北海道のラリー情報交換サイト「Rally Do!」ブログ

北海道地区のラリーの情報を幅広くお伝えするブログです。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

10/02/14 第24回 EZO ENDLESS RALLYラリーレポートPart2

24th EZO ENDLESS RALLY  2010.2.14

2WD1.5シリーズ

開幕戦では「クルマが出来たばかりで練習をしていないから」と、参戦を断念していた昨年のBクラスチャンピオン佐々木博未が、シーズンオフに話題に上っていたヴィッツRSを持ち込んで会場に現れた。
これで実戦に投入されたヴィッツが3台目となり、今大会は佐藤茂樹のレビンと合わせると全車がトヨタ車で占められたことになる。

「舗装以外で初めて勝ったさ!」

竹下紀子がゴール後のインタビューで最初に言ったのが、この言葉だった。
前戦であのスピンさえなければ1カ月早く聞いていたのかもしれないが、まさか舗装路以外で勝っていなかったとは。
リザルトをひもといてみると、2000年から始まったオールターマックの「EZO SUMMER RALLY」での3連覇から始まって、2004年まで毎年舗装では勝っているのだからターマッククイーンと称されるのもうなずけるが、確かにグラベル戦での優勝は見当たらなかった。
コ・ドラでの勝利がドライバーで勝っているイメージにつながっているのかもしれない。
開幕戦で優勝した佐藤(茂)が「今日の路面だったらたけのり(竹下)も前回みたいな走りができないでしょう」とレッキの後にいっていたが、竹下のセッティングはむしろ今回のスケートリンクのような氷の路面に合わせていた(といっていたと思う)。
「慎重に無理しないで走るわ」といっていた佐藤(茂)だったが、SS1でベストタイムを出したのは竹下だった。
佐藤(茂)は「周りで見ていた人にも『スッげー遅いよ』っていわれてさ。
滑る路面はキライ」と、ベテランらしからぬ発言で今回は精彩を欠いている。
SS2では和田 誠がトップで走りきって竹下から首位の座を奪った。
「今日の秘策はABSを活かせているんだよね」と、SS4で追い上げられるがトップを守っている。
問題のSS5、竹下が「他の人たちがみんなやらかしてくれた」というように、15秒もの大差を付けてゴールしている。
和田が「止まってしまった」と話した後に、「2駆は止まってしまうと全然前に進まなくて、ロスが大きいよ」と、竹下に逆転を許してしまった。
「前回はプレゼントしてしまったけど、今回は貰えました」と、竹下が舗装以外での優勝を飾った。

写真16
SS3のミスが尾を引かなかった竹下紀子/脇屋知子組は、ウインターはもちろん、ターマック戦以外で初めての勝利となった。
写真17
「SS5は私だけがミスをしなかった」と、逆転の優勝で笑顔の竹下紀子。
写真18
「強くブレーキを踏んでもタイヤがロックしないのがいいかも」と、滑る路面でのABS効果を確かめた和田 誠/宗方さおり組が2位。
写真19
今回は和田 誠の手から優勝がこぼれ落ちていった。
写真20
FF車に早く慣れることが必要な佐々木博未。
写真21
スケートリンクのような路面に手こずってしまった佐藤茂樹/近添幸司組は、開幕戦のように上手くいかなかった。
スポンサーサイト

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/02/23(火) 18:28:08|
  2. JMRC北海道ラリーシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10/02/14 第24回 EZO ENDLESS RALLYラリーレポートPart1

24th EZO ENDLESS RALLY  2010.2.14

昨年は季節外れの雨でコースコンディションが変貌してしまった「EZO ENDLESS RALLY」。
スタック車が続出してSSをキャンセルしてコース整備をしなければならないほど荒れた路面になってしまったが、今年は冷え込みが厳しくスケートリンクのようなガリガリのツルツル。
この滑る路面がドライバーを悩ませ各クラスで勝敗を左右した。
ちなみに、昨年は17台のスタック車がいたが、今年は2台だけで済んでいる。
写真1
朝の7時でクルマの外気温計がマイナス22℃、「マジ」に寒かった。
写真2
0カーは昨年のこの大会でラリー初優勝を経験した林 宏明が務めた。

チャンピオンCクラス
最終SSでの自爆劇!
スピンで消えた2連勝


開幕戦はスキップしていた昨年のチャンピオン萩中俊介が、ランサー・エボ7を従えてエントリーリストのトップに名前を連ねている。
2日前までリフトに乗っていたエボ7での参加が危ぶまれていたが、新シリーズをニューマシンで迎えることができた。
ほとんど練習もできない状態で迎えた注目のSS1、ゼッケン1番のため後続車がゴールしないと順位がわからなかったが、関根正人と同タイムの2位で上がったことはさすがはチャンピオンといったところか。
しかしリザルトの上位に名前があったのはこのSSだけで、萩中といえども簡単にはエボ7で結果を残すことはできなかったようだ。
その萩中を抑えてSS1でトップタイムをだしたのが、開幕戦の覇者の山田健一。
前戦からの好調ぶりを発揮して、SS2こそ関根に奪われてしまったものの、リザルトボードのトップはSS5まで守り抜いていた。
そして問題の最終SS、「自作自演でおもしろくするなよ」の声に「大丈夫です」と返事を返してTCへ向かった山田だったが、スタートして500メートル、雪壁の堅いところに引っかかりスピンしてしまう。
おまけにエンジンまでストップし、復帰するまでに大きくタイムを落としてしまった。
2位の関根とは18秒近くもタイム差があったのだから普通でいけば勝負は決まっていたはずだが、「抑えていったのが裏目に出てしまった」と反省しても後の祭りで、前戦では辛くも逃げ切った関根に逆転を許してしまった。
更に、3位になった大藤潤一には同点に持ち込まれて、SS1の速かった方で山田に軍配が上がって2位となったが、「あとセルが1回多く回ってくれていれば」と大藤が言うように、さらに順位を落とすところだった。
思わぬところから優勝が転がり込んできた関根は、「不甲斐ない勝ち方です」と2005年のふらの以来となる地方戦での優勝をつかんだ。
写真3
昨年の最終戦で優勝を棒に振っている関根正人/五十嵐恵子組に、5ヵ月遅れで優勝が舞い込んできた。
写真4
一昨年は全日本戦で、昨年は青森で優勝している関根正人が、北海道の地方戦では久々の美酒。
写真5
山田健一/大楽 敬組の連勝で原稿を考えていたのに、まさかのスピンで自滅するとは・・・。
写真6
今年からコンビを組みだした大藤潤一/脇 孝拓組は、Cクラスに移ってベストリザルトとなる3位を獲得。
写真7
大藤に「速いよ」と警戒されている山上智也/ベンチャン組は、滑る難しい路面でも結果を残して4位に入った。
写真8
最終SSで3番手タイムを出した伊藤淳郎/木村公二組は、前回と同じ5位で終わった。
写真9
ターマックやグラベルでエボ7をどう操るかチャンプ萩中。


チャンピオンBクラス

たくろーが連勝
開幕戦で火花を散らして戦いあった松倉拓郎と古谷欣竹が、なぜかコンビを組んで参戦してきた。
台数が減ってしまい、松倉と古谷の対決もコンビ結成で封印されてしまったが、松倉と石塚慶子の戦いが激しさを増して今回の注目の戦いとなった。
前回のSS1では10秒の差を付けていた松倉だったが、今回は石塚がコンマ差ながらトップタイムを出してきた。SS2、3で「ちょっと路面がくいだしたときに勝負ができた」と、松倉がタイムを出して7秒のビハインドを付けたが、石塚に戦意を失わせるような差を築いていない。
ツルツル路面が勝負を演出していたのだろうが、松倉の走りが今回の路面ではタイムが思うように出ていないようだ。「タイヤが効かなくて、インフィールドで綺麗に走っているんですけどトラクションが掛かっていなかった」と走りを分析する松倉だが、コ・ドラで横に乗っている古谷には「こんなもんですか?」と苦言を指されてしまう。
それでも石塚に後半はトップタイムを奪われてしまうものの、逆転されることなく2連勝を決めた。
写真10
コーナーごとに評価しながら走っていたという松倉拓郎/古谷欣竹組が、厳しい戦いを制した。
写真11
「今回は何とか、ホント何とかでしたが勝てました」と、連勝を決めた松倉拓郎。
写真12
瀧 正憲とコンビを組んだ石塚慶子は、6本中4本でトップタイムを出したものの逆転することは出来なかった。


チャンピオンAクラス
チャンプ泉の貫禄勝ち
開幕戦は泉 祐悟が1台しかいなかったが、昨年のジュニアシリーズAクラスチャンピオンの谷岡一幸がステップアップしてきて、さらに昨年は2WD1.5クラスに参戦していた三木晴夫のストーリア1300が加わってやっとクラスが成立したチャンピオンA。
泉も2戦の状況を見て今後を決めると語っていたが、ヴィヴィオの佐藤博信や今回もコ・ドラで出場している岡村 巧が参戦してこなければクラス成立は厳しいと思われる。
SS1、滑る路面でクルマの軽さを活かした走りを見せた泉が、上のクラスをくってしまうタイムを出して幸先よいスタートを切った。SS2からはクラス内での戦いとなったが、谷岡とはコンマ差の好勝負を繰り広げている。
SS3で谷岡を引き離すことに成功した泉は、最終SSでも好タイムを出して今シーズンの初勝利に輝いた。
写真13
開幕戦はBクラスに敵わなかった泉 祐悟/小池征寛組が、今回はSS1とSS6の2本でBクラスよりも速く走りぬけた。
写真14
今シーズンのAクラスは泉 祐悟の勝利から始まった。
写真15
昨シーズンの冬はジュニアAクラスで連勝した谷岡一幸/岸田勇人組が、チャンピオン戦の緒戦は2位で発進した。

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/02/20(土) 18:37:07|
  2. JMRC北海道ラリーシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

2010/02/14 第24回EZO ENDLESS RALLY 速報

今日開催された第24回EZO ENDLESS RALLYのリザルトです。

リザルト(PDFファイル)

ハ#65533;^#65533;P
選手もオフシャルもギャラリーも、全員で「ハイ、ポーズ」

ハ#65533;^#65533;Q
最後に優勝が転がり込んできた関根正人/五十嵐恵子組

ハ#65533;^#65533;R
チャンピオンCクラス表彰式
左から、3位の大藤潤一/脇 孝拓、優勝の関根正人/五十嵐恵子、2位に泣いた山田健一/大楽 敬

ハ#65533;^#65533;S
ラリー2戦目でジュニアCのトップになった能戸智徳/尼子祥一組

ラリーレポートは近日中に公開予定です。

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/02/14(日) 22:31:24|
  2. JMRC北海道ラリーシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第24回 EZO ENDLESS RALLYのエントリーリストが出ました

今週末に行われる「第24回 EZO ENDLESS RALLY」のエントリーリストとアイテナリが発表されてます。

アイテナリ(PDFファイル)

エントリーリスト(PDFファイル)

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/02/12(金) 08:31:01|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10/01/24 北海道ブリザードラリー2010 おっちゃん風ラリーレポート その3

ラリーレポートPart3(おっちゃん風)

レポートの最後は2WD1.5シリーズですよ。
北海道ブリザードラリー2010
2WD1.5シリーズ

「やっと勝てた」茂樹さんが1.5で初優勝
写真29

北海道ラリーシリーズのレギュラードライバーでは最年長になってしまった茂樹さん。

昨年からクラスが設定された2WD1.5。
1年が経ったこのクラスに移ってくる選手もいるようで、オイラが知っているだけでも、コルトの新車で参戦の準備をしている馬渕(貴則)くんや、今回は不参加だったけど昨年のBクラスチャンピオンの佐々木(博未)くんがヴィッツを完成させているし、あっくん(南 篤典)もすでにヴィッツを買っているからラリー車の仕上がるのを待つだけ。
昨年からの選手達と合わせると、今年はさらにおもしろい戦いが繰り広げられそうだね。

年明けにオイラの耳に入ってきたのが「(佐藤)茂樹さんがヴィッツを買った」というウワサ。
「やるなぁ~、オヤジもヴィッツかい」ということで、スタート前に真相を聞きにいったら、オイラの顔をジーっと見てひとこと「やめた」との返事が。いまの世の中がそうさせたみたいです。
その茂樹さんがSS1でベストタイムを出してきた。
昨年の最終戦・最終SSでベストを出しているから、年をまたいでの連続ということだね。
「今年はまだレビンでやりたいことがあるから」と、レビンの戦闘力を上げようという狙いがあるみたいだ。
SS2は、このクラスの初代女王となったのりぴー(竹下紀子)が、2番手タイムの中西(貴晃)くんをコンマ差ながら抑えてベストを出して茂樹さんを逆転することに成功した。
ただ、オイラに「どう?」って聞いてきたぐらいだから、走りに迷いがあったのかな。
SS3は和田(誠)くんがトップを奪うが、のりぴーの首位の座は揺るがないものになっていた。
しかしSS4、立ち往生しているクルマを排除してクリアになったコースで、あろうことかのりぴーがスタックしてしまいトップから滑り落ちてしまうどころか、優勝も雪煙りとともに消えてしまった。
SS4で2度目のトップタイムを出した茂樹さんが首位に返り咲いて、残すSSは2本となった。
SS5&6は、守るものはなくなったのりぴーがチャンピオンCクラスにも匹敵する驚異のタイムを出すが、すべては後の祭となってしまっている。
セカンドベストは和田くんに奪われてしまったものの、最後まで逆転されることなく茂樹さんが2WD1.5の初優勝に輝いた。

写真18
2WD1.5優勝 佐藤茂樹/近添幸司
「やっと勝てた」の次に出てきた言葉が「次もたけのり(のりぴーのことね)に最後の走りをされたらやばいね」だった茂樹さん。次戦はどうなる?

写真19
2WD1.52位 和田 誠/宗方さおり
出足のタイムが最後まで尾を引いてしまった和田くん。SS3から追い上げたけど届かなかった。

写真30
竹下紀子/脇屋知子
スタックした後の走りはこんな感じだったのりぴー。


クローズドクラス(Rally Do!に協賛してくれたメンバーです)
32.jpg
北倉裕介/米山正也
33.jpg
惣田政樹/まのめっち
34.jpg
宮崎恵一郎/高野安彦
35.jpg
猿川 仁/加藤孝輔
45.jpg
米屋賢吾/岩渕亜子
47.jpg
假屋洋人/假屋 徹
49.jpg
渕別府拓也/齋藤雅俊

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/02/09(火) 17:15:38|
  2. JMRC北海道ラリーシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

10/01/24 北海道ブリザードラリー まとめ動画が完成しました

北海道ブリザードラリーでの走行の様子をまとめた動画をyoutubeにアップロードしました。
今回はRally Do!に協賛して頂いたメンバーを集めた物となっています。

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/02/04(木) 15:20:12|
  2. お知らせ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

No title byCKN
こんばんは、ブリザードで34番のナビで出ていたものです

自分のブログに
こちらの動画集を許可なしに貼らせていただいてしまいました。
あまりにかっこよすぎたので思わず...
すみません...

今回もまたかっこいいですね。
ところでこのBGMは何というバンドでしょうか?
声が聴いたことあるんですが。。。
EUROPE?

No title byRallyDo!動画制作班
こんにちわ♪
動画どんどん宣伝しちゃってください^^
今回はヨーロッパの91年のアルバムから「halfway to heaven」をセレクトしました。
ミドルテンポの曲に合わせるのはちょっと難しかったですが、青空とマッチしていていい感じに出来上がったと個人的には思ってます(笑

コメントを閉じる▲

10/01/24 北海道ブリザードラリー2010 おっちゃん風ラリーレポートpart2

ラリーレポートPart2(おっちゃん風)

北海道ブリザードラリー2010

今回はジュニアクラスのレポートをお伝えしますよ。
ジュニアCクラス
田中くんが2年ぶりの美酒!
写真28
ピースサインで喜びを表す田中くん。

「田中(健一)さんってコ・ドラじゃなかったの」って思う人達がいるかもしれませんが(いないか)、2年前の第2戦「EZO ENDLESS RALLY」にドライバーで出場して優勝しているんだよね。
それからの2年間がドライバーでの参戦がなかったからコ・ドラのイメージが付いちゃったけど、オイラもすっかり忘れてしまっていてごめんなさいね。

SS1、GC8インプレッサに乗り換えた吉田(和徳)くんと、ドライバーで初出場の能戸(智徳)くんのフレッシュコンビ(これは死語?)が、いきなりタイムを出してきた。これにはオイラも驚いちゃったね、ニシノ(義人)や田中くんに勝っちゃっているんだもの。
SS2はかろうじて田中くんがトップタイムを出したものの、トータルでは能戸くんが首位にいる。
コースが変わったSS3は、オイラのアドバイスが良かったのか(良かったと言って)ニシノがベストを出して能戸くんを逆転してトップに立つことに成功した。
しかし、ニシノの首位もこの時だけだったね、SS4の残り数十メートルのところでニシノのランサーがオイラの前でストップ、そのままエンジンが息を吹き返さずにリタイアに追い込まれてしまった。
ここで「SS4でアクセルが踏めたなって思ったらタイムが出ていた」という田中くんが、本日2度目となるベストを出して0,1秒だが能戸くんを逆転してリーダーとなった。
SS5は、ダートラから転向(?)してきた篠木(雄一郎)くんが初めてのベストタイムを刻み、最終SSは能戸くんが早くも2度目となるベストを記録した。
SS5&6を2番手のタイムを出した田中くんは「後半のザクザク路面になって、踏まなきゃいけないっていうのがインプットされて踏むようにしていた」と、能戸くんの追い上げを0,3秒かわして2年ぶりの優勝を手にした。

写真12
Jr-C優勝 田中健一/佐野公彦
本番では練習のような走りが出来ないという田中くんだったが、2年ぶりとなるドライバー復帰で優勝を手にした。

写真13
Jr-C2位 能戸智徳/鎌田伸江
ドライバーでデビューしてきた能戸くんがSS1からベストタイムを出してきた。林道での走りに注目したいね。

写真14
Jr-C3位 篠木雄一郎/高山智敬
最初と最後のタイムが響いてSS5でベストタイムを出すものの、篠木くんのラリーデビューは3位から始まった。

写真27
ニシノ義人/ヨシノ学典
悪夢のSS4となってしまったニシノ。写真の3メートル先でランサーが止まった。


ジュニアBクラス
新車をデビューウィンに導いた武田くん
「3回転したのが2007年なので、それ以来ですね」この年の最終戦でヴィヴィオを失ってしまった武田(豪)くんが、まるまる2シーズン休んでいたがラリー会場に帰ってきた。
しかもピカピカのブーンを持ち込んできたから、思わず「どうしたの?」って聞いたら「新車で作りました」と、嬉しくなる答えを返してくれた。

SS1からひとり別の世界を走っていたのが武田くん。
「練習不足でクルマの動きがまだ解らない」というが、2番時計の栗田(大介)くんを11秒以上も離しているんだから、相手がFFといってもこの差は大きいよね。
「クルマはプロジェクトガレージの原さんが作ってくれたままです。いろいろとレクチャーをしてもらっているんですが、クルマに身体を合わせるだけですね」という武田くんは、それからもベストタイムを連発する。
終わってみると全SSを制した武田くんは、途中からチャンピオンシリーズのBクラスを意識するようになって、最終SSでコンマ差ながら上回るタイムを出して見せた。

写真15
Jr-B優勝 武田 豪/岡村 巧
「こんなにいいクルマに乗ったのは初めてです」と、新車をべた褒めの武田くん。

写真16
Jr-B2位 栗田大介/成瀬悠人
FFミラージュで3回のセカンドベストを出して健闘した栗田くん。

写真17
Jr-B3位 水澤孝文/水澤由紀子
ジュニアAクラスが成立しなかったためBクラスでの出走となった水澤くんが3位。

動画保管庫にブリザードラリーのまとめ動画をアップしましたので、見てください。今回はRally Do!に協賛してくれたメンバーに出演してもらいました。

次は2WD1.5のレポートを書きますね。

テーマ:モータースポーツ - ジャンル:車・バイク

  1. 2010/02/04(木) 15:13:25|
  2. JMRC北海道ラリーシリーズ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。