北海道のラリー情報交換サイト「Rally Do!」ブログ

北海道地区のラリーの情報を幅広くお伝えするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

おっちゃんの独り言 第105回

おっちゃんの独り言 第105回


先日お邪魔したモータースポーツ表彰式でオイラの耳に入ってきた話があったので、噂話の第2段でも。
数日前に巷で話題になっていた「全日本ダートラに参戦している選手が地区戦ラリーに・・・」っていうのは、まったくの噂話では無かったようだ。コドラの条件が厳しすぎるため(?)いまだに決まっていないようだが、マシンはランサー・エボⅥらしい。ドライビングテクニックのスキルアップが目的のようだが、オイラからすると嫁さん探しが目的のように感じるのだが(笑)。
FTOで戦っている山田裕一は来年もグラベル戦を考えているらしいが、眠っているランサーを甦らせることも頭の隅に残っているという。ランサーで再び走る姿も見てみたい気もするが、Bクラスが減ってしまうのも困るなぁ。
JMRCのチャンピオンBクラスでシリーズチャンピオンになった山口昌洋は、来年も全戦出場を口にしてくれた。是非2連覇を狙ってほしいね。
レンタルマシンでの出場が多かった佐々木良太は、壊れたエンジンを早く直して今年並みの参戦を考えているらしい。
グラベルの2戦しか出場が無かった泉 祐悟は、今年は車検で資金繰りがいかなくて今年は参戦が少なかったようだが、来年は冬からも考えているようだ。
前回名前が出た中からは、伊藤淳郎がオールスターラリーでギャフンといわされてしまったために、来年も地区戦からやり直すような弱気の発言をしている。走ったことが無いようなターマックロードでの戦いだったようだけど、本人はそうとうショックを受けたようだ。
佐藤秀輝はクルマは用意できたようだが、来年の開幕戦までラリー車に仕上がるかが微妙なとこらしい。でも、K-Carクラスで戦う気持ちはバッチリだ。
K-Carでは、昨年のチャンピオン小野太一が資金難で1戦出れればいい方らしい。
岡村 巧のアルトだが、ここに来て西浦 力に譲ったようだ。西浦は冬は仕事で出場は厳しいようだが、夏以降にチャンスがあれば顔を出してくれるようだ。
その岡村だが、益々ラリーから遠ざかってしまいそうだが、単身赴任が終わればスイフトでのラリー出場を考えているようだ。ただ、何年先になることやら。
山田裕一のコドラでグラベルの2戦に出場した鈴木一生が、来年はグラベルラリーにドライバーとして出場することを目論んでいるようだ。ダートラで表彰されている鈴木だけに、どんな走りを見せてくれるか楽しみだ。最終戦に出てきた田邊龍太みたいなことにならなければいいけど。

こんなとこかな。


スポンサーサイト
  1. 2014/12/12(金) 20:51:00|
  2. おっちゃんの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おっちゃんの独り言 第104回

おっちゃんの独り言 第104回

HR8A6780.jpg


12月6日に札幌コンベンションセンターで『JAF北海道地方選手権・JMRC北海道シリーズ戦 モータースポーツ表彰式 2014』があったので今年も行ってきたよ。もちろん協賛各社に名前を連ねているオイラだから招待なんだろうと思っていたら、招待された方のところかどこにもオイラの名前が無いじゃないの。もしかしてフォトジェニック賞が無くなってオイラは用無しになってしまったのかと心配していたら、受付をしていた優しいお姉さま達が(のりぴーとけいこちゃんだけどね)ゲストのクレデンシャルを用意してくれたんで無事入ることが出来たよ。よかった。

表彰はJAF戦から。

HR8A6114_20141207203943847.jpg
JAFのタイトルが復活してから3年。連続でこのタイトルの頂点に立っている山田健一さん。
HR8A6163_2014120720394647f.jpg
そのやまけんを8年間支えてきた大楽 敬さん。今年でしばらく競技を休むことになってしまって、来年からは良きパパに専念するようだよ。

HR8A6126.jpg
やまけんを睨みつけていた(ウソだよ)シリーズ2位の井土卓治さん。キャプテン載せてしまいました。ごめんなさい。

HR8A6168.jpg
A-Cクラスの表彰。まだ乾杯の前でお酒が入っていないせいか表情が硬いわ。JMRCは参戦が2戦以上じゃないと表彰対象じゃないけど、JAF戦の表彰が1戦参加からされるって今回知ったさ。よかったね潤。


HR8A6194_201412072039483b4.jpg
A-Bクラスでチャンピオンになった松倉拓郎さん。前回チャンピオンになった2011年は残念ながらJMRCのタイトルしか掛かって無かったから、たくろーがラリーでJAFのタイトルを獲得するのは今回が初めて。

この時はコ・ドライバー部門でチャンピオンになった中田康伸さんが到着してなかったので写真は無いのよ。中田くんって今年デビューじゃなかった?

HR8A6209.jpg
A-Bクラスの表彰。6位で表彰された前列右の上田 寛さん。
HR8A6222_20141207203949702.jpg
この日のためにモヒカン刈りで登場。写真では分かりにくいので、
HR8A6347.jpg
こんなのも撮ってみた。


HR8A6246.jpg
ドライバーが1点差で2位になってしまったためにひとりで表彰された、A-Aクラスコ・ドライバー部門の宗片さおりさん。

ドライバー部門でチャンピオンの岡田 貴さんは欠席したので写真は無いよ。

HR8A6264.jpg
A-Aクラスの表彰。こっちを見てない人が半数いるけど、オイラの右側で誰が撮ってた?


HR8A6284_20141207204304035.jpg
このふたりの乾杯はトロフィーで。もちろん中にはビールが注がれているよ。ちなみに、和田さんのトロフィーはダートラの。



HR8A6389.jpg
JMRCの表彰のプレゼンテーターは、JMRC北海道ラリー部会部長の藤原篤志さんと、
HR8A6592.jpg
JMRC北海道ラリー部会副部長の岡村寛一さん。

HR8A6400.jpg
5年連続チャンピオンで大先輩の記録に並んだことを喜んでいた山田さん。来年は新記録が掛かっているせいか、表彰式の最中でもコドラの交渉をしていたよ。
HR8A6409.jpg
調べてないけど、コ・ドライバー(ナビゲーター)部門で5連覇って聞いたこと無いよね。どうしてもドライバーばかり気になってしまうけど、大楽さんってすごい記録を残して休みに入っちゃうんじゃない。

HR8A6394.jpg
ドライバー部門の表彰中もひょうきんな一面を見せる加藤孝輔さん。実はVサインをしていたのはオイラにじゃなかったんだけど、カメラを向けたら応えてくれたよ。

HR8A6420.jpg
チャンピンCクラスの表彰。加藤さん寝てるわ。

HR8A6432.jpg
このコンビのツーショットはしばらく無いと思うと寂しくなるね。


HR8A6439.jpg
昨年はジュニアBクラスでシリーズチャンピオンに輝いた山口昌洋さんが、ステップアップした今年に早くもチャンピオンを獲得。
HR8A6443.jpg
新人でコ・ドライバーの両タイトルを手にした中田康伸さん。JMRCの表彰には間に会った。

HR8A6458.jpg
チャンピオンBクラスの表彰。

HR8A6471.jpg
今年からコンビを組んだこのふたり。山口さんの隣はずーっと奥さんだったよね。


HR8A6486.jpg
チャンピオンAクラスでシリーズチャンピオンに輝いた西野義人さん。西野くんのチャンピオンって記憶がないんだけど。
HR8A6502.jpg
コ・ドライバー部門は岩渕亜子さん。表彰式限定のチャイナドレスで登場。式が終わると着替えていたよ。

HR8A6507.jpg
チャンピオンAクラスの表彰。

HR8A6524.jpg
おちゃめな西野くん。隠れてないから。
HR8A6530.jpg
しかしこのふたりの体格差って。もちろんショックの減衰力って右と左で違うよね。


HR8A6544.jpg
ジュニアCクラスで念願のシリーズチャンピオンを手にした田中健一さん。
HR8A6570_201412072048470d6.jpg
「よっぽど嬉しいんだね」という声も聞こえてきたぐらい喜んでいた田中くん。

コ・ドライバー部門の佐野公彦さんは、高速道路が通行止めで会場入りが大幅に遅れたために姿は無し。表彰式の終わりにはいたよ。

HR8A6582.jpg
ジュニアCクラスの表彰。


HR8A6595.jpg
ジュニアBクラスでチャンピオンになった佐藤秀輝さん。肝心のK-Carクラスはシリーズ2位で終わってしまったから、来年はリベンジだね。

コ・ドライバー部門でシリーズチャンピオンになった仲田治夫さんは欠席。

HR8A6612.jpg
ジュニアBクラスの表彰。


HR8A6638.jpg
2年連続でK-Carクラスのシリーズチャンピオンを手にした谷岡一幸さん。
HR8A6644.jpg
今年から谷岡さんの横に乗ることになった吉川高利が初のシリーズチャンピオン。

HR8A6649.jpg
K-Carクラスの表彰。

HR8A6663.jpg
長にあいだコンビを組んできた岸田勇人さんに別れを告げた谷岡さんは、ぐっと若いコ・ドライバーを選んだ。


HR8A6692.jpg
特別表彰されたのは4人。代表して全日本ラリー選手権JN5と全日本ダートトライアル選手権PN2の2冠に輝いた鎌田卓麻さんが、JMRC北海道副運営委員長の西野義人さんから花束を贈られた。
HR8A6699.jpg
表彰された4名は、鎌田卓麻さん(左から3人目)、卓麻のコ・ドライバーを務めた市野 諮さん(右から3人目)、2014年JAFカップオールジャパンダートトライアルPN2クラスで優勝した和泉泰至さん(右から2人目)、2014年JAFカップオールジャパンダートトライアルSA2クラスで優勝した松波克知さん。市野さんはこのためにわざわざ来てくれたらしいよ。

HR8A6727.jpg
オーガナイザー表彰は、代表でAG.MSC北海道の田畑邦博さんがステージへ。


HR8A6736.jpg
オイラが贈るフォトジェニック賞の今年の受賞者は、コドラの宗片さおりさん。ドライバーの和田さんと写真に収まってくれたが、ごめんなさい、写真にストロボが反射してしまったわ。


HR8A6801.jpg

ラリーな人々。今年もお疲れさまでした。



  1. 2014/12/07(日) 20:55:28|
  2. おっちゃんの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おっちゃんの独り言 第103回

おっちゃんの独り言 第103回


今年もあと一ヶ月で終わってしまうよ。11月はそれなりに仕事があったのに、今月がやばい。飲み会の誘いは入って来るのに、仕事の話が少なすぎる。このままじゃ出ていくばかりで入って来るものが無いぞ。だからオイラはいまだにガラケーしか持っていない。なんて言い訳がましいけど、
141121_075445
こんな写真も撮れるからまだまだいいかな。違うか。

忘年会やクリスマス、何でもいいから・・・と、何かと飲む機会が増えるけど、話題のひとつが来年のことじゃないかな。
そこでオイラの耳に入ってきていることをちょこっと話そうかな。


HR8A2580_20141203175516c24.jpg
5年連続チャンプの山田健一は今年と変わらず全戦に出場してくると思うが、コドラの大楽 敬がいったん前線から退くためにいまだにコドラが決まっていないようだ。冬の2戦は最終戦で松倉拓郎と組んだ浅利徹朗を乗せるという話もあるようだが、大会ごとにコドラが変わることもありえるから連覇記録が心配だね。
その山田とJMRCのシリーズ争い(第6戦で決着しちゃったけど)をしていた藤澤和弘は、無理をしない程度の参戦となるようで、冬、ターマック、グラベルの各1戦ずつの予算は確保出来るんじゃないかと。コドラの加藤孝輔が冬に出れないかも、という話も聞こえてきているのでまだ動きがありそうだ。
JAF戦はシリーズ2位となった井土卓治は、まだ何も決まっていないようだ。砂川のダートラでは好成績を治めているから、トライアルも楽しくなっていると思う。
ARKで久々のラリーながら優勝した渡辺 潤と、最終戦で優勝した中村有一のふたりは、グラベル戦の1戦は出場してくるようだ。予算があればプラス1戦があるかも。
その渡辺が勝ったARKには、来年も台数が集まりそうだ。北大自動車部OBの上坂英正は遠征してくるようだし、今年出場した井村真樹はまだ未定のようだが「来年もARKで勝負だ」って言われた選手がいるらしいので出てくるんじゃないだろうか。
大藤潤一は道外への遠征も含めて3戦ほどを予定しているようだし、グラベル戦に遠征してきた伊藤淳郎は洞爺の全日本戦を視野に入れ北海道には顔を出すようだ。
ただ残念なことに、ARKの地区戦やラリー北海道に出場した篠木雄一郎がマシンを手放してしまい1台のCクラスがいなくなっている。でも篠木がラリーを辞めるとは思えないけどね。
残念な話ばかりではなさそうだ。今年念願のジュニアタイトルを手にした田中健一が、来シーズンはチャンピオンクラスにステップアップしてくるようだ。コドラを務める佐野公彦はすでに言われているようなので確かだろう。

5031525.jpg
Bクラスは、JAFタイトルを手にした松倉拓郎は、グラベル戦と本州への遠征(グラベル戦)を考えているようで、タイトル連覇を狙っているとは聞こえてきていない。

HR8A3427_201412031755186a9.jpg
Aクラスだが、地区戦チャンプの岡田 貴は、冬はスキップしてターマックから参戦してくるようだ。今年は1回も勝ってないため、来年は金メダルを是が非でも獲りたいようだ。メダルとともに嫁さんも狙っているという話も入ってきたが、頑張ってくれとしかオイラは言えないわ。
全戦を戦いぬいてJMRCのタイトルを手にした西野義人だが、来年は本業を頑張るそうで全戦出場は無理なようだ。シーズンを追わないことから、コドラの岩渕亜子とのコンビを解消したという噂が入ってきている。西野は来年も洞爺の全日本戦には出場を目論んでいるようだが、気になるのは亜子ちゃんが誰とコンビを組むかだ。
和田 誠は来年もダートラと二足のわらじを履くようだ。ラリーは雪がとけてからの参戦となるようで、最近積極的に行くようになった道外への遠征も考えているらしい。道内戦のラリー、道外のラリー、ダートラと、日程はどうなっているんだろう。来年のオールスターラリーにも興味を示しているようだけど、開催地は九州じゃなかった?
最終戦でプラッツ(エントリーの車名はアメリカ名のECOHになっているけど)にダメージを与えてしまった佐藤博信は、ゆっくりとクルマを直しているようで、いつから出てくるかは分からない。
そして、室蘭の重鎮が3シーズン振りに復帰してくるらしい。シリーズチャンピオンを獲得して鳴りをひそめていたので、どのような走りを見せてくれるか楽しみだ。
また、今年ジュニアCクラスでシリーズ2位になった森 一馬が、ヴィッツに乗り換えて出てくるようだ。このヴィッツ、今年はダートラでチャンピオンになっているし、数年前はラリーでもシリーズチャンピオンに輝いている血統書付き。


4629713.jpg
噂話も入って来ないのがジュニアの各クラス。
ジュニアAクラスは今年1戦も成立していないし、ジュニアBクラスも3戦が成立しているとはいえ、2戦はK-Carクラスの佐藤秀輝が繰り上がって出走しての成立と寂しい。昨年までの台数はどうしてしまったんだろう。
その中で、須藤大介はコドラの渡口 翼が就職で北海道からいなくなってしまうが、数戦は参戦を計画しているようだ。ただコドラはまだ未定とか。
ジュニアCクラスは、チャンピオンの田中(健)がステップアップし、シリーズ2位の森もクラスを変更したため、現時点では台数が減っている。
話が聞こえてきているのは、佐々木智也がチームAKTから来年も走ることぐらいと思っていたら、上田 寛の噂が入ってきた。借り物ランサーで最終戦に出てきた上田はいきなりの1番時計を出して来たが、本来のランサーが用意出来れば冬からシリーズを追うつもりでいるようだ。コドラの山木大輔もその気でいるらしい。
シリーズの後半戦だけ出場する林 嘉寿彦は、仕事の関係でどうしても秋にならないと活動できないようだが、来年は冬も走りたいと意欲を見せている。
今年ラリーに本格デビューしたRTCのルーキー・中村 健は、仕事の都合がつけば全戦出場に意欲を見せているらしい。元気な走りを見せているから、手綱を締めてくれるコドラを探したらいいんじゃないかな。
とあるクル―の動画で一躍時の人(?)となった○橋 ○が、マシンを直しているらしい。それにしたがって、コドラはHANSを買うとか。


4730511.jpg
K-Carクラス。チャンピオンの谷岡一幸は冬の参戦はあるようだが、あとの出場はコドラの吉川高利の体調しだいかも。
ターマック戦でアルトを失ってしまった佐藤(秀)は、新たなマシン(アルトらしいけど)を造るために奔走していたらしいが、マシンが出来たとは聞こえてこない。クルマはあると聞いていただけに、来シーズンは開幕戦から顔を出してほしい。
最終戦で久々に顔を見た岡村 巧は、単身で千歳に赴任している間はダートラに専念するようだ。これで来年もこのクラスは台数が揃わないかと思っていたら、先日のラリーセミナーに出席していた中にこのクラスへの参戦を計画している人がいるという噂も聞こえてきた。是非、本当の話になってほしいね。


噂話ではないけど、来年のTRDラリーチャレンジのカレンダーの中に北海道が入っているね。9月6日に名称が胆振(いぶり)になっているから、スプリント300と併催になるのかな?



オイラの耳に噂話が入ってきたら第2段を書くかもよ。情報をよろしく。


  1. 2014/12/03(水) 17:57:54|
  2. おっちゃんの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

TRDラリーチャレンジ byよっち
TRDラリーチャレンジが北海道で開催されるのですね。
ちょうど私のヴィッツが該当する!(^^)!

byおっちゃん
地区戦に出るか、ラリーチャレンジで名前を売るか悩むよね。

コメントを閉じる▲

おっちゃんの独り言 第102回

おっちゃんの独り言 第102回
                                   HR8A5988.jpg



ここ数年陸別で行われていたラリーセミナー『ペースノート編』が、趣向を変えて『ラリーのいろは』というタイトルで開催されるっていうんで行ってきたよ。

HR8A5942.jpg


翌日は12月になるっていう11月30日に、札幌市の清田区民センターで開催されたんだけど、受講したのは46名(2名ほど欠席だったかな)。定員が30名とかっていってたから、ほぼ満席っていうか、オーバーしてたのかな。たくさん集まってくれることはいいことだよね。現役の選手も数名いたけど、オフシャルも含めてラリーに参加したことが無い人が多くいたことは良かったんじゃないかな。オイラは「また、見た顔が多くいるんだろうな」って行ったから、初めて会う人達が多いことにビックリしたよ。東京から参加した人もいたしね。

ペースノート編から『ラリーのいろは』にセミナーの内容を変えたのは、エントラントも減っているけどオフシャルをする人もいなくなっているから、って聞いたことがあるような気がするんだけど、参加者の中にはオフシャルをしてみたいという人もいて、審判員ライセンスを取得したいっていう人もいたから、これもありかなと思うよ。来年の5月には、また陸別でペースノート編のセミナーをするようだけど。
そこで、ラリーとはなんぞやから始まって、ラリー競技の流れ、ラリーに参戦するには、などなど、講義から始まったんだけど、
HR8A5934.jpg
講師はJMRC北海道ラリー部会長の藤原さん。

HR8A5939.jpg

プロジェクターを使って競技会についてやスペシャルステージの説明、ラリー競技の1日などを優しく説明していたよ。
少しは分かってくれたんじゃないかな。

午前中のもうひとつの講習は、
HR8A5952.jpg
札幌支部ラリー部員の河野さんが講師を務めて、レギュレーションや車両規定、ラリー競技の流れやルールなどを解説。第1部(ラリー的にはセクション1って言ったほうがいいかな)より一歩踏み込んだ内容だったけど、まったく初めての参加者には難しい内容だったところがあったんじゃないかな。まっ、この日だけですべてを知ってもらおうとしても無理だろうけどね。

HR8A5967.jpg

昼食休憩のときには、ラリー車を見学。興味がある人が多いのか、シートに座ってみたり、下回りを覗きこむ人がいたけど、そうだよね、ラリーに興味がある人達が集まってんだからジックリ見るよね。


HR8A5981_201412011522410a4.jpg

午後からは、ラリーを疑似体験。講習会場の机をずらしてTC0→TC1→SSスタート→ラジオ1→ラジオ2→SSフィニッシュ→ストップ→TC2のコースを設置。電波時計もあるし、スタートシグナルもあるし、光電管まで設置されている徹底ぶり。疑似体験だから本番さながらじゃなきゃってことだね。

HR8A6025.jpg
1回目は、岡村副部長がドライバー(?)を務めて見本。スタートシグナルも動いています。

HR8A6036.jpg
各箇所で説明。もちろんフィニッシュやストップでもどうしたらいいか教えてくれる。

HR8A6038.jpg
実際に参加者が選手役とオフシャル役で体験。

HR8A6050.jpg
実際に本番で使用したタイムカードに記入して覚えてもらう。

会場が狭くて距離感がつかみずらかった人もいたようだけど、会場の制限があるからしかたないよね。広い駐車場で本物のクルマを使って、なんて声も聞こえてきたのは確かだけど、贅沢を言ったら切りが無いからね。ラリーの流れはだいたい覚えてもらえたんじゃないかな。


HR8A6070.jpg

最後はラリーに以外のモータースポーツについてや、ライセンスについてのお話。
HR8A6062_20141201151933449.jpg
講師はモータースポーツクラブEZOの前鼻さん。
セミナー終了後には国内B級ライセンスや公認審判員の申請書を書いていった人がいたよ。

今回セミナーに参加した人の中から、何人の人が来年の競技会で会えるかな。たくさんいるといいね。



  1. 2014/12/01(月) 15:29:21|
  2. おっちゃんの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。