北海道のラリー情報交換サイト「Rally Do!」ブログ

北海道地区のラリーの情報を幅広くお伝えするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

2014年JMRC北海道ラリーシリーズ共通規定

2014年JMRC北海道ラリーシリーズ共通規定


2014年のJMRC北海道ラリーシリーズ共通規定が出ています。



2014年JMRC北海道ラリーシリーズ共通規定


スポンサーサイト

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/12/25(水) 16:40:38|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北海道ブリザードラリー2014 特別規則書

北海道ブリザードラリー2014 特別規則書


HR8A8864.jpg


2014年1月19日に北海道ラリーシリーズの開幕戦として開催される『北海道ブリザードラリー2014』の特別規則書が、主催クラブのホームページに出ています。
エントリーの受け付けは2014年1月6日(月)~1月13日(月)18時00分となっているので、忘れずに申し込みを済ませて下さい。

また、入場料や駐車料金は無料になっているので、暖かい服装で観戦に来てください。会場は新千歳モーターランド・ダートトライアルコースです。


北海道ブリザードラリー2014 特別規則書

会場案内図

AG.MSC北海道ホームページ


テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/12/19(木) 16:34:15|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おっちゃんの独り言 第92回

おっちゃんの独り言 第92回


忘年会の二日酔いでスッキリしない日々を送っている今日この頃、みんなは大丈夫?
飲む前は『ヘパリーゼ』、飲み過ぎは『ソルマック』って決めているんだけど、これって効いているのかな?

で、来年の動向の続きでも。
Cクラスでは、中村有一が新しいラリースタッドレスを購入したという情報が入ってきた。冬の参戦もささやいていたようなので、2007年以来となる参加を期待したいね。
Aクラスからは、和田 誠が今年と同じくターマックから出てくるようで、今年は高篠孝介に美味しいところを持っていかれた感じがするが、来年は舗装の戦いから話題を振りまいてほしい。今年のようにコースアウトじゃなくてね。
そのAクラスに新人が現れそうだ。今年の第5戦ARKラリー洞爺でジュニアBクラス3位になった二ツ川啓輔が、デミオを持ち込むというのだ。このデミオは全日本ダートラのPNクラスを走っていたようで、すでに札幌市内でラリー車に生まれ変わっているらしい。マシンはすぐにでも参戦が可能な状態で、冬からの登場を待っている。

ジュニアBクラスでは、最上高宏のCJミラージュを購入した大学生が参戦してくる可能性が出てきた。参戦はいつからになるか分からないが、まずはラリーの楽しさを味わってほしい。

北大自動車部の来季の参戦予定を聞くと、和氣嵩暁はグラベル戦にGC8でジュニアCクラスに出てくる予定でいるらしく、余裕があれば冬の参加もあるかも。
今年はダートラのN-1クラスに出場していた高橋和多利は、ミラージュでのラリー参戦か、ランサーエボ(どのエボリューションか分からない)でのダートラ参戦かで悩んでいるようだ。最終戦のリベンジをドライバーで果たしてほしいね。
第4戦の石狩で初ラリーで3位になった中出駿貴は、来年もジムカーナとの2足のわらじを履くようだが、フレッシュマントライアルの最終戦に出てきたように、グラベルのパーツが揃っているとグラベル戦への参加も考えられる。
他にも、SW20の松本竜樹がターマックラリーにジュニアCクラスでとか、DC2の牧瀬貫慈がターマック戦にジュニアBクラスで、という情報も入っている。
年々オイラの知っている部員が減ってきたというか、元気な若者が減っているような気がする。来年も頑張ってくれよ。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/12/16(月) 23:18:18|
  2. おっちゃんの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おっちゃんの独り言 第91回

おっちゃんの独り言 第91回



HR8A1799.jpg

12月7日は、札幌コンベンションセンターで『JAF北海道地方選手権・JMRC北海道シリーズ戦 モータースポーツ表彰式2013』があって、もちろんオイラも出席してきたよ。知っている人もいると思うけど、プログラムの後ろに載っている協賛各社の中にオイラの名前もあるんだ。ここ数年、オイラが撮った写真の中からフォトジェニック賞っていうのを出しているんだけど、今年はジムカーナから選ばせてもらったよ。だから、クレデンシャルもGUESTって書かれている所にあったんだけど、名前の上にはしっかりとMEDIAって書かれていたよ。やっぱりそうなるんだろうね。

表彰式のラリー部門で最初に撮ったのが
HR8A1590_2013120822594019e.jpg
ラリー選手権A-Aクラスのこの写真。
3位のニシノ(義人)くんも4位の和田(誠)さんも、5位の高篠(孝介)くんも
「何故あいつが立っているんだ?」
っていう目で睨んでいるのは、1位のところに代理でいる岡村(巧)くん。
HR8A1594.jpg
写真撮影でも一番目立っているよ。

「本当なら俺が立っていたのに」
という目で見つめているのは
QL8Y5673.jpg
1点差でシリーズ2位になった伊藤(淳郎)くん。その先には
QL8Y5675.jpg
4年連続チャンピオンのやまけん(山田健一)。オイラもこのカットは4年連続撮っているわ。
HR8A1606_20131208225948aa4.jpg
A-Cクラス。

選手権はこの2クラスだけかな。


HR8A1685.jpg
JMRCの表彰では
QL8Y5895.jpg
JMRC北海道ラリー部会部長の藤原篤志さんと
QL8Y5998.jpg
副部長の岡村寛一さんがプレゼンター。

HR8A1695.jpg
チャンピオンAクラス。
QL8Y5913_2013120823074064b.jpg
チャンピオンAクラスのコ・ドライバー部門でチャンピオンになった小池征寛くん。

HR8A1695.jpg
チャンピオンCクラス。
QL8Y5968.jpg
チャンピオンCクラスのコ・ドライバー部門で4年連続チャンピオンに輝いた大楽 敬さん。
HR8A1704.jpg
表彰の後にチャンピオンのインタビューがあったんだけど、チャンピオン以外はステージを降りて壇上にはふたりだけ。4年連続ともなるとみんな冷めてしまったのかな。でも、こう撮るとステージって広いね。


HR8A1706.jpg
ジュニアAクラス。
QL8Y6006.jpg
ジュニアAクラスのドライバー部門でチャンピオンになった梅内 豊さん。
QL8Y6018.jpg
ジュニアAクラスのコ・ドライバー部門でチャンピオンになった島 維宏さんと、
QL8Y6037.jpg
同点チャンピオンとなった小野由美子さん。

HR8A1719.jpg
ジュニアBクラス。
QL8Y6057_20131208231241bdc.jpg
ジュニアBクラスのドライバー部門でチャンピオンになった山口昌洋さん。
QL8Y6075.jpg
ジュニアBクラスのコ・ドライバー部門でチャンピオンになった山口美由紀さん。
QL8Y6089_201312082312516aa.jpg
夫婦でチャンピオンになった山口さん。インタビューのときに
「あなた変なことは言わないでね」
と睨みを利かせているようにしか見えません。
でも、目がちょっと笑っているかな。

HR8A1725.jpg
ジュニアCクラス。
QL8Y6112.jpg
ジュニアCクラスのドライバー部門で2度目のチャンピオンになった藤澤和弘くん。
QL8Y6134.jpg
ジュニアCクラスのコ・ドライバー部門で2度目のチャンピオンになった加藤孝輔くんと、息子の海凪(みなぎ)くん。
QL8Y6176.jpg
チャンピオンコンビによる『高い高~い』。
じゃないね。

HR8A1732.jpg
K-Carクラス。
QL8Y6197.jpg
K-Carクラスのドライバー部門でチャンピオンになった谷岡一幸さん。
QL8Y6218.jpg
K-Carクラスのコ・ドライバー部門でチャンピオンになった岸田勇人さん。


QL8Y6289.jpg
JAF北海道地域クラブ協議会から感謝状を渡された陸別サーキット。代表で受け取っていたのはいつもお世話になっている浜田旅館の浜田さん。


HR8A1765.jpg HR8A1770_20131208231800266.jpg
HR8A1774.jpg HR8A1776_201312082318082fe.jpg
抽選会ではラリーストもたくさん当たっていたけど、全員を撮れなかったわ。
で、最後の抽選で当たったのが
HR8A1781.jpg
釜澤くん。ブルゾンが当たったのに、何故は彼女とツーショット。彼女が嫌がるところを撮ろうとしたのに、しっかりと目線をくれてます。素敵です。


HR8A1675.jpg
ダートトライアルでの一コマ。撮っているひとりがラリー部門で表彰されているので載せちゃいます。


QL8Y5765.jpg
昨年はコ・ドラで表彰されたのに、今年はこの覆面で変装してジムカーナのチャンピオンで表彰されていたね。
って、正体を隠していたのかな?



HR8A1823.jpg
来年も頑張ってね。


テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/12/08(日) 23:22:46|
  2. おっちゃんの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

藤上ゴメン byよっち
最後の集合写真
藤上に俺の右手がかぶった(^_^;)

byおっちゃん
よく見てなかったわ。ちゃんと選んだつもりだったんだけどね。
藤上くんゴメンね。
でも、
よくよく見ると、陶山くんの横で顔がほとんど写っていない猿川名人を発見。
これじゃ心霊写真だよ。

コメントを閉じる▲

おっちゃんの独り言 第90回

おっちゃんの独り言 第90回


もう師走だね。
11月はクリスマスのディスプレイで
IMG_5841.jpg
7月のラリー以来洞爺湖に行ってきたり、月末には
131129_152453.jpg
ここに5日間も入り浸っていたり、少しは忙しかったかな。洞爺湖では20数年ぶりに溶接機を触ったり、ドームでは歩き過ぎていまでも足が痛いよ。
12月もこんな感じで仕事があるといいんだけどね。



で、今年も残すところあと1ヶ月。来年の開幕戦まで2ヶ月を切ったということで、来シーズンのみんなの動きを探ってみたんだ。

シリーズ4連覇を成し遂げた山田健一は、まだまだ北海道シリーズを牽引してくれそうで、5連覇をもちろん狙っている。他にも今年1日目にコースオフしたラリー洞爺にもリベンジするのと、今年行けなかった道外への遠征も1戦ほど考えているようだが、まだコドラの大楽 敬との話は済んでいなさそうだけど問題は無いと思うよ。
その山田を最終戦まで苦しめた伊藤淳郎は、ランサー・エボ8を手に入れたようだ。エボ5は廃車になったようだね。このエボ8で北海道に上陸するのは全日本戦のラリー洞爺とみられ、その後の北海道シリーズ戦のグラベルに数戦参加するのではと思われる。伊藤が手に入れたエボ8だが、今年の第2戦で種畑剛志が乗っていたクルマらしいのだが、そうなると種畑はまたしばらくお休みということだろうか。
山田のライバルのひとり山上智也は、全日本戦にチャレンジするようだ。参戦はグラベルの3戦を考えているようで、1戦は初めての道外への遠征となりそうだ。
今年1勝した大藤潤一は、嬉しい噂が聞こえてきている。ラリーどころではないようなことにならなければいいんだけど。
高山智敬は冬をスキップして夏からの参戦になると思われる。
結婚したと噂が聞こえてきた篠木雄一郎は、アジパシのラリー北海道に出場を計画しているようで、道内戦には数戦に顔を出すと思われる。
大学生の釜澤 亮、アゲ坂英正、エドモンド二平らは卒業で北海道を離れるために、参戦は無いと思われる。ただ、やり残したことが多いだけに、近いうちにリベンジに訪れるんじゃないかな。
このクラスにステップアップしてくるのが、ジュニアCクラスで2度目のチャンピオンになった藤澤和弘。すでにリストリクターは手に入れたようで、準備は着々と進んでいるようだ。
釧路方面からは良い返答がないから、来年は山田(健)を脅かす存在は誰になるのかな?

今年はシリーズが成立しなかったBクラスだが、結婚した松倉拓郎は戦いを道内戦に絞るようだ。
仕事の都合で開幕戦のみの出場となってしまった武田 豪は、開幕戦のブリザードラリー、ターマック1戦、グラベル全戦を予定しているようだが、仕事でどうなるかが心配。さらに、コドラの齋藤雅俊のところに子供が生まれたために、コドラ探しから始まるのかも。
CJミラージュの上田 寛と佐々木良太は、ランエボでジュニアCクラスという笑える噂が聞こえてきたが、噂だけなのかどうかは分からない。ただ、今年よりは参戦を増やすようなので、シリーズが成立する可能性が出てきた。
FTOをチョイスした山田裕一は、エンジンとミッションが離れているというクルマが治れば出場してくると思われる。
そのチャンピオンBクラスに来るのが、ジュニアBくらすチャンピオンの山口昌洋。クルマはそのままCC4Aミラージュで戦うようだ。
山口だが、夫婦ラリーストとして参戦してきたが、来年は婦人の山口美由紀がドライバーでジュニアBクラスに参戦するようだ。クルマは夫婦揃ってCC4Aミラージュ、コドラもすでに職場の同僚を口説いているようだ。
クラスが成立しないで夫の昌洋がジュニアに出場したら夫婦の対決が見れるかもしれない。これってラリーでは聞いたことが無いかも。

Aクラスは高篠孝介が全日本参戦で道内戦は出てこなくなるのはすでに第6戦のレポートで書いているが、シリーズ2位になった南 篤典の転勤の話が聞こえてきた。どうやら九州への移動を言い渡されたようで、道内戦への参戦は無理と思える。
すでにフル参戦を表明しているのは、ニシノ義人/イワブチ亜子の今年も全戦でコンビを組んだふたり。体制を変えずに来年も戦うようだ。
ヴィッツを製作している岡田 貴も来年は出たがっているが、クルマの完成にまだまだ掛かりそうという情報も入っている。


今年は怪我でウインター戦以来出場出来なかった田中健一だが、リハビリ―を続けているようだ。本人も1日も早く参戦したがっているようだが、こればかりは焦ってもどうしようもないことなので、エントリーリストに名前を連ねるまで待つことにしよう。
藤上 亘は群馬県戦に出場するという話が聞こえている。
2勝でシリーズ3位になった林 嘉寿彦は、仕事の都合で来年もグラベル戦だけの参加となりそうだ。
大橋 渡は今年より参戦が減ってしまいそうだが、グラベル戦からは全開で行くと言っているようだ。

須藤大介は冬の2戦はスキップするようだが、ターマックから始まる第3戦からは攻めてくると宣言している。目標はもちろんシリーズチャンピオンだが、ラリー活動の資金が問題らしい。加えて、コドラの渡口 翼が就活でどうなるかも心配だ。
K-Carクラスに出場していた西浦 力は、最終戦でアルトが息絶えてしまったらしく来年はとりあえず渕別府拓也のスイフトをレンタルしてジュニアBクラスに参戦してくるようだ。ただ、冬の2戦は決まっているものの、その後は未定らしい。
釧路(白糠だったかな)の芳澤顕一も良い返事が返ってきていない。遅咲きながら一目置く走りを見せているので、是非続けて参戦してほしい。


3年目を迎えたK-Carクラスで3代目のチャンピオンとなった谷岡一幸だが、コドラを務めてきた岸田勇人がリタイアするらしい。すでに引退パーティ(だったのかな)も開き、谷岡のコドラ探しもこの時から始まっていた。
小野太一はエンジンを載せ替えて準備は万端のようだ。


他には、道内戦はサービス隊で顔を出している成川正佳は、来年もBICCに遠征を決めているようだ。



と、ここまでがオイラがいまのところ仕入れている情報だが、新たな噂話が入ってきたら報告するね。


テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

  1. 2013/12/02(月) 23:21:48|
  2. おっちゃんの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。