北海道のラリー情報交換サイト「Rally Do!」ブログ

北海道地区のラリーの情報を幅広くお伝えするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

とかち2011 ラリーレポート2WD1.5編

とかち2011 ラリーレポート2WD1.5編

第6戦の3位入賞で2年連続のチャンピオンが決まった佐々木博未/松井浩二。しかし、開幕戦の優勝意外は金メダルを手にしていないために、「もうひとつ勝たないとカッコつかないですよね」と言ってスタートしている。ターマック戦では馬渕貴則が2勝し、グラベルでも和田 誠/宗片さおりが連勝を決めているとなると、チャンピオンが決まったとはいえ「1勝では…」という思いが佐々木と松井には大きくのしかかっているようだ。
幸いに、というべきか、和田は翌週のラリー北海道に出場するために今大会には顔を出していないため、佐々木には大きなチャンスと言える。ただ、第6戦で2位になっている三木晴夫/三木孝市の存在が…。

SS1
この大会での優勝を強く望んでいる

佐々木/松井がファーストステージから思いを募らせてきた。
2番手は
HR8A7239_20111123001013.jpg
1秒遅れで三木兄弟が入る。
第2戦で優勝しているが、あとは出場しているラリーは3位が定位置となっている
HR8A7195.jpg
泉 祐悟/小池征寛が3番手からスタート。
パセオでのグラベル戦が初参戦となる
HR8A7226.jpg
佐藤博信/伊藤克己が4番手。
5番手は、今シーズンは2戦目となる
HR8A7257.jpg
竹下紀子が高橋 巧をコドラに迎えて出場してきた。
走りに精彩を欠いているようにも映る
HR8A7212.jpg
佐藤茂樹/近添幸司が6位からラリーが始まった。

SS2
ファーストステージでトップタイムをマークした佐々木/松井が、陸別サーキットの左コーナーの餌食になりリタイア。代わりに、三木/三木がトップとなりラリーを引っ張ることになった。
QL8Y9730.jpg
SS2で姿を消してしまった佐々木は寂しくサービスの手伝い。

SS3
「ラリー洞爺でタイヤの使い方が分かった」と、2位に6秒もの大差をつけて
HR8A7737.jpg
三木/三木が連続でベストタイムを出してきた、
徐々に走り方が戻ってきたような
HR8A7752.jpg
竹下/高橋が2番手。
3番手には
HR8A7691.jpg
泉/小池が入る。

SS4
今回はライバルが不在となったのか
HR8A8320.jpg
三木/三木がまたしても2位に4秒の差をつけて首位の座を確立する。
竹下に追い上げられてきた
HR8A8257.jpg
泉/小池が2番手タイムを出して逃げ切ろうとするが…。
戦闘力が未知数のパセオで3番時計を出してきた
HR8A8299.jpg
佐藤(博)/伊藤。

連続のベストタイムで最終SSを前にして2位に30秒以上の差を築いた三木/三木に対して、SS6で竹下/高橋に逆転されてしまった泉/小池は定位置(?)の3位に後退した。

SS7
佐々木(博)がリタイアしてからは全てベストタイムを出してきた
HR8A8680.jpg
三木/三木が2009年のふらの以来となる優勝を手にした。
三木にコンマ差まで迫る走りを見せたが、竹下から2位を奪い返すまではいかなかった
HR8A8657.jpg
泉/小池が2番手タイムを出すが、今シーズン4度目の3位に終わった。
尻上がりに調子を上げてきた
HR8A8687_20111122235906.jpg
竹下/高橋が表彰台をゲットした。



オープンクラス
関東から遠征してきた
HR8A7274_20111123000309.jpg
室田 仁/宮城孝仁と、
HR8A7780_20111123000308.jpg
島祥一/菊池正樹のヴィッツ2台と、
HR8A8382_20111123000308.jpg
吉岡 祐/藤井貴也の3台が出場。

今回は1台のエントリーでクラスが成立しなかったK-Carクラスには
HR8A7797_20111123000307.jpg
堀内 隆/山崎和政が出走した。



スポンサーサイト

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/11/23(水) 00:17:17|
  2. JMRC北海道ラリーシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とかち2011 ラリーレポートジュニアシリーズ編

とかち2011 ラリーレポートジュニアシリーズ編

IMG_6084.jpg


今年のジュニアCクラスの主役は、間違いなく大橋 渡と藤澤和弘のふたりだった。開幕戦で優勝した大橋に、2位になった藤澤と、レポートでは「ジムカーナコンビが…」と書いていたが、第2戦でもSS1で大橋が、SS2と3では藤澤がベストタイムを出して注目を集めていた。第3戦は釜澤 亮が優勝したが、大橋が2位で藤澤が3位。続くターマックラウンドの第4戦でも再び大橋が優勝して藤澤が2位と、舗装路での強さも見せていた。
この頃になると、ジムカーナの影も薄れてラリーストとしての顔が定着してきたように見えたが、当初の予定ではここまでの参戦のようだった。しかし、砂川のダートラ場での第5戦で藤澤が3度目の2位になり、大橋が4位に入賞したことでシリーズのワン・ツーを確立してラリーに背を向けることが出来なくなったようだ。
第6戦のラリー洞爺にはともに不参加となり、ふたりを追う田中健一や釜澤も出場しなかったために、最終戦で大橋と藤澤の一騎打ちとなった。
リタイアしなければいい大橋に、優勝しかない藤澤。圧倒的に大橋が有利の中で始まった最終戦のSS1でベストタイムを出してきたのは
HR8A7086.jpg
小林賢治/鈴木一生。第3戦からジュニアCにドライバーデビューしてきたが、正直印象に残る走りではなかった。ところが、最終戦になって「誰?」と思うほど走りが変わって現れて、初めてリザルトのトップに名前を連ねた。
2番手は
HR8A7046.jpg
小林に4秒も離されているが藤澤/加藤孝輔がこのポジションからトップを狙う。
3番手は
HR8A7036.jpg
Rという文字がリザルトに載らなければいい大橋/陶山 護が慎重にコマを進めている。
4番手は
HR8A7077.jpg
第6戦で初めての優勝を経験している村里尚太郎/岸井 誠。
5番手は
HR8A7061_20111118014603.jpg
デビューの年に優勝と転倒を経験している釜澤/俊野朋彦が、「ガラスをつけて走れるまでになったことを褒めてください」と謙虚なコメントとは裏腹なオーバーアクションの走りで最下位からのスタートとなった。

SS2
陸別サーキットのファーストステージは、SS1の逆で釜澤がベストを奪い、小林が13秒も離されてしまう。

SS3
ここで事件が起きた。シリーズチャンピオンに一番近い大橋がこのステージをゴールしなかった。リタイアを避けた走りのように見えたのだが…。
リピートとなったこのステージでも速かったのが
HR8A7607.jpg
小林/鈴木。SS1でのタイムがフロックでなかったことを証明して見せた。
2番手は
HR8A7578.jpg
大橋が消えてシリーズが見えてきた藤澤/加藤だが、このままのポジションでは厳しい。
3番手は
HR8A7589.jpg
1本目より12秒もタイムを縮めてきた釜澤/俊野。

ポッサム林道を逆走するSS4でも速さを見せたのが
HR8A8154.jpg
小林/鈴木。林道での連続ベストで首位に躍り出た。
2番手タイムは
HR8A8112.jpg
首位を小林に明け渡してしまった藤澤/加藤。
HR8A8142.jpg
村里/岸井が3番手でゴールするが、その後エンジンが止まってしまいリタイアしてしまう。

SS5でやっとベストを出した藤澤/加藤が小林を再び逆転してトップを取り返し、SS6では嬉しい知らせがふたりに入った。林道で速さを見せていた小林がリタイアして、楽に勝負を進めることができるようになった。というのも、釜澤との差は1分近く開き、残る2.69kmの陸別サーキットを無事に走り切れば初優勝はおろか、シリーズチャンピオンも手の届くところまできた。

SS7
3台がリタイアして、残りは2台となってしまったが
HR8A8621.jpg
最後をベストタイムで締めた釜澤/俊野。
HR8A8612.jpg
タイムを見ても慎重に走ったのがうかがえる藤澤/加藤は、可能性の低かったシリーズチャンピオンを参戦初年度で獲得した。
QL8Y9809.jpg


ダイモン ケイスケ/山木大輔は1ポイントでも獲得したらシリーズチャンピオンが決まる。2番手にいる山口昌洋/山口美由紀は優勝しかない。という構図はCクラスと同じだが、ダイモンはリタイアしても山口が優勝で同点になることが他のクラスと異なるところだ。ただ、同点で優勝回数も同じとなると2位の回数で山口に軍配が上がるので、ダイモンもRの文字は避けなければいけない。

SS1
昨年のこの大会でデビューウインを果たし、ここでの走りには格別の自信を持っている

佐々木良太/マッチョンが幸先のいいスタートを切った。
2番手は、リタイア出来ないプレッシャーか
HR8A7105.jpg
いつもの走りが影を潜めているダイモン/山木が佐々木の1秒落ちにいる。
陸別のターマック戦で優勝している
HR8A7125.jpg
福田雅史/仲田治夫が納得のいかない走りながら3番手にいる。
4番手には
HR8A7162.jpg
俣野 実/善方勇太が入るが、次のSS2で姿を消した。
5番手は
HR8A7137.jpg
「グラベルはほとんど走っていません」という猪狩 大/猪狩 巧の兄弟が、初めての砂利道走行を見せてくれたが、ターマックのようなインパクトはなかった。
6番手は
HR8A7113.jpg
チャンピオン争いの渦中にいる山口夫婦が最後尾から行方を見守る。

SS2
佐々木/マッチョンが連続でベストタイムを出してきたが、ダイモン/山木はいい思い出が無い陸別サーキットを慎重に行き過ぎたのか最遅タイムに終わっている。

SS3
ファーストステージのリピートでも速さを見せたのが
HR8A7673.jpg
佐々木/マッチョンで、3連続でベストを奪い後続との差を広げていく。
HR8A7642.jpg
福田/仲田が連続で2番手タイムを出してきた。
HR8A7629.jpg
林道になると立て直してきたダイモン/山木が3番時計。

SS4
完全にラリーをリードしている
HR8A8234.jpg
佐々木/マッチョンは、4連続ベストで2位との差を17秒に広げた。
差を広げられたとはいえ

ダイモン/山木が2番手タイムを出してきた。
徐々にタイムを出してきた
HR8A8218.jpg
猪狩兄弟が林道で3番手を獲得。

陸別サーキットの2回目となるSS5では、猪狩兄弟がベストタイムを出して福田/仲田を逆転して3位に浮上した。SS6では、今大会初となる1番時計をダイモン/山木が出してきたが、佐々木/マッチョンはマシンにトラブルが出てきたようだ。

SS7
陸別サーキットで2回目のベストタイムを出すなど、
HR8A8644.jpg
いい形で最終SSを終わることができた猪狩兄弟は、初のグラベル戦を3位でフィニッシュした。
佐々木を逆転してシリーズチャンピオン獲得に花を添えた
HR8A8629.jpg
ダイモン/山木。
QL8Y9724.jpg
「ミッショントラブルです」とダイモン/山木に逆転された
HR8A8652.jpg
佐々木/マッチョンは、連覇とはいかなかったが林道では持ち味を出していた。


テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/11/18(金) 02:07:20|
  2. JMRC北海道ラリーシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

とかち2011 ラリーレポート チャンピオンシリーズ編

とたち2011 ラリーレポートチャンピオンシリーズ編

最終戦が終わって、もう一ヶ月が経ちました。陸別から帰って4日後にはまた帯広の人になっていて、次は秋田県まで行ったりなんかして、メディアレポートや独り言は書いているのにラリーレポートがなかなか出ないとお叱りを受けたりなんかして。レポートをアップしようと思ったら、今度はパソコンが駄々をこねまして・・・
と、言い訳を言わせてもらって。


とうとう2011年北海道ラリーシリーズも最終戦。
1月23日の開幕戦から8ヶ月、北海道・夏のラリーが増えて全7戦で争われた今年だったが、シリーズチャンピオンが決まっているのは、ジュニアCのコドラ加藤孝輔と、2WD1.5の佐々木博未/松井浩二だけと、いつもながら簡単にはシリーズチャンピオンが決定しないようだ。
各クラスでチャンピオン候補が絞られたとはいえ、ゴールするまで予断を許さない。

今年の勝負は、一昨年使ったポッサム林道(しつこいですがこう呼びます)と陸別サーキットの2ヶ所。特に陸別サーキットは
IMG_6105_20111104233119.jpg
IMG_6110.jpg
初めての逆走で使用し、

コース紹介の動画を見ても、後半の下り左コーナーが嫌な雰囲気を醸し出している。

チャンピオンCクラスのエントリーは、このラリーの人気を表す今シーズン最大の12台。3連覇を狙う中村有一や関根正人をはじめ、四国から渡部洋三と堀川竜二の強豪に、第5戦で優勝したAki HATANOらが名前を連ねている。関東からエントリーしていた草間一朝は、台風の影響で参加を断念している。
シリーズチャンピオン争いは、2年連続を狙う山田健一と、若手成長株の山上智也のふたりに絞られているが、1点でもポイントを獲得したら自力のチャンピオンが決まる山田に対して、優勝が絶対条件の山上では、「山田のチャンピオンがほぼ決定」といっても過言ではないようだ。というのも、山上は前記のメンバーの上にいなければならないのだから、過酷な条件が付きつけられている。

SS1
ポッサム林道の5.30kmを一番速く駆け抜けたのが

チャンピオン争いの渦中にいる山上/伊勢谷 巧。「誰も僕が勝つとは言ってなかったので楽に走れました」と、2番手に3秒もの差を築いている。
セカンドベストは
HR8A6947.jpg
今年は長野からは1台の参加となった猿谷洋文/佐藤幸彦がつけ、
3番手には
HR8A6833.jpg
大藤潤一/永井 真が入りトップ3を形成した。
4番手には
HR8A6881.jpg
このラリー2連覇中の中村/坂本樹一朗と、
HR8A6891_20111104233009.jpg
北海道ラリーシリーズの2勝目を狙っているHATANO/染宮弘和が仲良く同秒で分け合い、
6番手と7番手には四国の
HR8A6922.jpg
渡部/池田 茂と、
HR8A6929.jpg
堀川/原 信義がつける。
8番手には
HR8A6806.jpg
チャンピオン争いの主役を務める山田(健)/大楽 敬がギリギリの順位から始まり、
HR8A6841.jpg
関根/五十嵐恵子がエンジン不調で9番手のタイムに終わっている。
10番手には
HR8A6953.jpg
今シーズン初めて顔を見せた伊藤淳郎/吉田和徳がつけて、
HR8A6825.jpg
このラリーで北海道ラリーシリーズを後にする田中曹一郎/齋藤淳一が、ラストランを後方から行方を見守るかたちとなった。

SS2
初めてとなる陸別サーキットの逆走を制したのはHATANO/染谷。2.69kmで2番手の山田(健)/大楽を6秒も引き離す圧倒的な速さを見せて、リザルトのトップに躍り出た。

SS3
SS1のリピートとなるステージを制したのは、
HR8A7479_20111104234550.jpg
猿谷/佐藤。惜しくもSS6でリタイアしてしまったが、ポッサム林道で唯一山上に勝ったのが猿谷だった。
1.4秒差の2番手は
HR8A7351.jpg
山上/伊勢谷がつけ、
コンマ4秒の僅差で
HR8A7426.jpg
HATANO/染谷が首位を守る走りを見せている。

SS4
ポッサム林道の逆走は、
HR8A7831.jpg
またしても山上/伊勢谷が速さを見せてHATANOを逆転してトップに返り咲いた。
HR8A7897.jpg
やっとエンジンがかかってきた中村/坂本と、
HR8A7918.jpg
またしてもHATANO/染谷が同秒で2番手タイムを出してきた。

SS5
陸別サーキットの2走目もHATANO/染谷が激走を見せて、首位の山上に7秒近いタイム差をつけて逆転に成功。続くポッサム林道のSS6では山上/伊勢谷がベストタイムを出すが、HATANOを再度逆転するまでのタイム差は築けなかった。

SS7
最終SS。3回目の走行となる陸別サーキットだが、2分20秒の壁を破っているのはHATANO/染谷だけ。ここまで引き離されると「悔しい」という言葉もかき消されてしまうが、HATANOは「逆に林道では悔しい思いをした」といっている。
そのHATANO/染谷は
HR8A8529.jpg
最後も他を寄せ付けないタイムを出して金メダルを奪い、北海道ラリーシリーズで2勝目を飾った。
2位は
HR8A8486.jpg
「また2位です」と、なかなか金メダルを首に掛けれない山上/伊勢谷が、またしてもHATANOに敗れてしまった。
3位は
HR8A8513.jpg
3連覇を逃した中村/坂本。
4位は
HR8A8533.jpg
四国からやってきた渡部/池田が入り、
HR8A8473.jpg
山田(健)/大楽が6位でフィニッシュしてシリーズチャンピオンを決めた。


チャンピオンBクラスは、松倉拓郎と尼子祥一の一騎打ち。開幕4連勝で盤石の体制を築いた松倉だったが、グラベルシーズンになって尼子が猛チャージを決めてきた。二人のシリーズポイントの差は4点、ともに1戦を欠場しているので今大会の成績がそのまま有効ポイントになる。グラベル2連勝と調子の良い尼子はもちろん優勝を狙ってきているが、その場合、松倉は3位までに入らなければいけない。昨年のこの大会はリタイアに終わっている松倉だけに縁起の良いラリーとはいえないが、ライバルとのタイム差を見ながら走れば難しい順位ではないと思うのだが。

SS1
HR8A6985.jpg
出だしからタイムを刻んできたのは尼子/亀森隆志。グラベル戦の完全勝利を目論んでいるが、コドラの亀森が早くもVサインを出している。
2番手は
HR8A6971.jpg
プレッシャーからか本来の走りが影を潜めている松倉/猿川 仁がつける。
3番手には
HR8A7009.jpg
前戦からミラージュで参戦してきた山田裕一/湊谷孝司。
4番手は
HR8A7001_20111104235422.jpg
チャンピオン戦にステップアップしてもなかなか結果が出ない栗田大介/成瀬悠人。
5番手は
HR8A7022.jpg
2年振りにNAランサーで復帰してきた山木基充/ベンちゃん。

SS2
陸別サーキットでも速さを見せたのが尼子/亀森。連続のベストタイムで首位をキープしている。

SS3
林道に戻っても速さを維持して

尼子/亀森が3連続のベストタイムを刻む。このSSだけで6.2秒と、2位以下を大きく引き離しにかかった。
2番手は
HR8A7546.jpg
調子を上げてきた山田(裕)/湊谷が、松倉を抜いてきた。
3番手は
HR8A7505.jpg
トータルではまだ2位を守っている松倉/猿川。

SS4
セクション2の一発目で、尼子が続けていたベストタイムが破られてしまった。ポッサム林道を逆走でレイアウトしたステージで速さが光ったのが

山田(裕)/湊谷。コンマ3秒ながら尼子に土をつけた。
2番手は
HR8A8040.jpg
グラベル戦で続けていたベストタイム記録が途絶えてしまった尼子/亀森だが、首位の座は明け渡さない。
3番手は
HR8A8020.jpg
じわじわと山田(裕)に迫られている松倉/猿川。

SS5
尼子/亀森がベストタイムを奪い返すが、2位争いが熾烈になってきた。松倉/猿川とのタイム差を徐々に縮めてきた山田(裕)/湊谷が、ここのステージで2番手タイムを出して逆転に成功した。4位争いをしている山木/ベンちゃん対栗田/成瀬も、シーソーゲームを繰り広げて4番手タイムを出した山木が4位を取り戻した。続くSS6も同じオーダーで駒を進めて、最終SSを迎えることになった。

SS7
ラストステージになっても尼子/亀森は手綱を緩めない。
HR8A8580.jpg
最後もベストタイムを奪い3連勝を決めた。
2番手タイムは
HR8A8587.jpg
最後に速さを見せた栗田/成瀬。しかしそれまでの低迷で5位に終わっている。
3番手は
HR8A8569.jpg
逆転されて後がなくなった松倉/猿川が、山田(裕)の失速にも助けられて3番手タイムでゴールして2位を獲得。シリーズチャンピオンを決めた。


テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2011/11/05(土) 00:04:39|
  2. JMRC北海道ラリーシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

byエントリーシート
とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。

byおっちゃん
エントリーシートさん
また来てください

コメントを閉じる▲

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。