北海道のラリー情報交換サイト「Rally Do!」ブログ

北海道地区のラリーの情報を幅広くお伝えするブログです。

おっちゃんの独り言 第44回

おっちゃんの独り言 第44回

お待たせしました。
って言っても、待ってたのは関係した人だけかな?

先日お邪魔した“第2回RTC冬の乱”の動画ですが、出場した全車に出演してもらおうと思ったのですが、オイラのわがままで止めました。ごめんなさい。

代表で4WDクラスで1位だった(タイムを計測していたので表彰されていたよ)

ゆういちと、
2WDで1位だった

たくろーに出てもらうことに。ダブル主演というとこかな。

「待たせてこれだけかい」と怒らないでね。



スポンサーサイト

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

  1. 2012/02/25(土) 23:59:59|
  2. おっちゃんの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

byタック
待たせてこれだけかい


なんて言いませんよ~

ありがとうございます

byおっちゃん
タックさん:
待たせてこれだけです。ゴメン。

動画まで載せてくれてありがと~ byまこつ
うちの動画は?(笑)
…調理室で要領悪くチョロチョロしてる姿しか見せてないな(-"-)

すごくたま~に思うけど、ラリーDo!でオフィシャルの特集もあったら嬉しいななんて(^^)

byおっちゃん
まこつさん:
「キミの姿はオイラの脳裏に焼きついているから」
なんて言ってみたいね。

オフシャルの姿ですね・・・・。
考えてみます。

コメントを閉じる▲

第26回 EZO ENDLESS RALLY ジュニアクラスレポート

第26回 EZO ENDLESS RALLY ジュニアクラスレポート

開幕戦と同じドライバーが顔を揃えたジュニアCクラス。幸先よいスタートを切ったチャンプの藤澤和弘はコドラを急遽竹下紀子に変えて挑むことになり、釜澤 亮は高橋和雅に、佐々木智也も中川伸昭にコンビを変えてきた。
QL8Y3153.jpg

SS1
「ここ最近の冬のEZOの様子から、路面はスケートリンクみたいに効かない路面になると思っていたので、開幕戦よりも慎重さが求められると思っていました」という

村里尚太郎/鈴木一生が、「SS1をフィニッシュしてストップでタイムボードを見た時に、前走車3台より5秒以上も速いタイムだったので自分の目を疑いました。一昨年からジュニアCのシリーズに出ていて、一度もSS1でクラスベストを取ったことが無かったので」と、後続にも抜かされることなくベストタイムを出した。
HR8A1969.jpg
村里とチームメイトの和氣嵩暁/白尾 泰が1秒差でセカンドタイムを記録。
HR8A1938.jpg
前夜にミッションを交換してきた釜澤/高橋が3番時計。
HR8A2001.jpg HR8A2003.jpg
コドラを変えてきた佐々木/中川が4番手。
HR8A1987.jpg HR8A1993.jpg
1枚目の写真のようにスピンをするものの、最小限のロスで5番手に付けた藤上 亘/浅利徹朗。
HR8A1924.jpg HR8A1929.jpg
「スピンばかりで笑い疲れました」と言っていた藤澤/竹下は6番時計がやっとだった。
HR8A1943.jpg HR8A1952.jpg
ミスも出て大きくタイムをロスしてしまった田中健一/佐野公彦は、開幕戦よりも出足でつまずいてしまった。
HR8A1980.jpg HR8A1985.jpg
1コーナーのスピンが尾を引いて最後尾からのスタートとなったニシノ義人/ヨシノ学典。

SS2
HR8A2304.jpg
「開幕戦からの3週間は週2ぐらいで練習に行ってました。ただ走るだけでなく目的と課題を設定して、1回走るごとに反省点を挙げて改善策を考えるようにしていました。その成果が出た実感はあまりないですが…」と、大学生らしいコメントの村里/鈴木がイメージ通りに走れたと連続のベストタイムを出してきた。
HR8A2284.jpg
「まともに走れたのはSS2だけです」と、唯一スピンの無かったステージで村里とトップを分け合った藤澤/竹下。
HR8A2311.jpg
ここまでは調子の良かった和氣/白尾が3番時計。
HR8A2326.jpg
デビュー2戦目で滑りすぎる路面に苦労していた藤上/浅利だったが、それでも4番時計を出してきた。

SS3
HR8A2555.jpg
セクション2になってやっとエンジンが掛かってきた田中/佐野が、後半の追い上げとなるベストタイムの1本目を出した。
HR8A2572.jpg
「ヘアピンの後の右コーナーで小坂さんが見えたのでギャラステスイッチが入ってしまいました。意識しすぎて壁の硬いところを削っちゃいましたけど」と、連続ベストは途切れてしまったが2番時計で首位を守っている村里/鈴木。
HR8A2585.jpg
田中と同じく追い上げを始めたニシノ/ヨシノが3番時計。
HR8A2599_20120224235030.jpg
佐々木/中川も今年公式戦にデビューした新人。トータルで3番手に付いている。

HR8A2836.jpg
「1コーナーでオフシャルが出てきたので焦りました。それ以外は大体イメージ通りに行けたと思いますが、リズム感に関しては今後の課題になりそうです」と、首位を守り続けた村里/鈴木。「こんなに早く2勝目が来るとは思っていませんでした」と、ラリー洞爺以来のトップを奪った。
QL8Y3194.jpg
優勝した村里は「SS6は最後に羽目を外した感じです。思ったよりも壁が硬くてクルマが凹みましたが、勝てたので自分はそんなに凹んでないです。林道ステージになると他の人たちも本気を出してくると思うので、気を引き締めて行きます」と、次の美酒を狙っている。
HR8A2828.jpg
SS3から4本連続のベストタイムを出した田中/佐野だったが、セクション1が悪すぎてトップには追い付かなかった。
HR8A3006.jpg
2戦連続の2位というサイン(?)なのか、ゴール後の田中はにこやかな表情だった。
HR8A2844.jpg
終わってみると3位まで順位を上げていたニシノ/ヨシノ。
HR8A2852.jpg
最終SSのタイムで釜澤を逆転した佐々木/中川が4位でフィニッシュした。
HR8A3045.jpg




開幕戦のメンバーに、渕別府卓也/角玄真琴が加わって4台になったジュニアBクラス。ただ、加わったのがFF車ということで、スケートリンクのようなコンディションでは、山口昌洋と水澤孝文の4WD勢が優位なのは変わらない。

SS1

開幕戦を完全勝利で収めた山口/山口美由紀の夫婦コンビは、好調を維持してファーストステージからベストタイムを出してきた。
HR8A2036_20120224235928.jpg
「今日は滑る路面だったので、抑えて走りました」という、こちらも夫婦コンビの水澤/水澤由紀子が1秒遅れで2番手に付けてきた。
HR8A2043.jpg HR8A2049.jpg
スイフトスポーツでジュニアBクラスに出場している渕別府/角玄が3番手。
HR8A2026.jpg HR8A2041.jpg
ファーストステージからスタックしてしまった佐々木良太/マッチョンは、「帰りたい」を連発していたが・・・。

SS2
HR8A2336.jpg
今シーズンになってベストタイムを連発している山口夫婦。
HR8A2346.jpg
夫婦対決は、慎重に走り過ぎた水澤夫婦が大きく水をあけられてしまった。

SS3
HR8A2611_20120225000547.jpg
いまだ負けなしの山口/山口。しかしSS5で悪夢が襲う・・・。
HR8A2619.jpg
「スピンと刺さらないように走った」という水澤/水澤は、抑え過ぎに見えるがそれが功を奏することに・・・。

HR8A2867.jpg
「山口さんがスタックしているのを見て『これは刺さったらヤバイ』と、ちょっとゆっくりめになりましたね。最終SSはレッキ状態のスピードで、どんなことをしても勝ってやる、完走したら勝てると思って」と水澤/水澤は、「勝てて嬉しい」と初優勝を飾った。
HR8A2855.jpg
「全SSでベストタイムを出そうと思っていて…」と、SS5で歯車が狂ってしまった山口/山口は思わぬアクシデントで優勝を逃してしまった。
HR8A2863.jpg
SS4では2番手、SS5ではベストタイムを出した佐々木/マッチョンは、「ラリーって楽しいですね」とコメントが180度変わったが、SS1が尾を引いてしまった。
HR8A3050.jpg



テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2012/02/25(土) 00:09:26|
  2. JMRC北海道ラリーシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おっちゃんの独り言 第43回

おっちゃんの独り言 第43回

この間、ちょっと気になったことがあったんだよね。
みんなゼッケンを貼るときにどうゆうテープを使っているのかなって。
ビニールテープもいいけど、幅が狭くて真っ直ぐに貼れないしさ。ボディやガラスが冷えていると付きが悪いし、引っ張ると伸びるからしっくりこないよね。でも、むかしはビニテが多かったんじゃないかな。ライトやウインカーに飛散防止でビニテを貼っていたからね。なにかと活躍していたと思うよ。

オイラはというと、よく使っているのが
IMG_0039_20120222235105.jpg
ガムテープ。全国共通でガムテで通じるよね。ウィキペディアで調べたら、「ガムテープは粘着テープの種類。クラフト紙の片面に水溶性の糊(ガム)を塗り、乾燥させた上で細長い帯状にしたものであるが、現在では梱包用の粘着テープに対して広く、この呼称が使われる」と出ているけど、オイラが使っているガムテープも正しくはガムテープじゃないんだ。「紙じゃなくて布の…」っていうときもあるから、布粘着テープっていうのがいちばん合っているのかな。そう書いているのもあるけど、でも、ガムテはガムテですよ。クラフトテープといって、紙製をガムテープって呼ぶ人がいるけど、クラフトだからこれが本当のガムテープなのかもしれないけど、オイラから言わせるとガムテは布製ですから。

そのガムテ、特に茶色が広く使われているよね。
IMG_0041.jpg
ホームセンターじゃ特売品とかで100円ちょっとで売っているし、100均でも置いているよ。だけど、オイラが言いたいのは、多彩な色があるカラーガムテのことね。昔は1個600円ぐらいしたけど、200円もしないで売っているモノを見たね。布製ってなっているけど、オイラが知っているのとはどこが違うのかな。ただ単に長さだけかな。黒や白はもちろんだけど、青や赤、黄色やピンクなんかも揃っていて、全部で12色はあるらしいよ。メーカーによって違うんだろうけど、昔はこんなに無かったと思うよ。みんなはこのカラーガムテを使っているかな? ゼッケンを貼るのはもちろんだけど、この時期だとバンパーの補修なんかにもおおいに役立っているよね。サーキットじゃカラーリングに合わせてガムテを用意していたし、カラーに合わせて作ってきたチームもあったんじゃないかな。ラリーでもそういうチームがあったと思うよ。そういえば、むかしむかしの話だけど、リーフスプリング(板ばね)の補修に「ガムテは強いんだ」って使ったラリー屋さんがいたんだよね。もちろん、ものの数メートルも走ったらちぎれちゃったけどさ。もちろんだよね、そこまでは強くはないからさ。

このテープなんだけど、何色を使うかで写真写りが違ってくるんじゃないかな。
オイラがそう見ちゃうだけなのかもしれないけど、カラーリングに合わせてガムテを使い分けるんだから、そういうことは言えるよね。白いクルマに茶色とか使っていると、なんかね。センスを疑っちゃうよね。それだけで何か写りが悪く感じちゃう。っていうか、カッコ悪いと思うんだけど。走りに関係ないと言えば関係ないんだけど、昔から“美しいクルマは速い”って言われているから、美的センスも大事でしょう。
HR8A9680.jpg
本文と写真は関係ありません。と言いたいけどね。
まぁ、オイラが気にしすぎなんだろうけど、補修しているところがあったらさ、いくらオイラでも色が違えばファインダーを覗いていたら分かるっちゅうの。なんかキチンと撮らなくてもいいのかなって思っちゃうもの。分かるでしょう、この気持ち。シャッターは切っているけど、気持ちは入っていないかもね。
話を“ゼッケン”に戻すけど、オイラはシルバー色のクルマに乗っているから、もちろんガムテは銀色を積んでますよ。今はないけどMEDIAのゼッケンを貼るときに使っていたんだよね。写真を撮られることが無いオイラのクルマでも気を使っているんだから、写真を撮られるみんなはカッコ良くしたほうがいいよね。たかがゼッケンだけど、写真を比べたらきっと違いが出ると思うんだよね。何色で貼ろうが自由だけど、色のバランスっていうのもあるだろうし。オイラはセンスがいいほうだとは思わないけど、それでも茶ガムが貼っていると、センスを疑っちゃうよね。あっ、茶ガムが悪いって言ってるんじゃないからね、色を考えない人のセンスを疑っているってことだから。そこまで考えないか。
写真をパネルにして部屋に飾るときに、ゼッケンといえども違う色があると悪い意味で目が行っちゃうと思うんだ。デジタルだと消すことも色を変えることも出来るけど、そんなことじゃないよね。

そして、いま弱粘テープを使っている人も多くなったんじゃないかな。
IMG_0043.jpg
これこそ梱包用のテープだとオイラは思っているんだ。梱包仮止めテープって書いているのもあるけど、荷づくりで使うことが多いからね。ボディに糊が残らないことを考えると、いいものを探し当てたっていうことなんだろうけど、これもね。競技車はガムテで塗装がはがれたり糊が残るクルマが多いから、弱粘っていうのは正解かもしれないけどさ。梱包用っていうことを考えるとさ。半透明で文字の上に貼っても字が見えるとか、エアーパッキン(プチプチといったほうが分かるかな)だと貼って剥がせる便利さがあって、梱包では重宝しているけどね。ただ、オイラが知っている限りでは、色は半透明の乳白色か薄い緑、最近青色も見つけたんだけど、これしかなかったと思うから、色のこだわりは出来ないよね。色だけの問題じゃないけどね。使っている人には悪いけど、オイラはこのテープを使うのも、ん~、だね。OPPテープといって、これも梱包用だけど、透明の手で切れないテープっていうやつ。段ボール箱なんかでよく使われているから知っていると思うけど、カッターとかじゃないと切れないんだよね。まだこっちのほうがオイラは許せるけど、使う人はいないと思うよ。使ってみると分かるから。梱包用だなって。

そして、これもOPPテープなんだけど
IMG_0046.jpg
ファンシーテープといってキラキラしたやつ。こんなのでゼッケンを貼っていると「カワイイ~」とか言ってもらえると思うんだろうけど、そんなギャル(言い方が古すぎるか)はモータースポーツなんて見に来てないから。たぶん笑いモノになると思うけど、誰か使ってくれないかな。1枚なら写真を撮るんだけどね。

ウィンターシーズンも終わって、春までにクルマを綺麗にする人が多いって聞いているけど、是非、使うテープのことも・・・ネ。


※今シーズンからオイラが優勝した選手に頼んでいる“ウィナーズレポート”(って呼んでいるよ)だけど、第2戦の集まりが悪いんだよね。すばらしい文章を書いて送って、とは頼んでないと思うけど、やっぱり大変なのかな。オイラも原稿を書くときは苦労するからさ。気持ちは分かるけど、送信を待っているよ。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

  1. 2012/02/22(水) 23:59:51|
  2. おっちゃんの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

byすまっしゅ
うちらは、養生テープ使ってますよ
もちろん黄色
寺岡のPカットテープです

byおっちゃん
すまっしゅさん:
黄色とか赤もあったんですね。オイラの勉強不足でした。
写真ではそんなに目立ってないですけど・・・・・。

うちのも養生黄色です byでんこ
黄色とオレンジは常備です!強調したい時はオレンジで。
養生は強度が足りないのであくまでも仮どめ、目隠し程度にしか考えていません。
なので黒い建材用の防水気密テープの上から黄色で横縦横ってはってます。
冬用フロントバンパー下は黒でぴっちり貼ってます。きっちり貼ることで、そういうバンパーと思う人が結構いたりします(笑)
案外割れにくく、落し物せずにすみます。
なるべく黒いのがはっきりわからないように、そういうデザインの車だと思われような貼り方を試行錯誤中(-_-;)

建材コーナー(しばらく放置されても気にならないぐらい好き)に行っては黄色の良いテープはないものかと探す日々です。

byおっちゃん
でんこさん:
こんなテープがあったとは、またまたオイラの勉強不足でした。
冬用バンパーに使っているのはいいですね。

昔はデコったぉ☆ byペルちゃん
こんにちは
楽しく拝見させて頂いてます♪
私は、ラリー参戦者ではないですが、ファンシーなテープ使ってた時期がありましたよ。キャラクターものとか、キラキラしたのとか・・・
あれって粘着力が布ガムテに比べると弱いので、ラリーやダートラには不向きかと思いますよん
んでもって、粘着力弱いくせに、ビリビリになって綺麗に剥がれず、イラッとします
同時期に「立ち入り禁止・ KEEP OUT」の警告テープ使ってる人がいたけど、これには馬鹿ウケしたなぁ

byおっちゃん
ペルちゃんさん:
テープ選びでオイラも苦労したことがあるよ。モータースポーツの現場じゃないけどね。それからはビリビリになるテープは自分からは使ってないよ。
そういえば“デコる”って流行ったよね。

コメントを閉じる▲

おっちゃんの独り言 第42回

おっちゃんの独り言 第42回

皆さん、冬を楽しんでいますか?
記録的な雪が降って豪雪に見舞われているところはそれどころじゃないかもしれませんが、北海道に住んでいるんだから、雪を楽しまなくっちゃね。っていうと、今年は不謹慎か。
さっぽろ雪まつりや各地の冬まつり、氷まつりや氷濤(や氷瀑)まつりなど、冬を楽しむ祭りが多いけど、オイラも毎週どこかへ行っているね。といっても観光じゃなくて、もちろんモータースポーツの場ですよ。雪は4ヶ月も5ヶ月もあるっていうのに、雪で遊べる旬(旬っていうのかな)は短くて、1ヶ月ぐらいに集中しているよね。期間が長くて分散しているともっとたくさんの場所に行けて、いろんな人たちに会えるのにさ。残念ですよ。
年末年始はいつもの陸別で撮っていたけど、1月22日から毎週日曜日はどこかで撮影していたね。その冬の楽しみも、最後を締めくくってくれるんじゃないかなと思うところへ2月19日に行ってきました。
冬のラリーも2戦が終了してしまって、札幌じゃモーターショーが賑わって入場するのに何時間も並んでいたようだし、千歳ではダートラの第2戦があったその日に、オイラは中札内のダムの近くの雪道で鹿の鳴き声とともに
IMG_0030.jpg
こんなところで、
HR8A3337.jpg
こんな人たちと、
HR8A3504.jpg
こんなこともあったけど、雪と戯れていたんだよね。

土曜日にたくろーの助手席を占領して中札内へ。
地元の公民館が宿泊施設になっていて、なんと1.000円で泊めてくれます。ありがたいね。もちろん夜食や美味しい飲み物は各自で用意しなきゃいけないけど、RTCの(角玄)真琴ちゃんがいろいろと手作りでつまみを作ってくれるし(これが美味しかったよ)、24時間いつでも使用出来る風呂もあるので、快適に、しかもリーズナブルに過ごせるんじゃないかな。オイラが着いた時には地元のバンド(だと思うけど)が生演奏をして村人が集まっていたけど、さすが村の公民館っていう感じが伝わってきたね。演奏を聞けなかったのは残念だったけどさ。
そして前夜祭(っていってもただ酒を飲んでいるだけだよ)が始まると、いろいろと話が出来て楽しいひと時を過ごせたよ。オイラが撮っている動画も好評(だと思っているんだけど)だったしね。もっと時間があるといいのにね。来年は2泊3日なんていうのもアリだと思うけど。前回は尼商が夜も大活躍したそうだけど、今回は来なかったね。電話したら出ないし、翌日の昼に電話が来て「やっぱり行ってたんですかぁ。今回は行けなかったんですよ」だって。ま、おかげでチョットだけ早くお開きが出来たかな。次はいっしょに行こうね、尼商。
で、
お邪魔した“第2回RTC冬の乱”だけど、「スタッドレスタイヤを使用した昔懐かしい林道スノーラリーをイメージした走行会を開催し、楽しさを参加者と共有したいと思います」っていうのが目的で、RTCの若いメンバー(若いって言えない人もいたような)が中心になって開催していて、
HR8A3445_20120220235232.jpg
当日は写真のようにみんな元気に集まり、ダァーっていう感じ(巧に掛け声を出させたけど、なんて言ったかは忘れた)。予定していた台数は集まらなかったけど(ラリードゥでも告知したんだけど増えなかったのは残念だよ)、少なかった分楽しめたんじゃないかな。始めたばっかりだから、これからですよ。徐々に参加者を増やすようにしようよ。オイラも微力ながら(力ならそれなりにあるんだけど)協力させてもらうからさ。
参加メンバーは(出走順に)
HR8A3072_20120221000259.jpg
0カー&フリー走行ではスイーパーと大活躍したおのけん。この人がいなければここで遊べなかったよ。
HR8A3448_20120221000259.jpg
釧路から来たゆういち。ことごとくオイラの前では決めてくれなかったけど、オイラとは相性が悪いのかな? なんてね。
HR8A3093_20120221000259.jpg
シリーズ戦ではK-Carクラスに出場している堀内くん。
HR8A3330_20120221000259.jpg
その堀内くんのコドラを務めている山崎くん。
HR8A3674_20120221000258.jpg
オイラを中札内に連れて行ってくれたたくろー。山でオイラを見つけると派手に走ってくれます。っていうか、いつもかな?
HR8A3534_20120221000258.jpg
2年連続2WD1.5チャンプの佐々木くん。ガムテが痛々しいけど、ターマックまでには綺麗なクルマになるらしいよ。
HR8A3238_20120221000846.jpg
シリーズの第2戦は仕事で欠場した泉くん。最初に写真を登場させてごめんね。
HR8A3593_20120221000846.jpg
ダートラのエントリーを忘れていたらしいけど、ヴィッツのRSを買ったんだからラリーに専念だね岡田くん。
HR8A3605_20120221000846.jpg
ジュニアBクラスに出ている渕別府くん。
HR8A3268_20120221000845.jpg
会場で協賛メンバーになってくれた米屋くん。徐々にラリードゥの協賛メンバーが増えてますよ。
HR8A3430_20120221000845.jpg
ターボが付いたスイフトで現れた山本くん。
HR8A3435_20120221000844.jpg
走行会でスイーパーを受け持っていたのは、中心人物の巧。大変だったろうけど頑張ってくれよ。ちなみにクルマは親父さんのだね。

IMG_0034.jpg
昼にはこんなカレーシチュー(焼き肉もあったようだけどオイラの口には入らなかったさ)のサービスもあったりなんかして、これで5.000円とは安いと思うんだけどね。
冬の乱はSSが5本、距離にして12kmほどで、TCやストップは設置せず、タイムカードは使用しない。なんて説明すると、競技をしていないと参加出来ないんじゃないと思われるけど、全然そんなことは無くて、誰でも走れるんじゃないかな。多少は道が悪いところもあったけど、ノーマル車でもOKだと思うよ。ただ壊してもオイラのせいではないからね。
今年はもう開催しないようだけど、来年はたくさんの人が集まってくれるといいね。

テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

  1. 2012/02/21(火) 00:11:43|
  2. おっちゃんの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

動画~ byたくろー
お疲れ様でした^^
動画が楽しみです( ゚∀゚)

byおっちゃん
たくろーさん:
オイラもまだ確認をしていないので、ちょっと時間を下さい

PRありがとうございました byタック
大変お世話になりました
ハ〇なんて一言も言ってませんよ~
動画待ってます

byおっちゃん
タックさん:
お世話になりました
なんて言ったか本当に覚えてないんですよ

そんなに動画に期待しないでね

ビックリ! byまこつ
忙しいって言ってたのに、こんなに立派な記事アップしてくれてありがと~(*^_^*)
もっと美味しいもの作ってみんなに食べさせてあげれるように修行するよ!

写真抜きで遊びに来てもいいって言ったけど、こんな素敵な記事書いてもらったら前言撤回したくなっちゃった(^O^)また遊びに来てね

byおっちゃん
まこつさん:
美味しかったよ
また食べさせてね

えっ、カメラを持っていかなかったら仲間に入れてくれないの

管理人のみ閲覧できます by-

コメントを閉じる▲

第26回 EZO ENDLESS RALLY チャンピオンクラスレポート

第26回 EZO ENDLESS RALLY チャンピオンクラスレポート

とにかく寒かった。レッキが行われていたAM7時にはマイナス17.3℃で、最高気温でもPM2時でマイナス5.9℃だったのだから(どちらも気象庁調べ)、いかに寒かったかが分かるというもの。
開幕戦から3週間のインターバルで開催された、北海道ラリー選手権第2戦「第26回 EZO ENDLESS RALLY」。気温が気温だけに、当然路面はツルツルのスケートリンク状態だ。前戦で初優勝を飾った山上智也も「今回のラリーはツルツルで自信が無かったので、とりあえずミスを少なく走ろうと思っていました」と、慎重に走ることを心掛けていたようだ。
チャンピオンCクラスのエントリーは、山田健一や山上をはじめ、「前回はあまりにもふがいなかったので、出ることにしました」という大藤潤一や、「今回は見ててください」とリベンジに燃えている岡 直貴など、開幕戦と同じメンバーが集まった。
HR8A1767.jpg
AM9時36分、ゼッケン1番の山田/大楽 敬のスタートで第2戦がスタート。しかし、コーナーを3つ曲がったところでスピン。最小限のロスで済ましたものの、落とせない1戦でいきなりのミスが出てしまった。

「前回の最終SSで、自分が思っている以上に抑えて走ったほうが速いってことがやっと分かったので、進入で頑張り過ぎないで抑えるところは抑えて、踏むところは踏むを意識しながら走りました」と、山上/伊勢谷 巧がファーストステージを2戦連続で奪った。
HR8A1811.jpg HR8A1818.jpg
フロントタイヤを新調しショックも交換して気合を入れてきた大藤/永井 真がセカンドタイムを出してきた。
HR8A1827.jpg
久々のラリーで3位の結果を出した井土卓治/佐々木 尊が、2戦目は3番時計から始まった。
HR8A1776.jpg HR8A1783.jpg
スピンで出鼻をくじかれてしまった山田/大楽は4番時計がやっと。
HR8A1841.jpg HR8A1849.jpg
気合が空回りしているのか岡/岡 清美の夫婦コンビは5番時計に留まっている。
HR8A1853.jpg HR8A1859.jpg
2010年と同じく開幕から2戦連続で出場してきた浜潟 淳/水島修司。

SS2
トップ3のコーナーへの進入姿勢を比べてみた。
HR8A2181.jpg HR8A2188.jpg
トップタイムを出した山田/大楽。
HR8A2194.jpg HR8A2201.jpg
2番時計の山上/伊勢谷。
HR8A2208.jpg HR8A2215.jpg
3番時計の大藤/永井。
(1枚目から1秒後の姿勢が2枚目)

HR8A2405.jpg
2本のSSが終わり、サービスに入るためにTCの前に並んでいる競技車。
SS3
HR8A2422.jpg
「第1コーナーでやまけんさん(山田健一)が派手にスピンしたのをスタートから見ていたので、コーナーは無難に行けました。やまけんさんに感謝しています」と、山田のミスを学習して2度目のトップタイムを出してきた山上/伊勢谷。
HR8A2438.jpg
開幕ではスタックで魔のSSとなった大藤/永井だったが、今回はトップ集団のひとりに加わっている。
HR8A2480.jpg
上のふたりからは離されているが、浜潟/水島が3番時計を出してきた。

SS4

大藤/永井の追い上げが始まった。山田からコンマ差ながら今シーズン初となるベストタイムを叩き出してきた。
HR8A2733.jpg
やはりスピンでのタイムロスが響いている山田/大楽は、2番時計を出すもののトータルではトップの山上に20秒も離されては勝負にならない。
HR8A2740.jpg
「ミスが多くなってきて、段々焦って操作も雑になってきたところで伊勢谷さんに『大丈夫、落ち着いて』と言われて」という山上は、3番手タイムで徐々に大藤に詰め寄られてきた。

HR8A2979.jpg
SS5も連続でトップタイムを出した大藤/永井だったが反撃もここまで、
QL8Y3292.jpg
「スピンの多さで負けました」と、最終SSを前にして2秒差を跳ね返せなかった大藤。
HR8A2947.jpg
「2位の大藤さんと2秒差という僅差でしたけど、伊勢谷さんのおかげで最終SSのスタートはあまり緊張しないで落ち着くことが出来ました」という山上は、「緊張しないでスタートしたのは良かったのですが、(鎌田)卓麻さんから『気をつけれよ』と言われていた場所でスピンしちゃって、動揺したけどもうミスは出来ないと思うと逆に集中して走れました」と、ベストタイムで締めくくったのだが、
QL8Y3270.jpg
「負けたと思ってゴールしたら、みんなが『おめでとう』とか『ヒヤヒヤさせるな』と言ってきたのでパニックってしまって。なんで負けたのに、と思っていたら勝っていたんですね。大藤さんも同じ所でスピンしたみたいで」と運も味方したようだ。
QL8Y3284.jpg
「また自分のミスで苦しめたりして前回のラリーからあまり成長出来てないところもありますが、ミスした後の対応が良くなったかなと思います」と、開幕2連勝を決めた。
HR8A3028.jpg
最後は「次のターマックもこの勢いで勝てるように頑張ります」というコメントを残した。


「やっぱり尼子は尼子だったね」
HR8A3005_20120219225235.jpg
最終SSをゴールしてクルマから降りてきた和田 誠は、笑いながらこう言ってきた。
HR8A2997.jpg
コドラの宗方さおりもこのポーズ。
最終SSを前にして和田/宗方と尼子祥一/内藤修一の差は27.4秒。どう見ても尼子の2連勝は揺るぎないものと思われたし、尼子自身も勝ちを確信していたはずだ。ところが・・・

SS1
HR8A1866.jpg HR8A1873.jpg
総合でも3番時計と、連勝に向けて好発進した尼子/内藤。
HR8A1882.jpg HR8A1890.jpg
「第1コーナーのブレーキでいきなりのハーフスピンです」という和田/宗方だが、「思ったほどタイム差がつかなかった」と2番手。
HR8A1911.jpg
今年はたくさんラリーに出場出来る環境になった岡田 貴/秋山美紗子は、ポイントを取りに来たが最終SSでリタイアしてしまった。
HR8A1894.jpg
ミラージュがトラブって急遽アルトで参戦してきた栗田大介/成瀬悠人だったが、スタックで早くも戦線から離れてしまった。

SS2

「滑る路面と、自らのビビリミッター(なんのこっちゃ)が効いてしまって、メリハリの無い走りになってしまいました」と反省するものの、連続でベストを出した尼子/内藤。
HR8A2249.jpg
ベテランでも滑る路面にはてこずっていた和田/宗方は、「だいぶ丁寧に攻めたんだけどね」といいながらも、またしても3コーナーでスピンで尼子に引き離されてしまった。

QL8Y3198.jpg
「全然曲がんないわ」と、困惑した表情の和田。

SS3

尼子のスピンにも助けられたとはいえ、一気に14秒もタイムを削る事に成功した和田/宗方。そえでも「まだ10秒はあるね」と、喜んでもいられないようだ。
HR8A2492_20120219230420.jpg
「気持ちを入れ直してスタートしましたが1コーナーで激しくスピンをし、なんとか立て直して走りたかったのですが、その後に2回もエンストをしてしまいました」と、貯金を半分以上も使ってしまった尼子/内藤は、「今日みたいな路面で20数秒ぐらいの差だと、あって無いようなものだと痛感させられました」と反省。

SS4
HR8A2794.jpg
思わぬかたちで優勝が転がり込んできた和田/宗方は、「第3コーナーを曲がると尼商(尼子)の姿があって、その横にはミラージュがインを向いて止まっているから笑いが止まらなくて。無事にゴール出来るか不安になるほど笑いが止まりませんでした。ゴールは後ろ向きでフィニッシュしてしまいました」と、2008年のARKラリー以来のストーリアでの優勝。「まだ詰めが甘いということですね。尼商」
HR8A2782_20120219230420.jpg
「最終SSの3コーナーでイン側の溝に引っ掛かり、スピンをしながら雪山に乗り上げてスタックしてしまいました」と、優勝をワンミスで逃してしまった尼子/内藤。
HR8A3013.jpg
「不用意に溝に入っていたり、タイム差があるので何処かで気の緩みがあったのかもしれません。『絶対に完走』と『勝つ』という気持ちが足りなかったんだと思います。要修行です」と、反省する尼子。
HR8A3040.jpg



※各クラスの優勝したみなさん、ウィナーズレポートを待ってますよ。



テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2012/02/19(日) 23:08:27|
  2. JMRC北海道ラリーシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おっちゃんの独り言 第41回

おっちゃんの独り言 第41回

最近、楽しんで撮影しているかな? と、思うことがあるんですよ。
なんか無難な写真しか撮ってないような気がしてさ。

先日のラリーで
HR8A2992.jpg
こんな感じでシャッターを切ってみたんですよ。
なんてことないスローで切っただけかもしれないけど、最近はこんな感じの写真も撮ってなかったような気がするんだよね。もっといろんな角度から写したほうがいいのかなって思ってさ。トップの数台だけだけど、攻めてみたんだよね。スローシャッターで流し撮りをしたから楽しんでいるとは思わないけどさ。それすらしてなかったからね。
今回もそうだったけど、スローでシャッターを切るとキチンと流れてなかったり、ピントが甘くてNGも多くなるから(オイラが下手なだけかな)、どうしても赤点を避けて無難な方向へ行ってしまってるんだろうね。カメラマン仲間には「その時に1枚でも気に入った写真があればそれでいいじゃん」って言われるけど、なかなかそれが出来ないんだ。それに、先輩に「スローで撮るなら一発(1枚)で決めれ」って教わったんだけど、連写が癖になると1枚じゃ不安になるからね。それでどうってことない写真が多くなってしまうんだろうし、場所選びでも冒険しなくなっているんだと思うよ。
反省しなきゃって思うけど、「気にしすぎじゃないの?」って優しい言葉を掛けてくれる人もいるからさ、どうしても自分に甘くなってしまうんだ。攻めなきゃダメだよね。何事にも。

ちょっとした事があって、古い、って言ってもデジカメで撮ったデータだからそんなに古くはないんだけどさ、過去の写真を見返していたら
HR8A8684.jpg
こんな写真や
QL8Y3080.jpg
こんなのを撮っていたんだね。全日本ダートラで写したカットのほんの一部なんだけど、5~6年前には紙面で使ってくれなくても、努力っちゅうか、なにかを撮ろうとはしていたんじゃないかな。たった数年で歳を取り過ぎたというか、守りに入り過ぎているんだろうね。

Rally Do!で使う写真も考えなきゃね。1イベントで1枚しか写真を使わないとかさ。

なんてね。



テーマ:ひとりごと - ジャンル:車・バイク

  1. 2012/02/16(木) 23:59:58|
  2. おっちゃんの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

byけいご
オレも今年は冒険してみる。
と、宣言してみた。

byおっちゃん
けいごさん:
おはようございます。
十分に冒険しているんじゃないの?

オイラもこう言ったけど攻めれるかな。

コメントを閉じる▲

第26回 EZO ENDLESS RALLY 速報

第26回 EZO ENDLESS RALLY 速報


HR8A2971_20120212210405.jpg
チャンピオンCクラスで開幕2連勝を決めた山上智也/伊勢谷 巧。

HR8A1883.jpg
チャンピオンBクラスで優勝した和田 誠/宗方さおり。

HR8A2569.jpg
ジュニアCクラスで優勝した村里尚太郎/鈴木一生。

HR8A2036.jpg
ジュニアBクラスで初優勝した水澤孝文/由紀子の夫婦コンビ。

HR8A2363.jpg
2WD1.5クラスで優勝した佐々木博未/紙谷祐輔。

HR8A2904.jpg
K-Carクラスで初優勝した小野太一/小野寺 渓。

リザルト
リザルト1 リザルト2



テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2012/02/12(日) 21:14:32|
  2. JMRC北海道ラリーシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

USTREAMで動画配信

USTREAMで動画配信

HR8A6593.jpg
2月12日(明日だね)に新千歳モーターランド・ダートトライアルコースで開催される「第26回 EZO ENDLESS RALLY」で、姉妹サイトの“ジムキタ”がUSTREAMによる動画を配信する予定でいます。お茶の間にいてもラリーのライブ中継が見れるようになっています。

USTREAMジムキタチャンネル


パソコンの前で応援もいいけど、是非会場に足を運んでみてはどうかな。


テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2012/02/11(土) 17:11:30|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第26回 EZO ENDLESS RALLY エントリーリスト

第26回 EZO ENDLESS RALLY エントリーリスト


2月12日に開催される「第26回EZOENDLESSRALLY」のエントリーリストとアイテナリが出ました。

エントリーリスト

アイテナリ




テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2012/02/09(木) 22:18:49|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第2回RTC冬の乱エントリー受付中

第2回RTC冬の乱エントリー受付中


2月19日に開催される「第2回RTC冬の乱」のエントリーが始まっている。
参加制限は申し込みの順番で25台までとなっていて、3日経った2月8日で6人の申し込みがあると連絡を受けているが、出場を渋っていると締め切られることもあるようだ。

冬の乱1 冬の乱2

詳しいことは、上の案内を見てほしい。
受付の締め切りは2月12日まで。

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2012/02/08(水) 23:55:27|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad