北海道のラリー情報交換サイト「Rally Do!」ブログ

北海道地区のラリーの情報を幅広くお伝えするブログです。

おっちゃんの独り言 第129回

おっちゃんの独り言 第129回


なにやら
砂川で懐かしいクルマが走るっていうんで覗いてきたよ。

砂川のダートラ場といえば、先日の台風の影響でコース全体が水没している写真を見てビックリしたけど、競技を開催するのに支障がないほどに修復されていてホッとしたわ。お疲れ様でした。


QL8Y2241.jpg


オイラ的に『懐かしい』っていえば、TE71カローラとかA73ランサーなんだけど(古すぎるか)、それよりは新しいクルマだね。新しいって言っても、デビューは1987年の12月(調べたところによるとね)っていうんだから、29年も前なんだ。でも、まだ北海道クラシックカーラリーには出場できないんだね。若くて。

QL8Y2249_20160912173351cdf.jpg
エンジンが息を吹き返した、このギャランVR-4。北海道の北、天塩町の車庫で15年も眠っていたそうだよ。よく保管してたよね。
とあるダートラ部長と話をしてたんだけど、
「俺が亡くなっても、誰もランサーを保存なんかしてくれないよね」
って悲しそうに言っててさ。『そんな友達がいる?』って返したけど、ギャランを昔のまま残していた周りの仲間が凄いっていうしかないよ。『ただ置いていただけ』なんて言うかもしれないけど、それを続けていたことは凄いことだよね。今回走れるようにするのも大変だったようで、部品の調達に苦労したって聞いてるわ。
日本中にどれだけのダートラ仕様の旧車があるんだろうね。もちろん走行可能な状態のやつね。
ラリーは国内でも古いクルマで走る大会があるけど、ダートラは無いのかな。

もちろん、ギャランが走っているのを撮っているんだけど、このギャランが走っているのをライブで見ていたって人は、いまじゃ少なくなったんじゃない。それなりの年齢になっちゃっているだろうから、モータースポーツとは縁の無い生活をしているんじゃないかな。現役の選手でも知ってるっていう人は数名しかいないよね。それだけ月日が経って、クルマも人も時代が変わったってことだね。


で、
北海道のダートラ界には『たくみ対決』っていうのがあるようなんだわ。字は違うけど読みは一緒なふたりが、同じクラスで優勝を争っているって、今まで居なかったんじゃないかな。

QL8Y2456.jpg
ひとりは、ラリー会場のサービスでよく見かける『拓巳』と、

QL8Y2424.jpg
先日のラリーでよく似た人を山で見た『巧』の対決らしいんだけど、いつからか『たくみ対決』って言われるようになったね。拓巳はダートラにデビューして3年目の若者。片や、競技歴はそこそこにあるおじさんの部類に入る巧。このふたりが勝った負けたでシリーズのワンツーにいるようだけど、ポイントは拓巳がリードしていているようだわ。今大会で優勝するとシリーズチャンピオンが決まるという大事な戦いの拓巳に対して、勝たせるわけにはいかない巧だが、朝から闘争心を感じさせないあたり、いつものことだから平常心って受け取っていいのかな。
1本目でトップに立った拓巳。2本目に入り、先に走った巧が逆転のタイムでゴールするが、喜べたのは1分20秒ほど。クラス最終ゼッケンで走った拓巳が、さらにタイムを縮めて優勝して、たくみ対決に終止符を打ったよ。
『拓巳』『巧』って書くと面倒くさいけど、どちらも『たくみ』って呼んでるしね。ふたりの親父さんとも付き合いがあるから名字で呼びづらいし、『息子』って呼ぶにもふたりとも息子だし。文章では『井土拓巳』『岡村 巧』でいいから何とかなるか。
ところでおふたりさん、ラリーには出てこないの?


先日のラリーに出場していた選手もいたよ。

QL8Y2304.jpg
ジュニアRA-5クラスで優勝した後藤琢匡が、J-2クラスに。後藤くん、ゴメン。『クラス成立した競技会が3戦に満たなかった場合は、そのクラスはシリーズとしては成立しない』って共通規定にあるようで、2戦以上の参加実績っていうのは間違っていなかったようなんだけど、もう1戦成立しなきゃダメみたいだわ。最終戦も出るしかなくなったね。

QL8Y2333.jpg
ラリーではコドラで出場の伊藤香織もJ-2クラスに出るトライアラー。そういえば、北海道ラリーシリーズの第4戦・砂川ラウンドではドライバーで出場して優勝しているね。あっ、ラリーの最終戦に出るとシリーズチャンピオンの可能性も残っているよ。

QL8Y2578_2016091217363170d.jpg
今年はラリーをヴィッツでRA-3クラスに出ている和田 誠。ダートラはこのストーリアで参戦しているけど、ラリーもストーリアでシリーズ表彰されているよね。何年このストーリアに乗ってんの?
あっ、和田くんもダイートラでシリーズチャンプの可能性が残ってんじゃない。

QL8Y2718.jpg
ラリーではオフシャルの0カーや00カーで林道を走っている林 宏明。今回勝ってるとシリーズで少しは楽になったのに。林道に侵されてきたんじゃない。シリーズチャンプを逃したら、スッパリとラリーに転向しておいで。

って、あんまりラリーに誘ったらダートラに行き辛くなっちゃうかな。



スポンサーサイト
  1. 2016/09/12(月) 17:38:36|
  2. おっちゃんの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おっちゃんの独り言 第128回

おっちゃんの独り言 第128回


QL8Y0451.jpg


初めて『札幌航空ページェント』なるイベントに行ってきたよ。別に航空ファンではないんだけど、レッドブル・エアレースで活躍する室屋さんのアクロバット飛行やブルーインパルスには興味があるからね。っていいながら、土曜日も丘珠に行ったんだからたぶん好きなんだわ。

IMG_4585.jpg
日曜は駐車場が少ないっていうんでチャリで行くことに。近くのプロジェクト・ガレージや仕事で付き合いのある会社の敷地に置かせてもらうことも考えたんだけど、チャリでもいいかなって。と、起きた日曜の朝、風が強くて愕然とするものの、ネットの天気予報を見ると、風速6メートル、南南東の風と出ている。行きは大丈夫だな、とチャリと決めたんだけど、行きがいいということは帰りが…、後悔したわ。QL8Y9622.jpgこれのタクシーっていないのかな~。
8時半に陸上自衛隊丘珠駐屯地に入れるんで、8時前に到着したら人が列をなして並んでいるじゃないですか。その列はつどーむの入り口近くまでつながっていたんだけど、凄い人数だったわ。人気あるんだね、このイベント。知ってる人がこの(上の写真)中にいるんだけど、その人のフェイスブックを見ると5時40分には着いてたらしいよ。5時40分って3時間前だよ。早くいくと何かいいことがあるのかな。今度聞いてみよ、米屋くんに。
そういえば、数年前に千歳にジムカーナを観に行こうとしたら、高速道路で千歳まで2kmの看板付近から渋滞になってて、料金所がひどいことに。ちょうど航空祭の日だったようで、すっごいクルマだったわ。オイラも一度行ったことがあったけど、あれも人気のイベントだね。

HR8A3391_20160726200435fbb.jpg
オイラが陣取ったのは、つどーむの裏、というか、滑走路側の丘とは呼べないほどの小さなこぶの上。先客は4~5名ほどいたけど、皆さん本州から来ているような会話と関西訛りのおっちゃんが。それも、500mmとか600mmの超望遠レンズを持っているってことは、いろんなところの航空ショーとかに行ってるんだろうね。そういう話もしていたし。ということは、悪い場所ではないということだわ。後でカメラを持った人が20人以上はいたからね。
オイラは千歳基地の航空祭に行ったときは、望遠レンズを持ってイヤホンで無線を聞いてる人を探すようにしたんだよね。結構いい場所にいることが多いみたいだからさ。無線機って、航空ショーとかに来る人のアイテムのひとつらしいよ。持ってるのが当然らしいわ。

HR8A4683_20160726200018085.jpg
室屋さんは2日連続でも楽しめたね。もちろんオイラは飛行機の操縦なんてまったく分からないから、室屋さんが難しいテクニックを使っていても、ただただ演技を観て『スッゲー』としか思ってなかったけどね。クルマなら少しは分かるつもりでいるけど、飛行機はまったくだから。むかし、ヘリコプターに初めて乗せてもらった時に、『停まって』っていったら『難しいこと言うな』って怒られてさ。パイロットが遠い親戚で、素人っていうのもあったけど、ホバーリングってそれなりにテクニックがいるのね。オイラはヘリコプターって簡単に停まっていれると思っていたけど、そうでもないみたいだね。いまはコンピューターが発達してるから違うのかな。

HR8A3475.jpg
でも、あんなふうに飛べたら楽しいんだろうね。オイラも羽が生えて自由に空を飛びたいって思ったことがあったもん。誰でも一度はあるんじゃないかな。

QL8Y0217.jpg
グライダーもいいね。ゆっくりと優雅に飛んでる姿を見ると一度は乗ってみたくなるよ。オイラの体重でも乗れるのかな。砂川のダートラ場で時々空を見上げると飛んでいるけど、空から競技車が走っているのを見てみたいね。今はドローンの映像でいいけどさ。

HR8A4804.jpg
今年の6月にスポンサー契約を結んだLEXUSのカラーリングが施されたエクストラ330SCという機種で登場した室屋さん。オイラの聞き間違いでなければ、『これがエアショー初』ってアナウンスでいってたような…。FALKENって書かれた機体も見たかったなぁ。

IMG_4621.jpg
LEXUSマークも良かったけど、オイラはこのスマイルがいいな。出来は1回目のほうが良かったような気がするけどね(これは2回目)。


HR8A3708.jpg
米空軍のF-16ファイティングファルコンや、
HR8A3720_20160726200715a3c.jpg
航空自衛隊のF-15Jイーグルも登場。普段、丘珠をこんな戦闘機が飛ぶことがないから、爆音に驚いた人もいたんじゃない。帰るときにF-16の2回目の飛行が行われていたけど、所々で空を見上げて不機嫌な顔をしてるご年配の方たちや、伏古公園では空を指さして驚いていた人たちがいたな。


HR8A3832_201607262007174ba.jpg
これが2回目のブルーインパルス。正確にいうと、前日に観ているから3回目かな。ちょっとスムーズじゃなかった時があったけど、楽しめたよ。

HR8A3996.jpg
低空で飛んできたわ。

HR8A4166.jpg
5番機と6番機が演技するオポジットコンティニアスロールっていう技らしいです。ハーフロールで反転し、その後連続ロールを行いながら至近距離を交差するって解説されているよ。

IMG_4591.jpg
サクラという技。6機がきわめて大きな編隊で進入。全機がスモークを出しつつ360度旋回を行い、会場正面に6つの輪で「桜の花」を描く、だそうです。


IMG_4598.jpg
午後から駐屯地の中へ。ブルーインパルスが終わったからなのか、帰る人とたくさんすれ違ったのに、会場内にはまだまだ人が。多い時でどれだけの人がいたんだろうね。

IMG_4625.jpg
民放テレビ各局のネームがついたヘリコプター。1、2、3、4、どこかいないぞ。

HR8A3380.jpg
オイラのプライベートジェット。誰か買って~。


『空の日』の行事として開催されているこのイベント、今回で29回目なんだけど、1回目はいつだったんだろうね。隔年開催だから単純に考えても58年前なんだろうか。ネットで検索してみたけど、オイラには探せなかったわ。
次は2年後、予定は未定っていう感じかな。



  1. 2016/07/26(火) 20:11:06|
  2. おっちゃんの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おっちゃんの独り言 第127回

おっちゃんの独り言 第127回


HR8A1638_201607152238002a2.jpg


2年ぶりにクラシックカーに会ってきました。
2日前に仕事がスライドで1日後ろになったために、急に土曜日がオフに。北海道クラシックカーラリー2016を観に行けることになったんだけど、声をかけた人にはふられてしまい、トボトボと一人で。オイラってやっぱり人徳が・・・・かもね。
前日の仕事がハードだったために、朝6時には目覚ましで眠りから覚めたんだけど、身体が動かないじゃないの。ウダウダしてるうちに、道庁赤れんが前のスタートには行けず、直接支笏湖へ。9時スタートなのに、なにやってんだかオイラは。しかも、ルートマップやエントリーリストをコピーしたのに、机の上に忘れるし。疲れてた、では済まされないかもね。

HR8A1664.jpg
支笏湖線で最初に陣取ったのは、湖に出て最初のP帯にクルマを停めて徒歩で1分も歩かないところ。支笏湖と恵庭岳をバックにしちゃいました。オイラ的にはクラシックカーが連なっているしOKだな、と思ってパソコンで見てみたら、黄色線をはみ出してるじゃないの。アッチャー。なんぼオイラが太いからって、オイラを避けてくれたわけじゃないだろうし。っていうか、オイラ道路には出てないし。
でもいいや。オイラが撮った写真だしね。

HR8A1601.jpg
1956年製のポルシェ 356のバックショット。

QL8Y9069.jpg
このポルシェ 356は1953年製。

HR8A1944.jpg
ただ、オイラが高校生のころに流行ったスーパーカーブームに出ていたのは、このポルシェ 911S。いまは『いいな~』って思うけど、あの頃はポルシェの良さが分からなかったんだわ。好きだったのはロータス ヨーロッパだったからね。サーキットの狼に影響されていたのかも。友達が買って助手席に乗せてもらったことがあるよ。とにかく車高が低かったね。

HR8A1891.jpg
1959年にオイラと同じ年に生まれたオースチン A35。ネットで検索してみると「丸くて小さくてかわいらしい」っていうフレーズが出ていたけど、オイラみたい。どおりでこのクルマに惹かれるわけだ。

HR8A1850_20160715223525c65.jpg
このマセラティ 3500GTも1959年製。

HR8A1715_2016071522243232b.jpg
ゼッケン1番。イギリスの自動車メーカー、アルヴィスというオイラは聞いたことが無いメーカーの1938年製のクルマ。HR8A1864.jpg

QL8Y9116.jpg
こちらも1938年製のシムカ 8 スポーツ バルケッタというフランスのクルマだそうです。オイラは初めて知ったかも。

HR8A1840.jpg
1960年製のモーリス マイナー。ピックアップは大変貴重なんだそうだよ。

HR8A1869.jpg
1955年製のシボレー ベル エアー 210。

HR8A1789.jpg
ランボルギーニの2台がランデブー。ミウラが1971年製。カウンタック LP400が1974年製。どちらも札幌ナンバーだったよ。

HR8A1896.jpg
1967年製のジャガー E-TYPE S-1 ロードスター。

HR8A1994.jpg
ラリーでも活躍したフランス製のアルピーヌ A110。スペイン製のA110もあるようだけど、オイラには分からんわ。

HR8A1933.jpg
気さくなコンビがドライブしていたマツダコスモスポーツ。どうしてもこの車を見るとウルトラマンを思い出すわ。

HR8A1882_201607152227035a3.jpg
オイラも若い頃に乗っていたS30のニッサンフェアレディZ。こちらはGT-Rと同じエンジンの432。

他にも、魅力あふれるクラシックカーを観れたし撮ったけど、やっぱりオイラはハコスカが好きかな。

HR8A1962_20160715223250f24.jpg


  1. 2016/07/15(金) 22:28:23|
  2. おっちゃんの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おっちゃんの独り言 第126回

おっちゃんの独り言 第126回


HR8A0257.jpg


「3泊4日の道東ひとり旅」
っていえば聞こえはいいけど、ただの『ひとりぼっちの貧乏旅行』に行ってきたよ。
予定もなくね。
決めていたのは、行ったことのない開陽台と神の子池には寄ること。後は気分次第で走って何かを見つけることかな。
いま思うと、もっと中標津や別海町をゆっくりと見て歩けばよかったかな。町の人口よりも牛の頭数の方が多いところだからね。

IMG_4120.jpg
どこへ行っても牧場ばかりで、山肌にはこんな文字も。流石だよね。

IMG_4086.jpg
ミルクを運ぶトラックの絵も可愛かったよ。

IMG_4118.jpg
こんな看板もどこを走ってもあったからね。

IMG_4192.jpg
ただ、この看板は見たのが初めてだったかな。
帰ってきてから町の観光案内を見たけど、それほど観光地は無かったかな。オイラからすると探す楽しみがあったんだろうけどね。牧場を見渡せる景色のいい高台があったかもしれないし。


今回は、日曜日に陸別でラリーセミナーがあったんでそのついでに旅をしたって訳で、決して旅が目的じゃ無かったからね。マジで。


雨の土曜日、10時30分に出発。今日は陸別に着けばいいんだから、どこに寄り道しようか迷いながらも国道275号線を北へ。

IMG_3931.jpg
ファーストカットがこれ。鉄分補給では無いよ。

IMG_3934.jpg
最初に立ち寄ったのが、今年の3月で閉校になってしまった弁華別小学校。時代の流れなんだろうけど寂しいね。けっこういろいろなところで閉校になった学校があったよ。新しい使い道をしているところはまだいいほうで、ほとんどが草ボウボウで未使用だったわ。

IMG_3936.jpg
学園都市線っていうか、札沼線の終着駅の新十津川駅。
IMG_3937_20160609113731362.jpg
この駅の時刻表。これが撮りたかったんだわ。

IMG_3950.jpg
道指定文化財の本願寺駅逓。明治27年に建てられて、沼田町の南西部にあるよ。

IMG_3954.jpg
北海道らしいまっすぐな線路の北比布駅。
IMG_3952.jpg
その線路と平行している自転車道。ここもまっすぐ。

IMG_3961_20160609114011a44.jpg
昨年の秋にも訪れた旧白滝駅。いまは閉鎖されてこんな感じ。駅名標も無くなり、駅舎のドアや窓はべニア板で塞がれてたわ。上白滝駅も下白滝駅も駅名標が外されてた。

IMG_3972.jpg
こちらも閉鎖された金華駅。停まるはずのない列車が。特急を待ってただけなのね。
と、ほぼ鉄道関係で陸別へ。でもオイラ鉄っちゃんじゃないからね。常紋峠で鉄分の補給もしなかったし。


QL8Y7507.jpg
日曜日はラリーセミナー。土曜の夜にイベントセンターに行ったら誰も来ないんで、いつものごとく車中泊をしようとしたんだけど、誰もいないし、近くで鹿が鳴いてるし、なんかイヤなんで場所を変更。24時間トイレの使えるところへ。

HR8A0003_201606091140147a2.jpg
今年もセミナーの座学講師はこのふたり。生徒は25人+関係者。

HR8A0022.jpg
ご存知のセキネンと、
HR8A9994.jpg
のりぴー。
北海道のラリーセミナーは贅沢で、過去にはヌタ(奴田原文雄)や卓麻(鎌田卓麻)が講師をしたし、今年で2年目のセキネン&のりぴーのコンビ話も、ある意味聴きたがるラリー関係者は多いと思うよ。
HR8A0148.jpg
のりぴー目線くれた?

QL8Y7571.jpg
ナンバーは変わっているけど、どこかで見たことがあるヴィッツ。嫁いで行ったんだ。

QL8Y7575.jpg
亜子ちゃんがドライバー。ペースノートを作るのって大変だったようです。ところで、ピースサインを出していた?

QL8Y7579.jpg
真剣に講義を受けていた侑加ちゃんも、カメラを向けるといつもの元気印。助手席の渡辺くん、ストロボが無かったから暗くなってしまったわ。ゴメン。

QL8Y7607.jpg
中級の実技は、コースを2周してペースノートを作りセキネンのノートと比較。答え合わせとも言うらしいよ。

QL8Y7622.jpg
やまけんがペースノートを読んでるところを初めて見たわ。

QL8Y7698.jpg
初級は3グループに分かれての実技。室工大生のおもりはAKT。

QL8Y7648.jpg
今年も実技中に車内にお邪魔して撮影。乗せてもらったのは松川親子のジムニーで、オイラにはちょっと狭かったかも。でも、ちゃんと撮れたよ。ありがとうございました。

HR8A0208.jpg
藤原ラリー部会長が『OK』&『SOS』マークの取り扱い説明を。世界で一番聴かせたいやつがオイラには居るんだけどな。

QL8Y7755.jpg
最後にみんなでパチリ。お疲れさまでした。あっ、たくろーラリードゥのバナーありがとね。

セミナー後、午後5時に中標津方面にGO!

IMG_3984.jpg
阿寒湖の展望台。スキー場にあったわ。

IMG_3991.jpg
阿寒町シアンヌの滝見橋から。撮影ポイントらしいよ。三脚もレリーズもないので、橋の欄干に置いてスローシャッターで。この時は1/4秒で撮影。

IMG_3997.jpg
ここは双湖台からの眺め。ペンケトウとパンケトウのふたつの湖が観えるらしいんだけど、オイラにはひとつしか見えん。

IMG_3999.jpg
ここは双岳台。手前に観えてる山が雄阿寒岳だそうです。正直、地味すぎ。

IMG_4009.jpg
JR摩周駅。別に意味はないけど、ちょいオシャレな駅舎だわ。

宿泊地は開陽台の駐車場。オイラの他に那覇ナンバーのキャンピングカーともう1台が・・・。


IMG_4019.jpg
朝4時に起きると救急車が。その後パトカーが現れて、もう1台のクルマのところに・・・。
夜に星空を撮ろうと思ったけど、何回やってもダメ。カメラを変えてもダメ。関係はないと思うけどね。

IMG_4031.jpg
開陽台の展望台。視界330°地球がま~るく見えるそうです。

HR8A0241_201606091127110cd.jpg
開陽台からの眺め。レンズを15mmのフィッシュアイで撮っているから歪んじゃってるわ。いまは売ってないレンズです。

IMG_4055.jpg
野付半島へ。知床も根室も行ったのに、ここは初めて。

IMG_4052.jpg
これもトドワラっていうの?

IMG_4072.jpg
鶴が一羽。

IMG_4061.jpg
国後島まで16km。近くて遠い島って書いてたわ。

IMG_4123_20160609115406f6c.jpg
裏摩周展望台。滞在は30秒だったわ。昔はもっと観えたんだろうね。

IMG_4183.jpg
裏がダメだったんで表へ。第1展望台は駐車料金が取られるんで第3展望台へ。オイラ摩周湖は4回ぐらい来てるけど、霧が出てたことあったかな。むかしバスガイドさんが
「こんなに晴れているのは珍しいですよ。皆さんラッキーですね」
みたいなことを言ってたけど、霧の摩周湖が観たいわ。

IMG_4186.jpg
第3展望台の摩周湖と反対側がこれ。

IMG_4128.jpg
神の子池に着いたぞ。

HR8A0246.jpg
これが神の子池。
HR8A0248.jpg
神秘的です。

IMG_4154.jpg
清里宇宙展望台。なんで宇宙かは知りません。

IMG_4163.jpg
宇宙の鐘。クルマか何かのホイールを溶接でつないだものだたさ。

IMG_4158.jpg
最上段からの眺め。

IMG_4168.jpg
宇宙展望台の近くの道。日本一の直線道路は美唄~滝川間の国道12号線が有名で29.2kmもあるけど、こんなふうに見えるところは無いよね。ちなみにここは、グーグルで調べたら14.5kmだったわ。中標津とかにも直線道路はたくさんあったけど何キロだったんだろうね。

IMG_4175.jpg
入浴してないけど、屈斜路湖にあった露天風呂。満天の星空の下では最高かも。

IMG_4200.jpg
道の駅 摩周温泉の隣にある、なんだろう橋。橋の材料は説明されていたけど、橋の名前の由来はわからん。

IMG_4218_20160609120000a2d.jpg
オンネトー展望台への道。たった800mだけど辛かったわ。数年前はもっと簡単に登れたような・・・。

IMG_4230.jpg
オイラはくぐれそうもないな。

IMG_4223.jpg
展望台からのオンネトーがこれ。滞在は5分。うち4分以上は息を切らしていたさ。

IMG_4234.jpg
オンネトー。普通に下で良かったかも。

IMG_4244.jpg
ラワンブキって知ってる? ラワンって漢字で螺湾って書くんだけど、足寄町で地名もあるんだ。

IMG_4250.jpg
足寄の道の駅に松山千春さんと写っているのがラワンブキ。この写真のラワンブキもオイラの身長ぐらいあってさ、過去には4mにもなるラワンブキもあったとか。

IMG_4260.jpg
久々のナイタイ高原。むかしジンギスカンを食べさせてもらったレストハウスは、強風で壊れたために仮設のハウスになってたわ。

IMG_4272.jpg
車中泊の3泊目は糠平温泉のパーキング。すぐそばに鹿が。
明日はタウシュベツ川橋梁に行くことを決めました。歩くことを覚悟して。


IMG_4274.jpg
AM4時30分にタウシュベツに行く林道のゲート前に。
IMG_4276.jpg
ガッチリと鍵が。微かにゲートが開いてないかなって期待してたけど、そんなに甘くは無かったね。さっ、歩きますか。

IMG_4281.jpg
タウシュベツ川橋梁までは4kmほど。『熊注意』の看板がたくさんあったので、林道を歩くときは鈴を鳴らしながらです。歌は歌わなかったな。

IMG_4348.jpg
クレストが2ヶ所ほどあったけど、ストレートが長いわ。グーグルで測ると1.3kmあるわ。

IMG_4288.jpg
約1時間歩いてやっと到着。タウシュベツ川橋梁です。おっちゃんも頑張ったわ。人間の歩くスピードは時速4kmって言われているから、遅くは無かったんだね。

IMG_4346.jpg
橋が狭いね。こんなもんだったんだ。

HR8A0274.jpg
対岸に行きたくて、また林道を。光の感じや、背後の風景を考えるとこちらの方がオイラは好きだね。ネイチャーガイドさんによると2km近くあるとか。25分ぐらい歩いたからね。長靴があると川を渡って対岸に行けるので数分で済んじゃう。知らないって損だよ。長靴は必需品ですぞ。

IMG_4334_201606091206070b4.jpg
カヌーで来ていた夫婦とワンちゃん1匹の本州からの旅行者。3日前に苫小牧にフェリーで来て車中泊で道内を回っているとか。いい趣味だよね。ちなみに、糠平氷上トライアルをする場所からカヌーを浮かべて2時間ほどで来たらしいよ。

HR8A0282.jpg
2時間以上も滞在してタウシュベツ川橋梁にお別れです。次はいつ来れるかな。冬もいいかもね。凍った糠平湖の上をスノーシューを履いて歩くらしいんだけど、往復4kmぐらいらしいよ。でもオイラ子供のころから『みんなが渡れる氷の上も、あんたは落ちるんだかね』って教育されてきたからね。でもガイドさんによると、冬の期間さえ守ってくれれば今まで落ちた人はいないらしいからね。考えよ。

IMG_4323.jpg
流石に歩き疲れて帰りはスローダウン。ちょっと後悔したわ。次は十勝西部森林管理署東大雪支署っていうところから鍵を借りてクルマで入るのと、長靴を忘れないようにしよっと。

さて、どうしようか。朝の9時。まだ一日が始まったばかりだけど、早朝から歩いたからね。トータルで12km+αは歩いたよ。気になって携帯の歩数計を確認したら20279歩になってたさ。それだもの疲れるよね。毎日これだけ歩いたらオイラでも痩せるかな。
三の沢橋梁の駐車場で休息しながら朝食を食べて走るルートを考える。北上するか南下するか、で、走ったのが道道85号線。

IMG_4365.jpg
然別湖です。何個目の湖だ。ここで偶然ダートラの井馬さんに会ってチョットお話を。オイラ湖畔で停まったのは初めてかもね。冬の然別湖のイベントにも興味があるんだけどなかなか来れないわ。

IMG_4369.jpg
扇ケ原展望台。はい、展望台も好きです。

IMG_4371.jpg
戦車が走るとこんな路面になるのかな。結構なそろばん道路でしたわ。

IMG_4373.jpg
とかちの畑です。

IMG_4381.jpg
サホロサーキットはこんな感じだったわ。そういえば、この近くに『くにぶぶむら(漢字は忘れた)』っていうのが出来て取材に行ったような記憶があるんだけど、あそこはどうなったんだ?

IMG_4384.jpg
サホロのベアマウンテンに寄ったら休園日だったさ。まっ、お金を払ってまでヒグマを見ることは無いか。

IMG_4391.jpg
狩勝峠から眺め。

IMG_4404.jpg
何故かこれが最後の写真になってしまったんだけど、芦別にある旧三井芦別鉄道炭山川橋梁。オイラらしく終わったかな。


全行程1342km。使ったガソリンは108.99ℓで、12,828円。リッター12.3km走ってたね。

帰ってきて2日、足が痛いわ。


  1. 2016/06/09(木) 12:13:52|
  2. おっちゃんの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おっちゃんの独り言 第125回

おっちゃんの独り言 第125回


QL8Y6066.jpg
(あくまでもイメージです)

JMRC北海道ラリーシリーズ第4戦「ノースアタックラリー」について、スペシャルステージがJAF公認コースのみに限定されることから、ラリーF車両(ノーマル車両)およびスピードP・PN・N・SA・B・AE車両の参加を認めます。また、上記車両に対し、車載消火器およびロールケージの装着を免除します。(JAF承認済み)

と、
JMRC北海道のホームページにアップされているね。
つまり、
ダートラのクルマでもジムカーナのクルマでも参加出来て、消火器もロールケージも無くていいってことだね。
いままでも冬のクローズドクラスに出るときは無くても良かったんだから、こういう発表があったということは、どこのシリーズまで参加がOKなんだろう?
どこのクラス(シリーズ)って書いてないんだから、どこでもいいってことなのかな。リストリクターは免除ではないようだから、リストリクターを装着しなきゃいけないクルマはチャンピオンクラスには出れないっていうことは確かなんだろうね。

5年前の北海道ラリーシリーズの第5戦で砂川のダートラ場を使ったことがあったときは、特別規則書に『参加する全ての車両(クローズドを含む)についてロールケージの装着を義務付けとする』と謳っていたから全車が着けていたけど、今回のこの発表でノーマル車でも出れるっていうことだよね。
場所も砂川のダートラ場っていう噂だし(正式に開催場所が発表されていたらゴメンね)。
特にクローズドクラス(設定があると思うけど)は出場しやすいんじゃないかな。足やガード類のことがあるけど、それは走る人が考えて。オイラはあった方がいいと思うけど、無くても走れるんじゃない。先日のダートラでもクローズドでガードが無い人がいたからね。
あっ、オイラが無くても走れるって書いたからクルマが壊れたって言わないでよ。


QL8Y5893.jpg
2011年の第5戦『北海道・夏のラリー』のジュニアBクラスで優勝した今田夫婦のインテグラはダートラN-1車両。

もちろん、ダートラのクルマで参戦してくれるのは大歓迎だよ。写真の今田さんもそうだけど、ダートラの選手は砂川に慣れているんだから好成績が望めると思うよ。前回のダートラシリーズ戦にはラリーな人たちがたくさんいたんだから、今度はラリーにダートラな人たちが集まってくれるといいね。

後は、『ノースアタックラリー』の特別規則書が発表されて、どういう規則が出るか確認してどしどし参加してくれるのを望むよ。
その時には、どのクラスに出れるか決めれるはずだから。


それと、オイラの身近にはこのクルマが無いからよく解らなかったんだけど、ラリーF車両って『道路運送車両の保安基準(昭和26年運輸省令第67号)に適合し、本章第1条に従った自動車登録番号標(車両番号標)を有し、ラリー競技開催規定付則第1種アベレージラリー開催規定に則った競技およびクローズド競技のみに参加が許される車両』とJAFのラリー車両規定に出てるね。初めて知ったかも。
ということで、道外からこの車両規定に沿うクルマでの参加も待ってるよ。


  1. 2016/05/23(月) 06:57:44|
  2. おっちゃんの独り言
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

FC2Ad