十分の睡眠ならぬ仮眠で千歳空港のエアーカーゴへ朝6時着で。その後札幌と千歳を1往復してやっと解放されて、また千歳空港へ。一緒にラリーに行く友達を迎えに行ったんだけど、1日3回も空港に行くなんていままで無かったことだわ。
そして豊浦に・・・。

QL8Y2285.jpg
そして補給した写真がこれ。JR礼文駅(礼文島じゃないよ)の長万部側にちょっといったところのポイントへ。北斗星の運行は後2ヶ月を切ったということで、どこへ行っても撮り鉄さん達がいますが、ここにも先客が。後からもいらした方がいたけど、変だよね、平日だよ。あっ、オイラ達も傍から見たら一緒か。

IMG_1502.jpg
メディア受付を済ませてオイラもレッキへ。オープニングで使った写真が、コースから見える洞爺湖。雲があるから湖が青くないけど綺麗だよね。ここでラリー車を絡めてって考えると、高い足場を組んでふかんで撮らなきゃダメかな。って、ここはメディアポイントじゃないからはなから無理だわ。レッキを終えて、美味しいソフトクリームを食べて小休止。ここはコーンまで美味しいよ。


J00510.jpg
「グラベルでGRBと比較してないから走ってみないと分からないね」
と言っていた新井敏弘/田中直哉組。林道ステージが始まったSS2でベストタイムを出すなど3秒のリードで最終SSに戻ってきたけど、
「林道で頑張っても、ここで(SSSのVOLCANO)2秒以上も負けちゃうんだよ」
と、0.9秒差に詰められてDay1を終えた。40km弱のステージを走って築いたマージンも、たった700メートルのSSSで差は無くなっちゃうんだから、走るのって難しいよね。
Day2は後ろから来る(炭山)裕矢との差を見ながら走ったのか、林道SSは息子の大輝に譲ってベストは無かったものの、この大会2連覇を飾った。ただ、昨年は2位との差が22秒もあったのに、今年は10秒も縮んでいるのは親の愛情? 
いやいや、この親子に限ってそれは無いな(笑
でも、親子でワンツーなんていままで無かったんじゃない?

QL8Y4205.jpg
一昨年はオープンに出場してコースアウト。昨年は0カー。そして今年は逆転劇を演出して2位を獲得した新井大輝/伊勢谷 巧組。Day1の6番手から、林道ステージをパーフェクトで走って逆転したDay2の実力は認めなければいけないかな。トシはまだまだライバルとは言わないだろうけど、大輝の心の中は早くおやじをやっつけることしかないと思うよ。フィンランドでのトレーニングで、益々ラリーストとして磨きがかかってくるのを楽しみにしてるよ。
J01210.jpg
表彰式で変顔(本人が意識してやってます)が出来る心臓を持ってるんだから大丈夫だわ。

HR8A8828.jpg
大輝に逆転を許してしまい3位に落ちてしまった炭山裕矢/保井隆宏組。走りは安定してるけど、もう若くないのかな。

QL8Y3235_20150711183650e11.jpg
ベストタイムからラリーをスタートさせた奴田原文雄/佐藤忠宜組だったけど、その後はヌタらしい走りが見れなかったのは残念だったね。

HR8A8190.jpg
今シーズン初ラリーとなった石田正史/宮城孝仁組は、Day1のLAVENDER LONGでトシと同秒のベストタイムを出すなどの速さを見せて5位でフィニッシュ。

HR8A8139.jpg
Day1は3番手で終わっていた勝田範彦/足立さやか組だったけど、Day2の昼のサービスアウトで30秒のペナルティを受けてしまい6位に。

J00160.jpg
初全日本戦を11位で完走した大藤潤一/秋山美紗子組。Day2でインカムから
「ハンドルが落ちた」
の夫の声にも、意味が分からずにペースノートを読んでいた妻。ある意味いい組み合わせなのかも。
J00611.jpg
この時はすでにハンドルが・・・。大藤からひとこと
「頑張って走ってましたよ」

HR8A8723.jpg
昨年はDay1で終わっている井土卓治/佐々木 尊組。いままでは『ラリーを楽しんで』って言えたけど、もうそんな次元じゃないよね。
J00662.jpg
本人も走りに納得がいって無いようだったけど、練習しかないよ。Day2で順位を落としてしまったけど、無事走り切ったね。

HR8A8172.jpg
なかなかタイムが出せないでいた鎌田卓麻/市野 諮は、SS7でDay離脱。

HR8A8671_201507111844409fd.jpg
昨年もこの川渡りで巨匠から高得点を貰っていた今井 聡/北川紗衣は、SS13で・・・。


J00185.jpg
「競い合って勝つ」
と言っていた関根正人/竹下紀子組。ライバル視しているのは、シリーズ2位にいる天野智之/井上裕紀子組のヴィッツターボ。昨年はシリーズチャンピオンを獲り、もちろんこの大会でも優勝しているから本命なのは間違いないだろうね。
SS2で関根/竹下組がトップを奪えば、SS3で天野/井上組が奪い返す。9.86kmのロングSSでは同秒で走るなど、一進一退の攻防を繰り広げていたのは、外野はオモシロかったんじゃない。
QL8Y3524.jpg
SS5の川渡りがあるステージで関根/竹下組がトップタイムを出して差を3.8秒に広げたけど、SS6から連続で天野/井上組にトップを奪われてSS7で逆転を許してしまった。Day1が終了した時点で2クルーの差は2.4秒、逆転されてしまった関根だが
「勝ちますよ」
と、この日の最終サービスでも自信を覗かせていたよ。
そしてDay2。朝のコンビニで関根に会ったが、気負いは無いようだ。SS9の7.08km地点にいたオイラの前に最初に姿を現したのは関根/竹下組だった。スタートして500メートルほどでコースアウトしている天野/井上組を確認しているはずだが、走りはブレていない。セクション4の2本のSSでトップタイムを出してマージンを築き、後半は無理をしてないようだ。CJミラージュが全日本戦に出れる最後の年、
「絶対勝つ」
と言っていた関根。この短い文章で3回も『勝つ』と書いたが、関根と居るとこの言葉だけが聞こえてきたような。
メディアの中には、2年前のラリー北海道で優勝している関根+ミラージュのコンビだけに、今年は出ないのという声も聞こえてきたが、それは
「どうでしょう?」
J01139.jpg

QL8Y2556.jpg
たくろーには失礼だが、本当に驚いてしまった。
6位に入賞し、SSからの帰りのリエゾンで泣きながらプロポーズしたのが2年前のこの大会。ミラージュをこよなく愛しているたくろーにとって、ミラージュが出場出来る最後の年とあっては黙っているわけにはいかなかったんだろうね。ギャラリーステージのMCで『北海道のミラージュ使いの関根選手』と紹介されていたけど、オイラから見るとたくろーの方がミラージュ使いだと思うんだけど。いや、ただのミラージュ好きだったか。
その松倉拓郎/松倉英美組(旧姓が大矢っていうのを忘れていたわ)が、ベテランのブーンや86をかわして2位を獲得して、関根/竹下組と1-2を決めたのだから驚かずにはいられないね。林道ステージで2番、3番時計を出し続け、Day1は3番手。最終SSでは関根からトップタイムを奪ったんだから、凄いよ。
QL8Y3589.jpg
この川渡りでも3番時計を出したし、今回は褒めてやったね。ゴール後は(もしかしたら天野/井上組を見た時からかな)ふたりともテンションが高かったから、よっぽど嬉しかったんだろうね。3回目の挑戦で掴んだ2位、おめでとう。

J00685.jpg
ある意味、怖い存在だった小倉雅俊/平山真理組。雨で路面がルーズになればブーンの4駆が武器になっていたかも。Day2は1位だったから、1日目の順位しだいでは変わっていたかもね。ベテランはまだまだ健在でJN-5の3位。

J00696.jpg
86勢では最高位のJN-5の4位だった石田雅之/遠山裕美子組。

QL8Y3578.jpg
プジョー208を持ち込んだ草間一朝/菅野総一郎組がJN-5の5位。思っていたよりグラベルが速いんで驚いたわ。

QL8Y3832.jpg
今回は3台のブーンX4が出場。その2番手、JN-5の6位は松原 久/和田義明組。

J00748.jpg
最近、北海道で会うときはラリードライバーとしての貴利だけど、もともと(いまでもか)はカメラマン仲間。山口貴利/山田真紀子組はJN-5の7位。

HR8A8393.jpg
コドラの亀ちゃんは道産子。二瓶 崇/亀森隆志組はJN-5の10位。このDC2も今年限りで全日本から姿を消す。

QL8Y3605.jpg
コドラの聡子さんも道産子。平山十四朗/原 聡子組はJN-5の14位。

J00285.jpg
メディアつながりの若さま。2日ともリタイアしやがって。

QL8Y2629.jpg
先週、このキャラクターが好きそうな人達が洞爺湖に集まっていたそうな。

HR8A8362.jpg
このミニが観たかった。

QL8Y3800.jpg
Day1はトップだった天野智之/井上裕紀子組だったが・・・。


J00312.jpg
昨年はリタイア、今年は優勝と、結婚するとハッピーなことが続くのか全日本戦初優勝を飾った寺川和紘/石川美代子組。
J01040.jpg
新婚さんはこれだよね。

J00786.jpg
開幕2連勝を飾っている岡田孝一/鶴田邦彦組がJN-3準優勝。

J00801.jpg
北海道の地区戦に来ていたのは何年前? 最近では全日本戦でしか会うことが無くなった藤田幸弘/藤田彩子組がJN-3の3位。

J00418.jpg
健太郎がラリーに復帰したのって何年振りだろう。オイラも久しぶりに会ったよ。開幕戦から全戦完走していて、今回もJN-3の4位を獲得した鷹野健太郎/尼子祥一組。

HR8A8484.jpg
久々に復活した西野義人/吉野学典のコンビだったのに、SS9で・・・。
HR8A8853.jpg
西野/吉野組を撮ろうとしたら主役が変わっちゃった。可愛いわ。


J00729.jpg
開幕戦で優勝している田中伸幸/藤田めぐみ組は、北海道のグラベルロードではブッチギリ。昨年はコドラの藤田に上り坂を押させていたけど、今年はスイフトを持ち上げれるようになれと、言ったとか言わなかったとか。

QL8Y2355.jpg
このラリーが始まる前まではポイントリーダーだった高橋悟志/箕作裕子組は、林道ステージで苫小牧のおじさんからトップを奪っているとこがあったけど、やはり敵わなかったようでJN-2の2位でフィニッシュ。

HR8A8532_20150711190002b98.jpg
昨年に引き続いて今年も出場して来た二ツ川英明/遠藤 誠組がJN-2の4位。
QL8Y3714.jpg


J00850.jpg
オープン2クラスに出場した永井秀治/伊藤香織が無事完走。


J00871.jpg
JRCAの動画はこのドローンで撮影されている。オイラも飛ばしてみてぇ~。



知ってはいたけど、やっぱり選手から話を聞かないと文章って書けないわ。いつものことだけど、文章が変なのは勘弁してね。
次はここで開催されるARKスプリント300かな。昨年は来れなかったから今年は・・・



スポンサーサイト
  1. 2015/07/11(土) 19:01:41|
  2. おっちゃんのメディアレポート
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。